独自のスタイルで実現

April 06 [Sun], 2014, 12:12
『鉄腕アトム』の制作を指揮した手塚治虫は、技術的、制作費用の面で実現困難と言われていた、連続テレビアニメを独自のスタイルで実現した。その制作手法やビジネスモデルは、その後の日本スタイルのアニメーション制作の基本形となり、引き継がれている。
制作手法と表現においては、制作費用のかかるフル・アニメーションに寄らずに、切り絵アニメーションなどで使用されていた、口パク、バンク、カメラを動かすパンやズームなどの技法をセルアニメーションに組み合わせて省力化する工夫など独自の技術を数多く考案した。
『鉄腕アトム』が、日本のアニメ文化を牽引したのは間違いないが、後々に至るまで制作費が安く抑えられる状況を作り出した原因か否かで議論になっており[20]、宮崎駿もこのことを批判している[* 3]。
著名な監督の作家性が強く反映されるアニメーション映画に多額の予算を組み、大人数のスタッフを投入したクオリティの高い作品が制作される一方、低予算で制作されるテレビアニメもあるという点は現在でも変わっていない。
日本での商業用アニメーションのテレビ放送と同時に、制作費を短期間で回収するため、安価で多くの国へ輸出する販売戦略がとられた。日本国内で流通を前提に制作されていたものを輸出するため、輸出先の国内法や文化的事情で内容に大きな改変が行われる場合が多い。また、スタッフ名等は書き換えられ、視聴者が日本製であることを知らない場合もある。また著作権ごと(放棄した)契約で販売された作品もある。アメリカでは、『超時空要塞マクロス』・『超時空騎団サザンクロス』・『機甲創世記モスピーダ』の3作品をハーモニーゴールド USA 社(Harmony Gold USA)が翻案した『ロボテック』が制作され、さらに他国に輸出された事例も存在する[22]。3DCGアニメ
世界的な多チャンネル化でソフト不足の中、日本アニメは安さで世界各地に広がった[23]。現在では、北米、南米、ヨーロッパ、南アジア、東アジア、ロシア、オーストラリアなど全世界に及び、総務省の調査(2005年度)によるテレビアニメの輸出額は、国内のテレビ放送権料の412億円の15分の1程度、26億円から28億円の規模である[24]。輸出金額では過半数を北米向けが占めるとも言われる。日本貿易振興機構は、地域、国別にコンテンツ調査しており、その中にアニメに関する統計や傾向などのレポートがある
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chaturi
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chaturi/index1_0.rdf