しあわせのはかりかた 

March 24 [Mon], 2008, 21:19
それぞれにそのものさしがあるんだ、と思う。
しあわせをはかるツール。

これが幸せ、っていう定義なんてきっと
本当に本当にごく一部のもので。
何千何万のものさしに気が付けるかは
自分次第だって思えるようになった


雨があがって青い空が晴れ間に広がって
大きな鳥が飛んでいった。
つくしの大群が散らばるあぜ道。
私と私のなかの小さな命を感じながら歩く。

幸せ、だなぁって思った。

きっといつかの約束が果たされているんだ。

しあわせのものさしが増えて
しあわせのはかりかたが少しだけはっきりした。


幸せになるっていうのは
たくさんあるしあわせのはかりかたを
いくつか知ることなんだろうな

ちゃんと果たしているよ、約束。

 

March 03 [Mon], 2008, 14:00
春がもうそこに来ている。

雪どけが徐々に進んで晴れ間がのぞいた日、散歩をしていてふきのとうを見つけた。

こんなに寒いのに
あんなに寒かったのに
小さな梅の花もひっそり咲いていた。

春ってひっそりやってくるんだなぁ、ってなんだか微笑んでしまった。

そして今日の散歩ではふきのとうの群生も見つけた。
なんだか嬉しい。



あとすこしで誕生日。
櫻の木の下を自転車を押して歩いたことを思い出す。




雪。 

February 24 [Sun], 2008, 14:03
雪って、
降るんじゃなくて
飛ぶもんなんだなぁって
最近気が付いた。

風に乗って舞い上がったり急降下したり。
ほんとの雪は風と一緒なんだって
小さな気づき。


春一番が東京では吹いた、って聞いた。
こちらは暴風雪、といったところ。

遠いんだなー・・・

あいするということ 

January 12 [Sat], 2008, 20:33
友達のブログに
恋と愛の違いを話題にした日記があった

コメント欄はそれぞれの恋愛感や自分なりの定義などが連なる。

恋と愛の違い、を言語的に考えるなんて高校生以来かもなぁ・・・
なんてぼんやりと思いながら私もコメントを重ねた。

しかしこういうコメントっていうのはなんだか少し恥ずかしいのである。
なんというか自分の胸のうちをそっと覗かれる、というか
むしろ少しだけ隙間を空けてみてほしがっているというか。
書かなければいいだけの話なんだけどなんとなく主張したかったりとか(笑)

そんなわけで上手く伝えられそうにない気持ちを文章に重ねて
満足することなく送信ボタンを押した。


恋と愛の違い
いろんなカタチがある中で何が正しいなんてものはないけれど
どちらもステキなものだと思う。
どちらもとてもステキな色をしているはず。

サヨナライツカ、という本に
「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」
という一文があったのを思い出した。

私はきっと死ぬときそんな悠長なことは思っていないと思う、
(どこ何処に行きたかったなぁ・・・とか果たせなかった夢を考えていそう)

それでも
本気で人を愛した記憶と自信を持って世をされるような気がする。





しかし今日は一日パジャマで過ごしました。
久々の独り暮らしデイズ。

久々に爪を綺麗にしてマニキュアを塗ろう。

今年が終わる 

December 31 [Mon], 2007, 20:21
2007年がもうすぐ終わる。
いろんなことがあったなぁ・・・・

毎年思うけど年の瀬になると「いろんなことがあったなぁ。。。」という気持ちと
「なんてあっという間なんだ」という焦燥感に襲われる。

昨夜からみぞれまじりの雪が降っている。

雪の降る大晦日、といえば3年前の東京の大晦日を思い出す。
世田谷線が真っ白になっていたのが
なんだかとても珍しいことのように思えて
携帯で写真をとったこと。

バイトに向かう途中、紺色のダウンジャケットにたくさんの雪の結晶をみて
ひどく寒いくせになんだかあったかかったこと。


あれから本当にあっという間に年月が過ぎてここまできたんだ。

今年は本当に変化が大きくて、自分でビックリするぐらい。

東京から引っ越して新潟に。
結婚して式を挙げたり、人の輪がひろがったり。
自分の病気ときちんと向かい合って治療に前向きになれたのも今年の成果。

いろいろあったけどいい1年だった、と思う。


来年はどんな年になるんだろう。
来年はにぎやかな年になるといいな。

今年もたくさんお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。

けんか 

December 17 [Mon], 2007, 0:17
小さな諍いをした。
あとから考えれば考えるほどとるにたらないことで対立をした。

自分の発言と相手の発言。
言い分を互いに聞くと、ちいさなことと知りつつも
価値観の違いや、感覚の違いを知る。
お互いにどう説明しても
相容れぬ部分があるということに気が付いた。


夫婦、および恋人同士というものはどんなに同じ道を歩むと約束しても、
互いに譲れぬ信条というものがあるのだと思う。
信条というと大げさかもしれないけどお互いに信じてきた生活習慣やしつけられたことなど
基本にあることというのはなかなか変化を好まないものだと思う。



でもずっと暮らしていく人だからこそ
争いを避けて目をつぶってしまうのではなく、
どう思うのか
どう感じるのかを
一つ一つ説明する必要があるのだと思う。
それはとてもお互いに骨の折れる仕事だけれど。


でもそうして時間をかければ
理解して受け入れ、歩み寄ることができる選択肢が増える。

こたえをすぐに求めぬこと。
こたえをすでに決めぬこと。
大事なことをいくつか改めて感じた。




小さな喧嘩は月日が変わる前に解決しました。
なんだか涙したけど
小さないさかいで感じた悲しみは
これまでの人生の中に感じたいくつもの悲しみに比べたら
あまりに小さなことで
そんな小さなことに一心になれる状況というのが
なんだか妙に愛しく思えたのです。

こうして生きていくんだなぁ、、きっとずっと。

ゆずの香りと大晦日の夜 

December 14 [Fri], 2007, 23:35
大晦日にむけて地味に掃除を続ける毎日。
大掃除、というほどのものではなくて、
細かいところや普段掃除しないところをちゃきちゃき掃除しています。

わりと、家事が好きなほうなんだなぁ、っていまさら気が付いた。
でも大部分はいい加減なのに妙に細かいところがあったりして
たまに自分の微妙な完璧主義に辟易する。

そしてもうすぐクリスマス。
少しずつクリスマスらしくリースを飾ったり、支度をする自分にも意外さを感じる。

焼酎ばっかり飲んで暮らしていた日々とずいぶんギャップがあるなー(笑)
部屋の掃除もままならない感じだったのに。
ずいぶんシオラシクなったもんだw
あのころの私を知っている人に会ったらビックリされるだろうな。



実家からゆずをもらった。
しばらくたつのにまだ香りがよくて。
煮物なんかにちょっとだけ載せるとなんだか贅沢な気分になる。

お雑煮にゆず。
この組み合わせは冬が来たことを私に実感させる。
みぞれまじりの雨のした、
月日がたつことの早さにおどろくんだ。


また1年が過ぎていくんだね。


2007年をあたたかく締められますように。

失恋のようなもの 

November 30 [Fri], 2007, 14:41
失恋をした。
それはもう激しい失恋で。
それを失恋と呼ぶのが正しいのか今ではよくわからないけど
とにかく自分の体から一部が欠如する感覚。
失恋というのか、欠損というのか。
決定的に得られなかったこと。



結婚する前の話だけど。

失恋のようなものをして
それからもしばらく、というかずっとかなりひきずっていて

気持ちの整理がつかなかった。

すごく好きだったから現実を受け入れるということができなくて
独占欲のみ強くなって独りよがりになってた時期もあった。




最近友達が一度別れた(別れさせられた)人とまた一緒に暮らしている。

彼女は
「彼の隣にいるのは自分だって思ってたし、それ以外には納得がいかなかったから」
とさらりと言った。


彼女の恋人は30も年上で、父親とほぼ同い年というだけでなく
ほかに女の人や前の奥さんやらなにやらいろいろごたごたしている人。
どこからみたって彼女が幸せになれない気がして
私自身別れを勧めたこともある。

でも彼女の言う
「納得できないから」という気持ちには
なにか強いものを感じた。

彼女自身が確信している幸せの感覚。
一緒にいることに最大限の重きを置いた彼女の思い。


…私になかったもの、ってこれだなって。

振り返ればいつも自分のことが中心で、
なんでもほしがって
もぎとることばかりに頭をつかって
「好きという素直な気持ち」を「保つ」ということができなかった。
本当に好きだった、けれど、自分も非常に大切だったんだと思う。


彼女の話を聞いていまさらながらいろいろと感慨にふけった。

でも恋から学ぶことは多い。

反省してたくさん悔やんで
たくさん泣いて
たくさん恨めしく思ったりして
でもようやく美化できるようになって。


そうして心のどこかに支えとなって積もっていくんだろうな。


そういうもろもろの反省は今、現実目の前にいる人に対して生かされる。
そう思いたい。

過ぎ去ったものをずっとずっと追いかけるのではなくて
今自分を大切にしてくれている人を
その分大事にしようと思えるようになったのはとても大きな変化だ。

ゆっくりと
でも確実に
そして気が付けばいっそうと速さを増して時間は過ぎ行き、
いろいろなものを変化させる。

きっと私も少しずつ
大きく変化している。

ちゃんと幸せなショウコなのかもしれない。

水泳 

November 30 [Fri], 2007, 14:35
水泳にしばしば行くようになった。
1週間に1回とかそれ以下だったりまだまちまちだけど。

うまくおよげないけどそれなりに頑張って励んでいる。
でもやっぱり、ちゃんとした泳ぎ方を習いたいなぁと思って
年明けから市の水泳教室みたいのに通うことにした。

長くのんびりと楽に泳げるようになりたい。

そして体を鍛えて綺麗になりたいなー・・

ダイエットが成功していないためわらにもすがる気持ちで水泳に願いを託しますw

毎日はかる体重が日増しに増えていく原因がわかりません(涙)

冬だからかなー・・
夏から3キロ近く増えてしまった。。。


運動、頑張ります。。。

寒風 

November 12 [Mon], 2007, 14:53
そろそろここ新潟でのはじめての冬を迎える。
なんといっても海が近いだけに海風が強くて自転車をこぐのが毎朝つらい。
でも遠くに見える山々の木々の色がひっそりと色を変えていくことに
ふと気が付いたり、
刈ったあとの稲がまたいつのまにか青く伸びていたりと
毎日いろいろな変化を感じる。

東京を懐かしむのはやっぱりまだ止められないけど
少しずつこの土地に慣れていっているんだなぁなんて。
寒風を受けながら考えた。

昨日はプールに出かけてなんだか意気込んで泳いだ後
うちに帰ってピザを作った。
生地はダンナ様の担当。
私もとなりでベーグルとピザの具を作る。

出来上がったピザはこれまた史上最高に美味しくて
ビールを久々に2缶あけた。

ほんわかとしたあたたかさが体に溢れる。


いろんなポイントを通ってこの道に来たわけだけど
こうやって過ごすこの瞬間は幸せという言葉そのものなんだと思う。

別世界が平行してあるのなら、その私も幸せだといいなぁ、と
なんだか妙なことを考えた。
パラレルワールドの存在を私は肯定する。
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» しあわせのはかりかた (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» しあわせのはかりかた (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» しあわせのはかりかた (2008年10月08日)
アイコン画像ゆりり
» しあわせのはかりかた (2008年09月26日)
アイコン画像南雲
» しあわせのはかりかた (2008年09月22日)
アイコン画像MASA
» しあわせのはかりかた (2008年09月15日)
アイコン画像えびふりゃー
» しあわせのはかりかた (2008年09月13日)
アイコン画像Othum
» しあわせのはかりかた (2008年04月11日)
アイコン画像may
» しあわせのはかりかた (2008年04月11日)
アイコン画像Othum
» しあわせのはかりかた (2008年03月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chatnoir
読者になる
Yapme!一覧
読者になる