お馬さんたちのクセ

April 02 [Wed], 2014, 13:52
週末は群馬馬事公苑で2鞍騎乗しました。

1鞍目はマロンプティちゃん
気難しい女の子。

最初に入れられた班で軽速歩をしていたら、隣で駈歩していた班に中途編入。
「どうしよう!駈歩自信ない!」とビビリ、駈歩どころか、速歩までできなくなってしまった。
メンタル弱すぎw

2鞍目はイシノファミリーさん。
賢い男の子。
インストラクターさんに「イシノは色々教えてくれますよ」と言われた通り、驚くほど簡単に駈歩をしてくれました
簡単な扶助で駈歩、しかも暴走しない!
なんて理想的なお馬さんなんだろう!

ただ、駈歩ができたのは僅かな時間で、一緒の部班にいたペリーさんがワガママしてしまい、結局ほとんど速歩だったなあ。
正反動で乗ったので、普段よりも乗った感があったけど。

そして、お馬さんを自分の行きたい方向への誘導の仕方を徹底的に教えていただきました。
自分が行きたい方向側の拳を行きたい方向に少し移動(引っ張ってはいけない)、反対側の手綱をお馬さんの首に触れさせる。手綱を触れさせた方の脚を入れて、重心は行きたい方向へ移動。触れさせてる方の手綱、脚を確認し、確認する時以外は目線はお馬さんの耳と耳の間から進行方向をみる。
私はすぐ下の地面を見てしまうのがかなり癖になっているようで、何度注意されても下ばかりみてしまいました。インストラクターさんがかなりイラっとしてるのが伝わってきたけど、無意識だから直すのが難しい
「そんなに腰を捻って・・・ダイエットでもしているですか?!」と何度も言われてしまった

群馬馬事公苑のお馬さんたちの方が性格が穏やかな子が多い気がします。
初心者なので気性の荒いお馬さんには乗せないだけかもしれないけど。

でも、普段乗っている倶楽部の速歩班のお馬さんたちのクセはなんとなくわかってるから、馬割りをみて、今日は強い扶助にしようとか、今日は行かれないように気をつけようとか考えられるけど、ビジターだと毎回「どんな子なんだろう。どんなクセがあるかな?仲良くなれるかな?」と緊張します。うまくなればどんなお馬さんに当たってもすぐに対応できるのかもしれないけど、今はまだムリだなあ。

それに馬装も手こずってしまった。いつもより乗せる布(?)が多かった!そして繋ぎ場はどこが空いているのかわかりにくい!空いてるかと思って繋ごうとしたら「そこ使ってますから」と他のお客さんに注意されてしまいました。

こういった時、入会している乗馬倶楽部の方が楽だなあと思ってしまいます。

相次ぐ暴走。

March 18 [Tue], 2014, 13:37
落馬が相次ぐ日がありました。

14時の速歩班でタンゴに騎乗中、ふっと駆歩班Bをみたら暴走した馬が待機中の馬にツッコんでました
ツッコまれた方の馬が後躯を思いっきり蹴り上げた
前を走っていたコンサートブルー号がギャロップみたいな走りで暴走
タンゴが暴走しては大変だから、急いでブレーキ。

ブルーさんに乗っていた人は落馬してしまいました。

とても怖い光景でした。
駆け付けたインストラクターさんに何か話しかけられたけど、ボーっとしてしまって、何て答えたのやら

以前、クリールで速歩中、他の部班で馬の暴走があり、暴走し掛けたクリールを渾身の力を込めて引っ張って留めたことがあったな〜なんて思い出しながら16時の速歩班でレッスン中、またもや駆歩班Bのお馬さんが暴走。
暴走した馬の前を駆歩していた馬も暴走しかけて、大変だなあと思っていたら、一旦速歩班はレッスン停止。
駆歩班が落ち着いたところで速歩班もレッスン再開となった途端、先頭にいたクリールがたぶん、急発進。騎乗者落馬。
ヤネがなくなったクリールがこっちに向かって走ってきた
どうしようどうしよう
ウミナリ号の顔をクリールが見えない方向に向け、クリールは私たちの前をスッと通過。

なんだか後味の悪い日になってしまいました。
日に日に暖かくなり、ピリピリしていたお馬さんたちも穏やかになるかな?と思っていたのに。
なんだか、みなさんストレス溜まってる?

レッスン時間の関係もあるけど、当分ビギナーキャンターはとらない予定です。
上のクラスに上がるに従ってお馬さんたちも気性が荒くなっていくような気がして、ムリに駆歩班に行くことないかな〜と思い始めました

速歩班で難しいと思うお馬さんはゴーヤくらいです。他のみなさんは脚の扶助だけで動いてくれます。
並歩から速歩に移行する時、自分はお馬さんの邪魔をしてしまってるな〜というのが今回よくわかりました。
以前、BCの時に指摘されたのは速歩の一歩目でお尻がドスンと鞍に当たってしまい、スマートな速歩移行を妨げていると言われました。
対処法はなるべく鞍の前に座り、お尻がドスンとならないよう自分をしっかり支えること。
運動不足で筋力が衰えてるんですね。


馬が教えてくれること

March 11 [Tue], 2014, 12:35
先日、はじめてタンゴというお馬さんに騎乗しました。
若々しくて毛艶のいいお馬さん。
馬装は協力的、噛み癖蹴り癖がなくお利口さんでした。

頭がいいお馬さんなのか、並歩の時には試されてるような感じがしました。
とろとろ歩いてるけど、なんか企んでそう。

いいコだと思っていたのに速歩中は出入り口の付近で失速して止まったり、内側に入ってきたり、完全になめられてしまいました
隅角では肩にムチを入れ、内側に入ってきたら手綱を引っ張るのではなく、手綱をピシッと張って顔をまっすぐにして脚で蹄跡に誘導。

天候が悪く部班だけど1人だったのが幸いでした。タンゴは部班では先頭になることが多いみたいなので、危うくまた他の会員さんたちに迷惑を掛けるところでした。

今回、インストラクターさんに脚についてのご指摘を頂いて、今まで自分は間違った脚をつかっていたことに気付かされました。

脚をつかう→ふくらはぎで腹帯の後ろあたりを圧迫

強い脚をつかう→踵で圧迫

カミュのような超重い馬はまずドカンと蹴ってわからせることが必要みたいですが、速歩班のお馬さんたちにはまず脚をつかい、反応がなければ強い脚・蹴る・ムチと段階的に指示を強くしていくのが人とお馬さんとのルールとのことです。

こういうことって初心者班や速歩班にあがってすぐの頃にきっと教わっていたはずなのですが、いつの間にか忘れてるんですよね。

脚ばかりに気をとられていると姿勢や手元がおそろかになり、姿勢にばかり気をとられていると踵が上がっていたり。

以前、ゴーヤチャンプルー号が蹄跡で止まって梃でも動かなかったことがありますが、よーく思い返してみると、ゴーヤを絶対動かそうと躍起になって最初から踵でグイグイ圧迫してしまっていたんですよね。
最初は素直に歩いていたのですが、速歩の号令がでた途端全く動かない!
ドスンドスン蹴っても動かない!ムチをバシバシ入れても動かない!
蹄跡で邪魔してるから内側に入ろうとしても、まったくビクともしない!って事件(?)がありまして。

5頭くらいの部班だったのですが、大迷惑かけてました。。。

その時は45分のレッスンで騎乗時間は10分くらいでした。。。

タンゴとインストラクターさんのおかげで自分のどこがダメだったのか、ゴーヤにルール違反をしていたことを気付かされました。
たぶん「ゴーヤごめん!」と馬場内で声を出していたかも




お馬さんのおやつ

February 28 [Fri], 2014, 12:27
先日、いつもお馬さんたちのおやつを買っているお店に行ったら、いつも買っている商品がない!
店員さんに聞いてみたらユーロ高の影響で輸入業者が一時輸入をストップしているとのこと・・・。
今後、いつ輸入再開になるか未定とのこと・・・。

お馬さん専用のおやつがなければニンジンやリンゴを切って持って行けばいいじゃない!なんですけどね。

このお店では優しい店員さんがいろいろレクチャーしてくれます。
買いはしないけれど、しょっちゅう店内を物色しているので覚えていただけたようです。

店員さん曰く、上級者でも騎乗前におやつを与えてお馬さんのやる気を引き出すようです。
でも、ご機嫌取りのために与えるのはあまりよくないとのこと。
3つも4つも与えてはダメと言われていたのですが、ワタシ、お馬さんの嬉しそうな顔をみると3つも4つもあげてしまっています

それと、日本人は乗馬倶楽部に入会すると、そのクラブでばかり乗ってしまうが、たまには外のクラブでレッスン受ける方がいいとのことです。
義理とか恩とかで自分が入会したクラブにばかり通う人もいるのかも。

ワタシは入会金・年会費を支払っているし、毎回支払う額は少なくてすむので入会した乗馬倶楽部にばかり通っています。それに免許を持っていないため、あまりに辺鄙な場所にあるクラブは行き難いんですよね。

今のクラブも通い易いわけではないんですけどね。

相談相手

February 18 [Tue], 2014, 12:16
乗馬に関する悩みって、友人たちや会社の人達に相談しても解決しないですよね。
ワタシの場合インストラクターさんたちにも相談できないし、話し掛けるのが苦手です。

そんなわけで、どうしても書籍やDVDに頼ってしまいます。

普通の本屋さんには乗馬の本ってあまり置いてないので、主にamazonで購入してます。
いいと言われている本は、絶版になっているものが結構多いのですが、amazonでは中古本も扱っているので探す手間が省けてとっても買い易いです。

でも、技術的なことは騎乗しないことには改善もなにもないです。

頭の中では99%くらいきちんとした騎乗ができているし、馬装が終わってレッスン開始まで少しでも時間があれば頭の中でシミュレーションしてるんですけどね〜。
毎回上手くいかないんですよね

先日、会社でぼーっとしていたら「今諦めたら、今までの努力がムダになってしまうよ!」と話されている女性がいました。ハッとしました。空から降ってきた話し声かと思いました。
今のワタシ、大した努力はしていないけど、でも、今投げ出したらこの2年間がムダになってしまう。
いつも色んなこと投げ出してきました。
社会人になって、自分のお給料で習い事をするようになって、そこでやっと親に申し訳ない気持ちになって。
乗馬するために働いて、乗馬続けたくて転職して(言い過ぎ?)、家に馬のDVDやら本やらがたくさんあって。

もう少しがんばってみようと思います。


そろそろ春乗馬にピッタリな季節ですね


自信があるか、ないか

February 17 [Mon], 2014, 12:26
大学生の頃は茶道研究会に在籍していました。
茶道はひとつひとつの動きをいかに美しくみせるかという、ワタシには大変酷な習い事でした。

よ〜く考えてみると、そんなに難しい動きはしないんだけど、4年間続けても諸先輩方には認められず。中途半端に終わらせてしまいました。

意外と男子の方がうまかったりハマったりしていました。
茶道にハマったあげく、京都に就職する先輩がいたり、無駄に7年も大学に在籍した先輩がいたり。

今あの頃を振り返ってみて、自分に足りなかったものは何か?を考えてみると、たぶん“自信があるかないか”ってことがその一つだと思うんですよね。
ワタシの”自信の無さ”が立ち居振る舞いに表れ、先生や先輩に怒られ更に自信をなくしという負のスパイラルの中にいたんだと思います。

そして努力も足りなかった、そう思います。

茶道と乗馬を一緒にするのは変ですが、ブリティッシュ乗馬の場合、乗り方の美しさも重要(なハズ!)。

初心者班の頃、無我夢中に乗っていた時は自信とか努力とかなんにも気にしていなかったけれど、速歩班で何十鞍も騎乗して、なかなか上のクラスに上がれなかった時は色々考えすぎて、どんどん自信を無くしていきました。他の会員さんと自分を比べて、どんどん上のクラスに上がっていく姿をみては自分はダメだと凹み、ゴーヤが動かず凹み、「そういえば運動神経悪かったな〜」と考えては凹み。

自分の動きに確信がもてないから、騎乗中も色々躊躇ってしまうんですよね。
書籍で勉強して、アタマの中では完璧に騎乗しているイメージは作っていくのですが、アタマの中のシミュレーション通り動けない自分の身体に苛立ったり。
苛立つと感受性の強いお馬さんたちには悪影響。
申し訳ないですよ。


駈歩ができないのは仕方ないですが、並歩すらできなかった時は心底凹みましたね〜。
ちょうど更新の時期で、本気で辞めようと思ってました。


でも、BCで順番待ちをしている時、いろんな会員さんたちとお話して、同じように悩んだり恐怖心に困ってる話しをきいていると「自分だけじゃないんだ!」と励ましになります。


人が困っている話をきいて励まされるなんてよくないことですが、“共感し合える”のが嬉しいんです。


相変わらず下手くそで全く上達するメドがつきませんが、更新したのであと少なくとも1年がんばります

カミュとの戦い その2

February 04 [Tue], 2014, 12:36
自分としては今年中にBC班を卒業できればいいな〜くらいの気持ちでいますが、ドラマや映画で颯爽と駈歩をしている映像を観ると、早く駆歩班に上がりたいなって気持ちにもなります。

万が一、突然カミュが良いコになって、バリバリ駆歩できちゃって、今週末にインストラクターさんに「4級受けていいよ!」なんて言われたら言われたで、駆歩班でやっていく自信もなくて・・・。

でも速歩班ではゴーヤなんだろうなー。もういっそジェニーちゃんがいいけど、ジェニーちゃんは乗り手無視で、インストラクターさんの指示に忠実に従っているようでなんか淋しい

向上心があるんだかないんだか、負けず嫌いなんだかそうでもないのかよくわからない自分がイヤです。

自覚がないまま姿勢が前傾すること、同じく踵が上がってしまうことを騎乗中は常に意識していないと永遠に駆歩班に上がれない気がします。

通勤中・勤労中・食事中、いつも猫背なので、無意識でいると身体が前傾してしまいます。
思い起こせば小学生の頃にはすでに猫背でした。
踵について、最近は無茶はしませんが一時期ヒールが10cm以上ある靴しか買わない!少しでもスタイル良くみられたい!という女子力満載な時期もありまして。現在は女子力とか、もうそういうの考えるのが面倒ですがペタンコ靴はそれはそれで履き辛いので今でも少しは踵の高さのある靴を履いています。踵が上がった状態が日常なんですよね〜。

カミュがやる気がない時は仕方ないとして、カミュは駆歩したがっているのに、ワタシが邪魔して駆歩が出ない時は申し訳ない気持ちでいっぱいになります

カミュとの戦い その1

February 03 [Mon], 2014, 12:39
週末は乗馬三昧でした。

しかし、騎乗時間は土日で合計約1時間・・・。

しかもせっかくの楽しみな休日なのにストレスが溜まる溜まる。。。

ワタシが入会している乗馬倶楽部には速歩班と駈歩班の間にビギナーキャンター班(BC班)というのがあって、ここでカミュというお馬さんを乗りこなせるようにならないと駈歩班には上がれません。

このカミュが重い(動かない)お馬さんなのは仕方ないとして。。。噛み癖蹴り癖暴れる癖がある気難しいお馬さんなのです。

ワタシは既に2度落馬を経験。2度目はラチに激突し、右腰にザックリ切り傷ができました。
今だに痛みます

ワタシの落馬は自分の姿勢や扶助の出し方が悪いんですけど、何もしてないのに横っ飛びしたとか、担当インストラクターさんでも手におえないくらい荒い日があったとか、ドクターヘリがくるほど重症だった方がいたとか、とにかくよくない噂をよく聞きます。

現在はカミュに対する恐怖心を克服するために乗馬倶楽部に通っている状況です。
頭の中では90%くらい完璧な騎乗シミュレーションができているのですが、いざカミュに騎乗すると恐怖心と緊張で頭の中が真っ白になってバタバタしてしまいます。

はやく克服したい!

BC班は1人15分、3名までで順番にレッスンします。
騎乗の順番決めや馬装手入れを見知らぬ3名でやらなければなりません。

この順番を決めるのも面倒で、1番は絶対にやりたくない人もいれば、率先して1番に騎乗してくれるステキな方もいらっしゃいます。

1番に騎乗して駈歩できたら、BC班卒業も間近な感じがして羨ましいです。
ワタシが1番に騎乗すると速歩をするのに精一杯で、厳しいイントラさんが担当だと怒られます

わざとゆっくり現れ、「今来たから3番目に乗る」と言う人、15時からBCなのに14時からの速歩でレッスン受けてる人なのどいると、すっごくムカつきます。

こちらは14時からの速歩班が空いていても、15時からBC入れていたら遠慮するのに!
それが普通なのに!

こういう厚顔無恥な人たちはごく一部で、感じの良い方ばかりなんですけどね

恐怖心は克服できる?

January 28 [Tue], 2014, 19:29
サラブレッドの体高(肩までの高さ)は約160〜170cm。
始めて間近で見た時は想像していたよりも高かったし、乗ってみると更に高く感じます。
今だに乗るたびに「高いな〜」と思います。


運動神経が悪いのか、既に数回落馬済み。
障害を跳ぶとか高度なことはもちろんやってないけれど、落馬しちゃうんですよね〜。
身体が前傾しやすくて、足が前に行って変な態勢になって更にお馬さんを混乱させてしまっています
しかも毎回酷い落馬の仕方をして、現在も腰が痛いです。
寒さ対策で3枚着込んでいる上にプロテクターも毎度着けてるんですけど、背中にザックリ切傷ができました。


怖いですね。


普通のプロテクターの上に更に落馬時に膨らんで衝撃を和らげるプロテクターを着けたいけど、慎重過ぎる人というレッテルを貼られそうで諦めています。
以前、乗馬倶楽部の先生に「ケガして明日仕事に行けなくてもいいというくらいでないと上達しない」と言われましたが、やはり怪我はしたくないものです。
数日間、歩くのも大変だったんだから!
一時期お馬さんに近付くのも怖い時期がありました。噛みグセのあるゴーヤはもちろん、ブルーさんやジェニー姐さんまで怖いと感じて、馬装も四苦八苦。ウミナリは馬房から出るのを嫌がってか壁をガンガン蹴られた上、口を大きく開けてまるで「近付くと噛むぞ!」という気魄。ホルンには蹴られそうになったり、暴走されたりしました
怖かったです……。
今だにお馬さんに対する恐怖心は克服できないどころか、更に高まってるんですけど、何故か乗馬を辞められないんです。
少しずつ恐怖心を克服できるといいな。

きっかけ

January 21 [Tue], 2014, 12:20
そろそろ趣味は乗馬と言いふらしていいのでは?と思っていた矢先、ゴーヤチャンプルー号でヒドイ目に遭いました。
乗馬は奥が深いね。

小さい頃から時代劇が好きで、特に馬に乗った武将はかっこいい。
自分もいつかあんな風になりたいと思っていました。

どこで武将になるんだ?って話になりますけどね。

最近だと大河ドラマの岡田君の騎馬武者姿がとってもステキだと思いました。

ある日、知人に誘われて乗馬倶楽部で体験レッスン。
当時倶楽部で大騸馬としてその名を轟かせていたプラリネ号、通称プラさんに騎乗させていただいて、まったくよく分からないまま、とにかく立って座って立って座ってしながら「会員になろう」とアッサリ決意してしまったのです。

プラ先輩、その日は大変大人しくかわいい爺馬だったのですが、さすがは元競走馬。後日暴走している姿をお見掛けしたことがあります。

あの日以来、定期的に倶楽部に通っています。

まったく上達してないんですけどね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちゅんこ
  • アイコン画像 趣味:
    ・カメラ-動物や風景を撮影するのが好き
    ・乗馬-下手くそだけど、そろそろ趣味にしていいかなと
    ・ドラマ・映画鑑賞-台湾ドラマを観始めて10年以上経たな
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/chatcheval/index1_0.rdf