そんでもって株初心者の結論はいかに。

July 26 [Fri], 2013, 14:47
株の初心者って、いかにも弱そうに思うじゃん?
その嗜好性はいろいろあれども、結局南極放送局的にいえば(中国語っぽい?)、つまるところは株初心者の属性たるはやっぱしその大胆さにあろうね。
だってばさ、思い切りよくやれるのって、ベテランにはほぼほぼ不可能ともいえようぞい。
それからすると初心者ってのはエライよ、うんうん。
麻雀でいえば、相手の捨て牌を見ないでばんっばん牌を切るようなもんで、意外と意外に大丈夫だったりするんだな、これが。
だからこそ哲学的っつーか、深淵なる装いもあったりで、株の初心者ってもんはなかなかどーして、そんなに負けなかったりするから摩訶不思議なりね。
というあちきは、外国為替証拠金取引を始めた初日で38万円勝って次の日に全部すっからかんになった御仁でござりまする。

暑いよ、株価チャートをにらんでいると

August 13 [Mon], 2012, 10:05
『株価チャートもなんの其の』というここのブログはなんとも不可思議な綴りが並んで、レヴェルがそーは高いもんじゃないことはパッとしてわかろうもん。
いざ株価チャートをふたつのマナコで眺めていてもなんにも始まらんことは周知のことであろうが、したたる汗、これがまた厄介でとにかく、暑いよ。株価チャートをにらんでいると。

えてしてわたくしなんかは、ずいぶんと検証につぐ検証を繰り返し、その特性に基づく最強ストラテジを編み出そうと躍起になってはみたものの、そうはたやすく導かれるものじゃなし。
とは申しても、実のところ、PF=2ほどの戦略はハッケンして、すでに稼動して2年ほど経とうとしている。
ジッサイのところ、株価チャートをよくよく分析していくと、よほどテクニカルで信憑性があるもんはMAということは誰もがわかろうもんじゃがしかし、そいつをどういう時間軸でこねくり回すかとなると、サーバーなんぞでぐるぐると回してみて、最適解をみつける努力が必要というもん。

MAはわたくしの研究によると、449分がベスト。
といっても、わけがわからないと思います。そう、秘策はなかなか公開するわけに行かず、といってチラ見せはひとが悪いから、ヒントだけでもと。
分足でもって、株価チャートをよーく分析してみて、449分のMAを使うと、現値からの乖離幅に注目してみるとよい。なにかが見えてくるはず。さらにフッキングするとよいわけであるが、これは難易度が上がります。

ということでもしそれ以上のデティルをお知りになりたい場合はemailでもくださいな。とくとお伝え申し上げます。
あ、でも多忙につき、なかなか返信できぬときは御容赦願います。

教えちゃおう、株価チャートのオウギをっ!

July 17 [Sun], 2011, 8:27
サテお立会い。株価チャートにゃぁゴクイ(極意)つぅもんがあっての、そりゃシロートさんにゃわかりにくぃかもしれんけど、ちょろっとエクスペリエンスすればどなたの御仁でもわかろうもん。そぅさ、痛い想いを何度かするってーか、売り買いすれども、カナラズの如し逆を行くケースがあらぁな。株価チャートつうてもさ、五萬とシヒョウなりセンリャクなりがあるからノベタン的には言えぬものの、得てして売買すると期待値の逆に動くことが多いのは事実。 例えばだ、ノーベル賞をもらった経済学者?でも、株価チャートをツキツメテ幾万の分析をした上での無敗であろう戦略をもってしてもだ、見事にロシア崩壊の憂き目に遭って浮き上がれないほどにヤラれた。そんなもので、株価チャートだからといってカンゼン勝利の方程式を仮にアミダシタとしても、明日のことはダレにもわからず、それって未来を予測する術という意味になるんだけど、ケッキョク南極、それまで検証につぐ検証を繰り返した幾億通りの株価チャートのロジックだったとしてもだ、いざ実践にて100年に一度、いや、千年の一度のありえない相場が訪れた日にゃもうメロメロにやられる寸法というわけでござる。 とすれば、株価チャートのゴクイなんてあるんかね?と聴かれれば、実は在る。と応えておこう。いやさ、極意があるから全勝というわけでもないんだけどさ、タトエバ、年を通してみっと勝てる、負けない、というトレードをすることは可能というイミ。然らばソノ株価チャートのオウギを授けようかねぇ。その・・・極意の核心部分にはそぅ、シンプルゥに言えば「HEART」なんだよ。ココロね。もちのろん、株価チャートのココロといってもさぞわかりにくかろう。「無」になる心とでも言おうか。気負いもなければ期待もない、そぉんな心が極めてキワメテ、大事なのは言うまでもない。じぃっと株価チャートを睨むように見詰めて、なおも見詰め、そぅしてココロを落ち着ける。ふかぁく、瞑想ジョウタイとでも言おうか、現実の瑣末ごとは総じてアタマから取り払ってなお、深く気持ちを静かに落とし込む。さすればだ、株価チャートのほうから応えてくれよう。次の方向は上、下、とね。まぁこれが極意の総てではあろうけど、といってカンタンなもんじゃないことは多くの御仁がわかろうもん。ちと宗教チックになったキライはあれども、ホンカクテキに資産を増やしたいと思っている貴方、貴女であればわかるはず?株価チャートの真髄はここにあり。

株価チャートに賭けたセイシュン

May 29 [Sun], 2011, 23:44
株価チャートがあればメシも要らん。というほど、のめり込んでもいないのだが、アクセクと昼夜睨めっこしたことあって、ソレはそれでジュウジツ感あったりして、懐かしき追憶。
とゆうても、青春のスベテを株価チャートに賭けたつーほどオオゲサでも無いのではあるがしかし、睡眠しちゃってもロ〜ソク足が何度となく浮かんでは消え、魘される刻もあったほど。そぅ、追いかけてたんだ。オクマン長者になるんじゃなかろか?とユメ観てさ。
「無限」という戦略を想い付いたトキあって、株価チャートを眺めるうちにLONGとSHORT、同刻にイッペンにやってみたらどうなんだ?と検証したことあって、そ、FXなんだけんど、十銭毎に両建て入れる。んでもって、プ・ラ・スの方向に十銭動けばEXIT。さらに同幅動けばまた決済。でもって、反対のホウコウには重なって玉が残ってくワケだけんど、ソウバってのは必ずのごとく波があって、エイエンに一方通行ではありえんから、イツカきっと戻ってくることを期待。
ボラが少なく、特に波打つ相場のときは稼ぐんだね、コレガ。弐拾萬が十日余りで百萬を超えたときあって、ウレシカッタね。
株価チャートをそんときに見ると、一円の幅で行ったり来たり、ウネリが具合よく描かれてて、あるいはコノママいくとスンゴイことに?と胸躍ったもんさ。
ところがどっこい、そ〜は甘くはないんだなコレが。まぁ検証で概ね判ってはいたが、ズドンと一方へ傾いた日があって、イヤイヤ全部に近く持ってかれた。キョウセイろすかっと、てやつだ。泣きたくなったね、マッタク。
そうした体験もしながら株価チャートと付き合ううちに、アンテイした戦略を見つけた。
と、今宵はここまでとすっべか。夜も更けてきたしな。寝るマエにもいっかい週足の株価チャートでも眺めるかい。

株価チャートを見つめるマナザシ

May 25 [Wed], 2011, 16:31
ふっと株価チャートを眺めてる。
カノジョのことに想い耽り、それはイケナイことだろうか。
にゃんて、かっこよく滑り出してみたもんの、もちのろん、株価チャートのアラマシや思ふことなんぞ書き殴ってみるんだ。
ボーダイな検証に疲れ果て、それでも未来をユメミテ、果敢に再び取り組む我輩って朴訥なんだか痴呆なのかよくワカラン。
株価チャートをじっく〜り見詰めると、フワっとア・イ・デ・アが浮かび上がってくることあって、ヤレ、百日足だの拾五分足だのとノッケからシュウチュ〜して没頭するコトがよくあるんだ。
え!ぴーえふ=1.9〜!すごっ!とかって、独り遊びに興じているオッサンかって。
だいたいのところ、PFてのと勝率、このふたつの値とサ、あと〜はカイスウだね。コレラが揃って来ればエッジが効いてコツコツ勝てる戦略になるんとゆ〜もんだ。
株価チャートを駆使した戦略てのは、オオムネ数値であらわされるモンだからエッジ評価に貢献するわけね。いんじゃない?ケッコー、株価チャートなるもんてさ。
次の回はもすこしグタイテキな戦略例なんぞ連ねてみよっかね!
こうこく
カテゴリアーカイブ