引っ越しました。 

April 11 [Wed], 2007, 0:48
お引っ越しをいたしました。つづきはこちらへ。

http://yaplog.jp/mavieenrose/



追伸)
ここを閉めるつもりはありません。
いつかまた、昔の日記帳をのぞき見に来れるように、そっとしまっておくつもりです。

it's been a while. 

March 07 [Wed], 2007, 23:53
ご無沙汰してしまいました。。。

ストックホルムに突入!と張り切ったまま、ドロンしてしましたね。
すみません。
逃げてたわけじゃないわよ(笑)。

なんだかイロイロつまっていまして、モロモロやっておりして、
セカセカしちゃっていたのかしらね。
なんだか言葉がうまくまらずにアップできずにいました。

でも久しぶりにここに向かってみて、
自分の言葉を向き合うことは、ワタシにとってとても大事な時間だなと痛感したまでです。

ストックホルムのお話。
まさか忘れたりなんてしてないから、ゆっくり綴ります。
楽しみにしくれている方々、のんびり待っててね。
そして間に挟まるワタシらしさの日記(笑)も今後ともご愛顧下さいませ。


しばらくの間のnewsはたくさんあるのだけれど、
最近のいちばん!なご報告は素敵な再会をしたこと!

それはおとといのこと。
しばらく前に買った北欧スタイルを眺めていたワタシ。
スウェディッシュなレシピのページをパラパラと。
・・・・・
ん?

????

!!!!!

このひと知ってる!!!!!


そのお料理をつくったひと、お料理研究家さんと出てるひと、
わーわーわー
しばらく連絡が取れていなかったお友達じゃない!

いつもなら愛”立ち”読雑誌の北欧スタイル。
スウェーデン帰りの余韻と(笑)、お友達とIKEAに行く約束が、
たまたま購入まで至っていた号でした。
お友達からスウェディッシュ料理について聞かれて、
たまたま読み返していたページでした。

まぁなんてたまたまつづき!!

結婚して名前が変わっていたので気付いてなかったの。
興奮のあまり共通の友人にメールをし、即ネット検索(←ヲタ。笑)。

ブログに辿り着き、波の上での再会を果たしました。

こんなこと、あるんだね。

すきなことを、マイペースに重ねた結果、彼女はそこにいました。
ワタシもただすきなものを眺めて歩いていただけでした。
そんなところでの巡り合わせ。
ほんとうにほんとうに嬉しい再会でした。


いまこのとき巡り会ったのには意味があるんじゃないかな

彼女からのメッセージ。

ワタシも、そう思う。
なにか”縁”があったのでしょう。
どこか神秘的で、でも、確かな軌跡のある”縁”が。

ちかいうちに、
リアルな世界で(笑)、
そうね、
桜の木の下で、
おいしいたべものと、
おいしいお茶をお供に、
お会いできるのを楽しみにしています。

駅前の桜の木がピンク色に太り始めました。
花を咲かせる準備をするとき、ふっくらピンク色に膨らむ、
この瞬間の姿もまた、ワタシはだいすきです。

レシピ13-『緑のあったかサラダ』 

February 20 [Tue], 2007, 23:32
ストックホルム編に入る前に、最近のお気に入りレシピを。
ここしばらく毎日のように食べています。

『緑のあったかサラダ』(無理矢理いま命名。笑)


塩ゆでした緑色のお野菜にソースと絡めて、
パルミジャーノチーズをたっぷりかけて食べるだけ。

ソースは、『beurre noisette(ブール・ノワゼット)』。
”くるみ色のバター”と言う意味。
つまり、焦がしバター。
バターを小鍋で溶かしてくるみ色になるまで火にかければOK。

ゆであがったお野菜に、できたての熱いソースをジューッとぶっかける。

この作業がたまらなく好き!

本日のお野菜は3種類。
グリーンアスパラ、菜の花、スナックエンドウ。
こうやって食感の違うものを揃えると楽しい。

他にも、
ブロッコリー、いんげん、そら豆、グリーンピース、さやいんげん・・・
緑色の豆系、茎系のお野菜ならばなんでもござれ。

菜の花みたいにちょっと苦めのお野菜を入れると、
バターのコクがさらに深まり、そしてずいぶん味が引き締まります。
ほんとはパルミジャーノ、削りたいんだけどね。


簡単だけど、本当に美味しい。
想像つきそうで、つかなかった深い味のサラダになります。

最近の主食です(笑)。


もうすぐ緑の季節だ。
わくわくする。

旅24-『パリF〜おさんぽ風景後編』 

February 19 [Mon], 2007, 1:24
4区マレ、です。
ファラフェル屋さんの帰り道。


どこでも絵になる街。
実は何もかも東京なんかよりずいぶん小汚いのに(笑)、
その景観はほんとうに美しい。


セーヌ川沿いを歩いて、ノートルダムに行ったんですよ。
素敵。ってつぶやいたスポット、いくつあったんだろう。
(写真なんて撮らずに浸っておりましたわ)

ノートルダムって、よく見ると気持ち悪いじゃないですか。
おばけみたいないきものつんつん飛び出てるし。
ルーブルも、意味わからないじゃないですか。
なんで建物に人物の石像を並べたかったの?って。

でも、美しいんです。
ノートルダムの中なんてステンドグラスのあざやかなだけど落ち着いた色に、うわって思うくらい美しいんです。
チュイルリー公園の真ん中から見るルーブルって、整っているようででもやり過ぎてなくて、どきっとするくらいに美しいんです。

きっと、せかいじゅうのほとんどの人がそう思うと思う。
色んなバックグラウンドの人がいて、洋服の趣味もまったく違えば、好みもさまざま。
でも、(好きか嫌いかは別として)せかいじゅうほとんどの人が、
「美しい」って思えるような、そんな絶対美がこの街には、この国にはあると思う。

便利なものより、美しいものを追求する。
フランス語って、美しい発音を保つために、規則を外れてスペルを変えたりするの。

ワタシ、こういうところが好きなんです。

”気取ってる”って思う人がいるのもわかる。
言い換えれば”えぇ格好しぃ”なだけかもね。

でもワタシ、こういうところが好きなんです。


最後はメトロのホーム。@番線の方のオテルドヴィル。
いくつか撮って来れたらおもしろかったんだけどね。(ヘタレです。恥ずかしいんです。笑)
メトロの駅の本があるくらい、それぞれ違って、それぞれ素敵です。


実はそこそこトラブルもあったんだけど(!)、
「やっぱり好きだわ、パリ」って、思った、確認しにいった(?)、
そんなパリ滞在5日間でした。

旅23-『パリE〜おさんぽ風景前編』 

February 18 [Sun], 2007, 21:22
パリの街並の写真を。

まずは凱旋門。一応行くんですよ、ワタシだって(笑)。
シャンゼリゼにあるヴァージンが日曜日も、そして夜遅くまでやっているのでね。
そう言えばヴァージン1階の1/4くらいがwiiのプロモーションで占めてました。
すごいなぁ、ニンテンドー。

またもや余談ですが、エッフェル塔に行かれる方は、凱旋門最寄りのメトロの駅、シャルル・ド・ゴール-エトワールから6番線に乗るのをお勧めします。
絶景です。


公園の中には、こういう意味の分からない(失礼。笑)人の石像がたくさんある。
まぁ、上野にだって西郷さんはいるけれども。
だって裸だよ?(笑)
しかし、こういうものにちびっこたちがサッカーボールをぶつけて遊んでいる風景は、やっぱり不思議なものである。

パリ市のやってるクロッキー教室に見学に行ったことがあるんだけれども(ワタシがね。笑。ほぼ、ひやかしです)、ほとんどがヌードデッサンでした。
それってね、美の基本なんですかね?
なんか意味あるんですかね?

この像をなにげなく写真に収めてから、そんなことを思いました。


なんか曲がって撮っちゃったけど、、、
ソルボンヌ大学。
ここの付属の語学学校にいました。
教室はこの中じゃないけど、学生課みたいなとこがこの中にあって、
「salle9」って言うんだけども、その前にいる赤鼻のおじさん。
結構話題の人物なんです・・・
前回は通り抜けてそのおじさんを覗きに行ったんだけど、入り口で学生証の提示が必要になってました。

目の前(写真左手奥)はコピー屋がずらり。
これって、万国共通?



リュクサンブールでコーヒーを飲む。

スタバの人が増えてきてたけど(4〜5年前に進出したのよね)、敢えてここはカフェ・コロンブス。
熊の絵のコーヒーチェーン。

その後、ここをまっすぐ通り抜けてA.P.Cに行く。
これ、ワタシの定番コース。

旅22-『パリD〜カフェ』 

February 18 [Sun], 2007, 2:48
パリのカフェ。サロンドテ。
大、大、大、大好きです。
って敢えて言わなくてもわかってもらえそうですよね(笑)。
街の普段着カフェも、歴史ある名店も、新しめのオシャレカフェも好き。

留学時代、ウェブマガジンの記事を書くお手伝いをしていたことがあります。
まだまだウェブマガジンが今ほど主流でなかった頃、日本の現地法人がやってたパリ発情報発信サイト。
「パリのカフェについて書きたいんです。」
そう言って飛び入らせてもらったんです。
もうなくなっちゃったけど、なかなか面白い経験でした。

今回は、日程も短かったので新しいお店を発掘したりはせず。
でももちろん、毎日カフェってました。

街のカフェで朝スタンディングで一杯のエスプレッソを飲んでから行く。
ちょっと遅めの朝はカフェオレでのんびり。
歩き疲れたら、テラスの大きなストーブの下でひとやすみ。
デミタスサイズのプラカップでエスプレッソを飲みながら、蚤の市を歩く。

この日常カフェ文化、ほんとうにワタシ好みです。
フランス人かもと勘違いするくらい(笑)、肌に合う。

あまりにたくさん素敵なカフェがあるので、ワタシのお気に入りなんて、
ほんの一部でしかないけれど、今回近くに行ったついでにわざわざ寄ったトコロは・・・

アプリオリテ。
2区にあるパッサージュ、ギャルリーヴィヴィエンヌの中の名店です。

オリジナルのショコラ・ショーを。
こっくり濃厚でとっても美味。
なんとたっぷり2杯分
チョコレート何枚分でしょう・・・・

パッサージュの雰囲気も素敵で、エレガントな感じです。

一説には、
ワタシが学生時代アルバイトしていたafternoon teaの当初モデルになったお店だと聞いています。
(まぁさん、ホント?)



パッサージュってこういうトコロ。

両脇にちっちゃなショップ(古くからの画材やさんとか、本屋さんとか、工房付きの雑貨屋さんとか、洋服屋さんとか)がずらり。



そして、もうひとつ。
パリに唯一あるモスクの中のアラビアンカフェ。
5区、カルティエラタンにあります。

もちろんミントティが飲めますの♪♪♪


中も銀彫りのお盆のテーブル、赤いソファー、
すずめがいたりして、かなりリアルアラブな世界。
水タバコも楽しめるようです。

ミントティはファラフェル屋さんとかクスクス屋さんでもあったりするけど、このモスクで飲むのがいちばん好き。
甘くて、さわやかで、あたたかい、癒しのお茶。

昔、1杯10フラン(≒180円)だったのは、
1杯2ユーロ(≒310円)になっていて、
思わず聞き返してしまいました・・・(苦笑)。

でも静かで、時間がゆっくりで、心地よくって、
大好きなスポットです。

旅21-『パリC〜たべたもの』 

February 17 [Sat], 2007, 12:32
かなり個人的な記録だと断ったにも関わらず、思いのほか好評のメールをいただいております。
ありがとうございます。
へこたれずに、忘れないうちに、綴っていきます!

さて、パリでくちにしたもの。
今回面白い宿に泊まっていたので、なぜか白いごはんと卵が食べ放題だったし、
だれかが作ったものを勝手に食べても良かった(笑)ので、
フランス料理らしいコースっぽいものは口にせず。
でもフランスで食べたかったもの、懐かしいもの、ちょこちょこ食べました。
こないだのサンドイッチグレックもそう。
エスニックなものもどこかマイルドだったりで「フランステイスト」な感じで、
それこそそこでしか食べられないものなのです。

中華のデリがね、好きなんです。
フランスには街のあちこちにショーケースにおかずがずらりと並んでる中華のデリがあって。
おかずと、ごはん(もしくはチャーハン)でしっかり食べられる。
結構お店によって味は違うものの、大きな失敗はなくリーズナブル。
ほぼ100%中国人経営ですが「辛いソースの」ってメニューもまったく辛くない(笑)。
このマイルドなフレンチ中華が好きなんです。
そこに必ずある「nem」。
ライスペーパーの揚げ春巻き。
モチッとしていて大好き。
あと、鶏肉のバジル炒め。
まろやかすぎて笑っちゃうくらい。
今回も買って帰ったり、お昼に食べたりしました。
フランスなのに〜、と言わずにいちど行ってみてください。
実はとても「フランス的」たべものです。

そして、マストな食べ物その2、ファラフェル。
これは有名よね。ユダヤ料理のピタサンド。
ひよこ豆のコロッケと揚げナス、たっぷりのお野菜が入った、
ベジタリアンフードです。
マレにある緑色のお店。やっぱりあそこのファラフェルがいちばん好き!

あと今回食べなかったけど、北アフリカ料理のクスクスとか、
ベトナミーズとか、やっぱりマイルドなタイ料理とかもなかなか面白いのよ。

余談ですが、なぜか意外と美味しいイタリアンには出会えないのがフランス。
いくつか美味しいところもあるけどね、それはイタリア人経営で、イタリア味。
イタリアンはフランス的になっては面白くないみたいです(個人的意見)。
フランス人ってスパゲッティをナイフとフォークで切って食べる国民だしね。

もちろんフランス食も食べましたよ。
パン屋さんに行かないわけありませんもの。
クロワッサン、パンオショコラ、パンオレザン、カヌレ、マカロン!!
カンパーニュ。
そう言えばバゲットは買わなかった。が、カフェとかで食べた。
当たり前ですが、美味しい。

そして、ガレット!
6区にお気に入りのガレット屋さんがあります。
選ぶのに困った〜〜!
結局ペイザンヌ。じゃがいもとベーコン入りです。
サラダももりもりついてます。

ただ・・・、総じてそうだったんですが、値段が上がってた。
安かったんだけどなあ。
ユーロ高も合わせて、日本のランチ価格をはるかに超えてました。。。
でも、やっぱり美味しかった♪





あと、宿に持ち帰って食べた、懐かしいものとしては、
アリコベール(いんげんの缶詰)のバター炒め。
チーズはもちろん。コンテ、カマンベール、ロックフォール!
(っていまや日本のスーパーでも買えるけどね)
プチフレ(フレッシュチーズ?)、ヨーグルト!!!
やっぱり乳製品が美味しい。

そして結構マニアック?ですが、さばのマスタード付けの缶詰。
なぜかものすごく好きで、いっとき馬鹿みたいに食べてました。
あまりに懐かしくって、購入。美味しかった。



好きな国には、好きな食べ物が多いわけです。


(食べ物の話は終わらないので無理矢理まとめてみた。笑)

旅20-『パリB〜美術館』 

February 14 [Wed], 2007, 23:44
パリの美術館は多くが国立です。
毎月第1日曜日は国立の美術館がタダ!

ちょうど第1日曜日だわ〜!と喜んでいたけれど、
ブロカントではしゃぎすぎて時間を費やしてしまったため、
午後はもはやどこもかしこも長蛇の列・・・

ってなワケで15区にあるカルティエ美術財団コレクションへ。

アドレスこちら↑。

やっていたのは、『束芋』展!
ヨーロッパでの初の個展、最終日。
原美術館に行きそびれていたので、狙ってたんです。

良かったです。
キレのある作品で。

軽〜いごちゃごちゃした音つけたの面白いなぁと思って
3巡繰り返して見ちゃった作品は、あとでクレジット見たら、
tuckerとのコラボでした。
おぉ、なるほど。

はじめて見たけれど、他の作品も見てみたいなぁ。

ここの建物は、アート過ぎることも、近未来過ぎることも、
カジュアル過ぎることもなく、スマートにエレガントで、オシャレでした。

エントランス。



さてさて、そして翌日の月曜日。
日曜日に「1時間半待ちだよ」とシレッと言われた場所へいざ勇み足。
そこは・・・

Musee d'Orangerie!!
オランジュリー美術館!!!


ほんとうに、ほんとうに行きたかったんです。
高校生のとき、いつかモネの『睡蓮』を見に行こうと、
世界史の資料集見て想いを馳せておりました。

はじめてフランスに行ったのは、99年11月。
「改装のため閉館中」・・・・凹。
以降1年住んでみたり、その後も2度ほど行ったりしましたが、
「改装のため閉館中」・・・・涙。

やっと昨年6月にオープン!
かれこれ7年越し。
念願のオランジュリー。
やっと行けたの。

・・・・・

merveilleux!!!!!!


ほんとうに、素晴らしかったです。
とにかく、素晴らしかったです。
ぜひ、行ってください。
l'impressionisteが好きな方は、ぜひ。
そうでない方も、ぜひ。
絶妙に注ぐ自然光の具合も素晴らしい。
コレクションも言うまでもなく素晴らしい。

待った甲斐、ありました。

ちなみに・・・
オープン以来、平日でも行列が絶えないそうです。
午前中はグループ客のみ、12:30から一般公開。
13:00に着きましたが30分待ちの状況でした。
が・・・

待った甲斐、ありました!!!


右:オランジュリーのあるチュイルリー公園。
駅はno@コンコルドが近いよ。

旅19-『パリA〜ヴァンヴ』 

February 14 [Wed], 2007, 0:57
週末は続けてブロカント巡り!
パリでいちばん蚤の市らしい蚤の市と言われているヴァンヴ。
通り沿いにワゴンで乗り付けたお店が立ち並びます。

若干怖くもある(笑)お人形〜
誰かのヌーヌー(ちっちゃい子がおでかけのときも肌身離さないお人形)だったのかしら、、、なんて想像してみたり。

ディスプレイもナチュラル。
ほんとにね、おしゃれなおばあちゃんちのキッチンはこんな感じなんです。
ワタシが部屋を借りてたおばあちゃんちはこんなだったの。

ガラクタと言われればガラクタです(笑)。
でもなんかこうやって見るとかわいいんです。
ひとつひとつに歴史があって、その分だけ存在感がある。


ヴァンヴの戦利品。
さすがにアンティークは手が出なくて、デッドストックのカフェオレボウル。
ミルク色!カフェオレ色!!チョコレート色!!!
普段遣いにちょうど良いかなと思って買いました。
アンティークボタンはクリニャンクールよりセンスが良かったかも。
この赤!にイカリマーク!!
もうひとつは紺と赤のトリコロール。
たくさん欲しかったけど、最後の2点だったの。





もしパリに行って、ブロカントに行ってみたくて、
どちらかしか行けない日程なら、間違いなくヴァンヴをおすすめします。


ちなみに、おひるごはんはサンドイッチグレック。
お肉が中までもりもりり。
昔はこれにフライドポテトもつけてただなんて・・・恐!

旅18-『パリ@〜クリニャンクール』 

February 13 [Tue], 2007, 23:04
※先に断っておきますが、以後しばらく個人的記録になるかもしれません(笑)

2月2日pm21:50成田発エールフランス。
2月3日am4:30シャルルドゴール着。パリ人風に言うとロワッシー。

このフライトスケジュール、はじめて使ったけど、かなりいいわね。
眠れない方にはハードですが、機内だってどこだって全然眠れちゃうワタシには、13時間もあればいつもの倍の睡眠時間!
仕事終わって成田へ向かって、寝て起きたらパリにいるの。
逃亡感満載で気に入ったわ。

今回久しぶりにひとりパリだったので、思う存分ブロカントを堪能したかったのです。
蚤の市って、ひとと行くとどうしても気を遣っちゃう場所なんです。。

まずはクリニャンクール。
ビーズをあさって、アンティークレース見て、アンティークアクセサリー見て、シャンデリア見て、家具を見て・・・・

「60年代の指輪よ」とか言われても、どこまでホント?って疑ってしまったりもするうさんくささ(笑)も蚤の市また醍醐味なのです。
クリニャンクールは割と値段が高め、って言われてますが、やっぱりモノは多いし、見やすい。

アンティークビーズの山!
指が真っ黒になるまであさり続けました。
ちいさなカップにいっぱいで16ユーロ。



白いコットンレースのワンピースとか着て座りたい♪
世紀を超えて昔のおイスらしいです。
この赤!このストライプ!にノックアウト〜
P R
my data
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:charonne
読者になる
どうぶつ占い:トラ
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
comments
アイコン画像charonne to jun
» it's been a while. (2007年03月11日)
アイコン画像jun
» it's been a while. (2007年03月10日)
アイコン画像charonne to マリコ
» ただいま。 (2007年02月12日)
アイコン画像マリコ
» ただいま。 (2007年02月12日)
アイコン画像charonne to ひろみ
» 旅17-大聖堂 (2007年02月12日)
アイコン画像charonne to ポーラ
» 旅16ー来ちゃいました。 (2007年02月12日)
アイコン画像ひろみ
» 旅17-大聖堂 (2007年02月11日)
アイコン画像ポーラ
» 旅16ー来ちゃいました。 (2007年02月09日)
アイコン画像まぁ。
» refresh! (2007年01月28日)
アイコン画像charonne to ひろみ
» モテる香水 (2007年01月20日)
Yapme!一覧
読者になる