永遠 

2004年10月30日(土) 17時22分
鍵を先に返してきたのは あなたの方よ!
だから別れを決めたのは 私の意地よ!

一緒にいるときは「ずっと一緒」なんて言って
うかつにも永遠を信じていたけど
いざ恋なんて終わってしまえば
あなたと一緒に居ることの出来ない 苦痛だらけの永遠が
逃れられない 私の目の前に
ずっとずっと続いているのよ

あなたには一緒に歩いてくれるコが
もう傍に居るけどさ
取り残された私は独りで
今から何をどうすりゃいいの?


ハードな感じのロックで作りたいなぁ。。。

台風一過 

2004年09月30日(木) 14時45分
あなたのこの小さなてのひらが掴むものは
小さくても幸せな夢であってほしい
この小さなてのひらがあたたかい
それがこんなに幸せなことなのだと
初めて感じるこの想いに
あなたは何も答えなくていいから
ただ幸せになってほしい


今日は起きると台風が過ぎてて晴れてた。
ソッコーで洗濯を済ませ、布団を干す。
あー、雨間の晴れってほんとにありがたい。

くもり 

2004年09月28日(火) 9時48分
昨日の雨は何を洗い流したのだろう?
誰かの心についた泥を きれいにしてくれたのだろうか?
僕の心についている泥は どこに行ったのだろうか?
消えてなくなってしまえばいいのに
またどこかの心にくっついて 誰かを傷つけてしまっているかもしれない
でも だからといって心にためこんでは生きていけない
なんて人間はよわっちい生き物なのか

「あなたは強いひとだからひとりでも大丈夫」なんてさ
簡単に君は言ってのけたけど 本当に強い人なんているのだろうか?
もしいたとしても 僕はそうじゃない 僕はそうじゃない
誰かに支えられてると感じてないと 生きてるって思えないんだ
誰かを支えていかないと 立ってることすら出来ないんだ


さて、今日も洗濯は怪しいもんだ。
どーしよっかな??

今日は雨ふり。 

2004年09月27日(月) 9時02分
今日は久しぶりの大雨。
洗濯物もたまってるのに、どーしよ。
コインランドリーに行くにも貧乏ちゃんだし。
晴れるのを待つしかないのかなぁー?

君を忘れたことはないよ
思い出すと胸が痛むのは あのときのまま
ただ 僕のどこが悪かったのかがわかる分
この傷を癒すのが簡単になったみたいだ
でも この胸の痛みは あのときのまま
思い出は忘れたとしても この痛みは残るんだ


昨日ドライブ中に思いついた。
小雨が降ってて、久しぶりに少し寒くて。
でも胸に抱える小さないのちのぬくもりに、そのせつなさを癒されていた。
隣にはあなたがいる。きっとこれがしあわせってやつ。
この小さなぬくもりを見失わないでいられること。
これが私の幸せを感じる瞬間なのだと。
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:charm_monet
読者になる
Yapme!一覧
読者になる