マダム・リングツイード 

2006年01月27日(金) 21時53分
早いものでもうすぐ一月も終わり。でもまだまだ二月も寒いということ。なので、このジャケットボトムにお揃いのパンツもあり、上下合わせて着れば、寒い日の外出も安心。生地はmade in Franceで黒地に茶の糸のリングツイード」。生地で見てた時からとってもお洒落って思っていたけど...やっぱりできあがったらもっと素敵だった。以前に本で、パリのおばあちゃんマダムは、ちょっと近所のお買い物に行くときもきちんとワンピースとかお召しになるって。日本はまだそこまでいってないな。でもこのスーツを注文してくださったのは70代のご婦人。もっとそんなひとが増えてほしい。写真はシーチングの襟を仮付けし、』最終チェックするところ。後日出来上がったものもアップします。それではまた

スーツはアウト? 

2006年01月22日(日) 23時48分
雪がやんでほんとに良かった。思っていたよりひどくなかったけど明日はずいぶん寒くなるらしい。きゃーーーーふとんから出るのがつらい。夫は早く家を出る。朝7時半に。。。
    最近ざっと周りを見回しても、ウィンドウやショップを見ても、上下揃いのスーツというものを着ているひとを全く見ない。スーツはどこにいっちゃったのー?たまに見かけるとすごく目につく。
  就職活動だったりしてスタイルはほとんどみんな同じ感じ。...でなければ政治やってるひと。
   会社の偉い女性役員の方とか。なんでこうなっちゃったんだろう??スーツをほんとうにお洒落
  に着るにはそれなりの場面でほんとうにラグジュアリーなも洗練されたものか、こなれた感じに着崩すか。。。。。。。 。。。?でもどうやって!?野暮ったいスーツのイメージが払拭される日が来ることを祈って....
      

タフタのスカート 

2006年01月21日(土) 15時04分
雪だーーーー!こんな日はどうしようもない。家でごろごろするしかないのかな?
 シャッターを開けて掃除もできないし、鎌倉で本来ならあり得ない雪のざんざんぶり。 
 今日は臨時休業。 突然うちの中に閉じ込められることになった。仕事も持って帰って来なかった。
     パラパラと雑誌でもめくってみる。
 どうしたらミラノマダムみたいになれますか?とか
 30代からの大人の艶の出し方は?とか難しいお題  
     季節の変わり目に着る服がないっていうのもあった。  
  これは私もよく考える。 この情報は使えるニットで春色を使うとか
  タフタスカートにツイードジャケットなら重過ぎないとか、いろいろ。
 きょうは雪だけど、春に向けて何を着るかはもう今から考えておかないと.....   

ミラ・ショーン 

2006年01月18日(水) 22時41分
きょうは本当に寒い一日でした。このワンピースはウールボイルに帽子柄プリントのミラ・ショーンの生地で作りました。胸の部分にタックをとってあります。シフォンなどとは全く違った雰囲気の透け感もポイントです。こういう生地をまとって思いっきりフェミニンな気分を味わうのもたまにはいいものです。この上等なボイルが肌に触れるときのなんとも言えないシャリ感は文字だけでは表せません。今日、20代くらいのカップルの二人がこの服を見て、かわいいって言ってくれて嬉しく思いました。できれば触れてほしかった気もします。では風邪に注意それではまた。。。。。。

ニットツイードのショートコート 

2006年01月16日(月) 0時32分
いまチャームでは上海シルクのアンサンブルを製作中。黒のサテンをブラウスと、ジャケットの裏地に使い、黒のヘビーシルクのほうはジャケットとスカートに。とても洗練されたひとそろいになりそうです。このお客様ははじめてのご注文なのですが、とてもよく服について考えておられ、ディテールまで注意深く希望をおっしゃいました。希望をうかがうと、こちらでもそれなりのこたえをご用意できるので、いっそうクオリティの高い仕上がりになります。ただいまチャームでは冬のセールを開催しています。おすすめは暖かいオーバー地のパンツ。やわらかくてあたたかく、総裏地つきで滑らか・着やすいのが特徴です。色は黒、紺、グレー、こげ茶、ベージュなどさまざま。自分で洗えます。採寸・仮縫は出張いたします。税込み¥42,000でのサービス。ぜひおためしください。きっとご満足いただけると思います。お問い合わせは0467・25・3444チャームまで。お電話おまちしています

寒さ続く 

2006年01月10日(火) 22時15分
今日はちょっとあったかいかな、と思いましたがやっぱり夜が更けるにつれ、しんしん寒いです。この寒さで今冬、ロングコートはすごく売れてるみたいですね。街中でも久しぶりにファーコートをまとっている女性を時々見かけます。この何年もの間、あまりにも暖冬続きでショートコートでほとんど間にあっていたので、どんなコートを着たらこの寒さをしのげるか、と慌てた方たちも多かったのではないでしょうか?この冬、ある年配の奥様が注文して下さった素敵なくるぶし丈のヘリンボーンツイードのコートは、かなりお役にたっていることと思います。普通のものとは違い暖かな毛芯が据えられほかの点でも型崩れしないようにしっかり作られているので、電車のシートなどに座っても、そうそうシルエットが崩れたりしないようになってます。売られているものとは一味違うと思います。もうすぐCHARMでもセールです。ではまた

もうすぐ仕上げ 

2006年01月08日(日) 23時12分
こんばんは。先日やっとこのジャケットのボタンを見つけました。少し説明させていただくと、この生地は30年以上前のイタリー製ウールジャージーです。いわばヴィンテージなのですが、この時代の素材はしなやかな手触りのものがほんとに多くて感心します、柄付けもいまは出せない味わいのものがとても多いのです。ジャージーなので生地の裏全体に、トリコットという伸縮のきく芯を据えました。そのため写真ではまだしつけ糸が見えています。当初は生地が少なかったので、襟なしのつもりでしたが、よく考えたらスタンドカラーなら出来そうだということになり、やっぱり襟をつけてよかった。お揃いのスカートもあり、上下揃えてスーツとして着ることもできます。出来上がりが楽しみです。

白いワンピース 

2006年01月07日(土) 23時11分
最初に書いたブログからずいぶんたってしまいました。はじめまして、長女です。私が三つのときに祖母の店で作ってもらった白いワンピース。ハイウエストで前に結んだ白いサテンリボン。いとこのいづみちゃんとお揃いで、叔母の結婚式にこれを着せてもらいました。以来いろいろとオーダーメイドのものを着せてもらいました。結局感じることは仕立てたものは首廻りや肩へのフィットが心地よい、ということです。その理由のひとつは一人一人のための型紙を使って仮縫いをし、芯据え作業など手作業が多いところにあります。スピード追求の忙しい生活の中、手作りの服に心地よい温もりを感じることで少しでも日ごろのストレスから解消されることもあり得ると思うし、ひととは違った自分を演出することもできます。気楽にオーダーを試してもらいたいな、と思ってます。ではまた。

はじめまして 

2005年12月29日(木) 13時06分
はじめまして

鎌倉で婦人服のオーダーメイドショップCHARMをしているみらいといいます。

CHARMは私たちの祖母が1952年にオープンした、歴史?あるショップです。

現在は初代の祖母、2代目の母、そして3代目の私たちで経営しています

私達、っていうのはこれからこのブログを書いていく、
私と二人の姉、つまりは3姉妹のことです。
長女のみさと、次女のみか、そして三女の私・みらいです。

これから少しでもオーダーを身近に感じてもらえるように、
ドレスのオーダーについて色々書いていきますので、よろしくおねがいします

さて、記念すべき第1号の紹介ドレスは、みらいが少し前にオーダーしたロングスリーブワンピ
海外に行くときなどにも持っていって、レストランなどに着て行きます
評判は海外でも上々でしたよ
生地はドイツ製です。着てみた感じも後日アップしておきますね。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:charm-order
読者になる
Yapme!一覧
読者になる