ブログ移転のお知らせ 

September 11 [Sun], 2016, 11:50
本ブログはコチラ
http://ameblo.jp/chari-night/entrylist.html
に移転しました


相変わらずのタレ流しブログですが
引き続きご愛顧お願いします

かるがもジョニー&(りら)

佐原をてくてく 

July 31 [Sun], 2016, 9:26
7月16日 千葉の佐原で「佐原の大祭」が催されるという
情報をアド街で知り、東京駅から高速バスで出発

まずは第一の目的地、香取神宮にむかうべく佐原香取ICを出てすぐの
臨時停留所で下車
ここから神宮までは1kmくらい歩いたかな

鳥居をくぐり、カーブが続く緩やかな
勾配をすすんでいく
参道を歩いていると森の中にいるような清々しい気分にさせてくれる



シックで荘厳な面持ちの本殿




鳥居の外にあるお店の脇にいた巨大な
ソックスちゃん(勝手に命名)


          

お参りの後は、最寄りの駅まで移動したいのだが・・・
唯一の足、路線バスは2時間後

当然ながら徒歩でてくてく、約4km先の佐原市街まで頑張ろう

見事な田園風景
千葉は米どころでもあるのだよね


途中コンビニで水分補給して歩くこと50分あまり。
古い町並みに到着







こちらがお祭りの主役、山車
日本三大囃子に数えられる「佐原囃子」のリズムにのって
移動して、踊る ⇒ 移動して、踊る
これを繰り返して 町中を練り歩きます


電線を避けながら、ここで大回転〜


どうだ


こちらは鷹さんかな


小江戸と称される佐原の街をぐるっと周りながら
随所で買食い&お土産をゲット


佐原での戦利品たち


芋アイスに出逢えなかったのが心残り


ジョニー

思い立ったらパワースポット 

July 02 [Sat], 2016, 22:59
『そうだ 榛名神社に行こう』と話がまとまり、
で家を出たのは11時過ぎ

我が家から関越道に乗るまでには一時間半は見なくてはならず
寄り道した喜多見の「志美津や」さんで蕎麦を食べ終わったのが 12時45分ころ
渋滞のメッカ環八を避けたルートでも、吉祥寺駅付近の渋滞で
30分ほどロスして、練馬インターに入ったのが14時過ぎ。

高坂SAでルート検索すると、榛名神社に到着は17時・・・
う〜ん神社巡りとしてはギリギリNGか・・・
             

そこで思案した結果、長瀞周辺に舵を切ることにして
花園インターで高速を降りた。
「岩畳」が有名な景勝地で、紅葉シーズン等は国道が大渋滞らしい
今はオフシーズンなのか、スイスイっと到着。

まずは岩畳を
ミルクレープのような積層が特徴的






お土産屋通りでは皆さん天然氷のカキ氷を食べてましたぞ



秩父鉄道を挟んで反対側の山にある
宝登山神社にお詣りを

暑い中(気温は33℃超えらしい)参道をえっちら上って


鳥居をくぐると、体感気温が3℃ほど下がる
ご神気というのか、サーっと汗が引く感覚・・・
香川県の金比羅宮(のとある一か所)で体験して以来かな

社殿の画像は(りら)が撮っていたので、貼り付けしてくれるだろう

お参りの後は売店で味噌アイスを調達して、休憩


これはコクがあって美味しい


長瀞を18時前に出発して、秩父へと移動。
豚肉が名産ということで、トンカツをレストラン「エデン」さんで頂いた。
洋食屋さんということだけれど、昭和レトロな内装で しっかり和定食
ごちそうさまでした。

                

西部池袋線と並行する山道を1時間ばかり走り、
飯能から圏央道→中央道を経由して帰宅。

また神社巡りをしよう。

ジョニー


あじさい祭り・・・の前日 

June 18 [Sat], 2016, 21:04
川崎市多摩区は妙楽寺のあじさい




「長尾の里あじさいまつり」の前日にお邪魔した



花の色、かたちも様々






こんなに群生するものなんだね



ジョニー

寝台特急で出雲&松江へ 

May 04 [Wed], 2016, 21:03
山陰地方に足を踏み入れたことがない我らかるがも夫婦
往きは寝台特急、復路は飛行機で旅をしてきた。

22:00東京駅発
今回の旅のメインは、このサンライズに乗ること
一か月前の朝に、みどりの窓口に並んで予約した。


ちょとしたシティホテルの雰囲気

ツインは取れなかったので上階のシングルを二部屋予約
ちびワインとつまみを買いこみ、出発~


深夜の浜松到着までは記憶にあるけど、その後すぐに撃沈
単身赴任時代に乗ったあけぼの号に比べると、格段に寝心地が良く
短時間だけどぐっすり眠ることができた。

6時ころ 岡山到着のアナウンスで目覚め、(りら)を起こし名物の
「切り離しショー」を観る。


朝食は前方車両のラウンジで、前夜に調達したものを



米子までの間、のどかな伯備線の景色を眺めながらボンヤリ



終点の出雲市駅に10時前に到着。
どんどん寝台特急が廃止されるなか、最後かもしれない(?)
サンライズに乗ることができて貴重な体験になった。
駅前の温泉「らんぷの湯」でサッパリしてから、一畑電車に乗り換え、
出雲大社へと向かう。


大社駅に到着 レトロな内観


博物館入りの電車「デハニ50型」


木のインテリアが


             

まずは腹ごしらえと、お目当ての蕎麦屋へ10分以上歩いて行く・・・

途中にあった歴史的建造物


まさかの臨時休業で空振り


すでに12時をまわり、他の蕎麦屋はどこも行列
こうなったら先にお参りをしようと、大社へ行き先変更。

GWの平日なれど参道は多くの人で賑わっている


おなじみの しめ縄



さすがにお腹が空いたので、参道のお店でイートイン



ふたたび畑電に乗り、雲州平田駅で下車。木綿街道へ


こういう風情のお店や家が並ぶ街


お目当ての しょうゆソフト by持田醤油店


こちらでは生姜糖を実家へのお土産に購入


                

松江市内に移動しホテルにチェックイン

夕陽スポットの白潟公園に移動


6時半ころ だんだん陽が沈んできた





夕食は宍道湖に流れる川沿いにある「なにわ本店」を予約
入口に予約客以外は満席という看板が立っていた

前菜とお造り



あとは写真を忘れて食べた~

甘めの味付けが松江料理の特徴なのかな?
魚介は新鮮で美味。
接客も丁寧で落ち着いた雰囲気のお店だったな。



二日目は松江散策

城好きとしては まず松江城




天守からは宍道湖が望める


お堀をぐるっと一周できる遊覧船
天気が悪く小雨が降ってきたので断念


お昼は11時の開店と同時に蕎麦屋「きがる」に突撃
見事 一番手ゲット

3段の割子蕎麦(とろろ玉子)をいただいた。
色の濃い蕎麦は好み。

食後は武家屋敷の通りを散策し、お菓子や土産を物色

予報とおり雨が強くなってきたので、早目に玉造温泉にバスで移動

              
川の両脇にお宿が立ち並ぶ


ここで風も猛烈に強くなってきたので、お宿「松乃湯」で日帰り入浴。
GW中は大抵断られるけど、こちらはOK (14時まで受け付け)
化粧水のような保湿効果のあるお湯をゆったり堪能できた。
接客が心地よく宿の雰囲気も、こんど泊まりたいな。

             
夕方、バスで市内に戻り、駅ビルでお土産を物色。
スタバでまったりして、一畑百貨店のレストランで早目の夕食をとる。


強風の影響で米子空港発の3つの便が欠航・・・
我々が乗る最終便はなんとか飛び立ってくれた。

家に着いたのは12時前。お疲れ〜


ジョニー


遅い花見に 

April 10 [Sun], 2016, 19:39
土曜の午後、東名高速をくだり
秦野市の自然豊かな蕎麦屋へとドライブ


街中からヤビツ峠の方に登っていき
細い横道を進むと『石庄庵』に到着


地元の桜は葉桜になりつつあるけど
こちらはまだまだ見頃


10分ほどの待ち時間に


菜の花とのコントラストが




遠くの山にも桜の木が見えた






小屋の中には、看板犬の太郎くん


お散歩体験もOKだとか
優しい顔のワンコ




水が良いから蕎麦も美味しいのだろうね
天ざると鴨きざみ蕎麦をオーダー。
今回で2度目の蕎麦をいただき、大満足

市内の運動公園でも花見を、と思って
いたけど、イベントとかち合いパーキング
出来ずに断念


東海大学近くの日帰り温泉に浸かってから
帰路についた


ジョニー













冬の新酒まつり 

February 20 [Sat], 2016, 8:37
山形県庄内地方 大山の新酒まつり


前日は山間の温泉地 湯田川の「珠玉や」に宿泊



部屋からの眺め



一品一品、丁寧につくられた料理



庄内豚と山形牛はしゃぶしゃぶで頂く
とても肉厚で食べごたえ◎



ブリ大根がとっても美味



朝食は他に焼き立て玉子焼きとお魚がついて
これまた大満足



        翌日   ‥‥‥


まずは「出羽商工会大山支所」で振る舞い酒

おしるこサービスもうれしい

11:30 『冨士酒造』にはすでに行列が 



かるがも家は『加藤嘉八郎酒造』に並び



ぬる燗を飲みながら蔵に入るのを待つ



なかなか見ることができないレトロな光景



『羽根田酒造』





一番のお気に入り『渡會本店』
スッキリ 淡麗 辛口が好み







戦利品
帰りの道中 重かった・・・






ジョニー







やっぱりバリが好き(ウブド編) 

January 17 [Sun], 2016, 21:39
さて
サヌールからウブドへ行くには、いくつか方法がありましたが、
今回はプラマバスを選択。宿にピックアップに来てもらい、
着いた「営業所」は、雑貨屋さんの店先だよね?これ!
という、自力で行ったら見逃しそうな小さな看板をかけた場所でした。

バスというても、日本で乗るシャトルバスみたいなもんを
想像してはいけません。大きめのバンにシートを最大限詰め込んだ
ようなマイクロバスでした〜。

同乗するのは欧米のバックパッカー、アジア系のカップルetc

ウブド地区に入ってからの渋滞で50分遅れましたが、
まあこの程度はご愛嬌とゆーことで、ウブド着。

降りたバス停からすぐだったお宿は「カキアン・バンガロー」





二階建て建物の一階部分でした。通りからは奥まったところで、静かです。
カキアンベーカリーでの朝ごはんつきプラン。

13時を過ぎているので、早速お昼を食べにジャランジャラン



日差しが恐ろしく強い
だもんで、人目も気にせず日傘を差し、サングラス。リネンのカーディガンを肩からひっかけまして、ずんずん歩きます。
じょにさんは、暑いと言いつつあまり気にせぬ様子。
まー、なにをしても暑いのですがね。


一度通り過ぎ、いったいどこ〜?!ときょろきょろしてやっと見つけたMELTING WOK
ワルンでカレーランチでございます。もちろんフルーツジュースも飲みまくりです。こまめに補給しないと干からびるし。
お店は二階にあって、Free Wi-Fiも入ってます。早速、おもたーいiPadで地図を確認。

なんと今回は、ガイドブックから外した地図を忘れてきたんですわ。行こうと思っていた店が思い出せない、場所もさっぱりわかんね〜、というテイタラクでございまして、暑い上に分からねーでキレキレになりそうに何度もなり‥

サッカー場

このあたりは爽やかな風が通り抜け、気持ちのよいこと!


モンキーフォレスト通り

王宮から続くこの通りは、だんだんと下り坂に。雑貨屋さんやご飯屋さんに目を奪われながら、例によってかるがも家、ずんずん歩きます。まずは自分の足で歩いてみないことには、まちの様子がわからないもので。
今回は詳細地図がないので、余計に必要な作業なわけです。
それにしても、おさるさんまで長いっすね〜

お猿さんを発見

年賀状用にばっちりお猿さんを撮影しようと思ってたんですけど、きょうはとにかく疲れた、暑い、もう帰る〜と、すぐさま撮影終了。モンキーフォレストの外ですよ、これ。違和感なく、道端でサルが見られます。

アフタヌーンティ  これ一人前

お宿に帰り、フロントでアフタヌーンティをお願いし、部屋で待つ。
やってきたのがこれですわ。皿の直径30センチくらいある。えらいこっちゃーと言いつつ、ほぼ完食。旅行の醍醐味ですからいいんです。
と食べまくったのが、のちのち目方を大いに増やしましてね…


こちらのお宿にはランドリーサービスがなかったので、夕方、通りをはさんで向かいのお店に洗濯物を出しに行きました。
小さなキャリーケースで土産が持って帰れるように荷物を減らしてきたので、洗濯は必須。ユニクロのエアリズムのブラトップでも、湿気が多いもんでイマイチ乾きが悪いんですよ〜。でも、どんな具合にあがってくるのか不安だったので、お宿に長逗留している日本人のお姉さんに尋ねてみました。その答えは、「とくに問題なく仕上がってきたけど、心配だったら大事な服は出さないでおいたらどうかしら〜」という感じ。Tシャツ2枚、ブラトップ1枚、靴下1組出してみました。しめてお代は約10,000ルピア。翌日の夕方できるとのこと。


ヘルシーなディナープレートとアボカドのジュース


晩御飯は、またもやえっちらおっちら歩きまして、バリ・ブッダへ。
(りら)のくだり腹は相変わらずで、火を通したものを食べようと、ソトアヤム(写真ナシ)にホットティー。
写真は、じょにさんのメシでございます。タンパク質とお味が物足りなかったそうで。
ここはヘルシーなものばかりおいてあるとこですからね。食べ過ぎのおなかにはちょうどよかったんだと思います。

            

翌日は大晦日。また歩きます。
昨日もなんだかんだと買い物をしたのですが、私のウブド、メインイベントともいうべきショッピングへ!
そのあいだ、じょにさんは昨晩停電で出来なかった日焼けケアのスパに行ってました。
ハノマン通りを北上し、途中で「じゃあね〜」とわかれたのですが、かるがも家、バリで使えるケータイを持っていません。Wi-Fiルーターも持ってません。お昼ごはん前に再会できるのか?!

(りら)は思う存分お買い物を楽しみまして、やば!ご飯代残しておかな…くらいまで買いました

待ち合わせまで時間があるので、お散歩です。
街中に寺院がたくさんあります


じょにさんは、トリ、ネコを撮るのが好きです


ウブド王宮の外壁

このカオが連なってます。日差しにレンガと石の建物、バリらしい。

中に入ると

この門の前でバリ舞踊のステージがひらかれます。今夜はここで観るのです。晩御飯のステージで見たことはあったけど、お金を払って観るのは初めて。


無事合流し、お昼は、イブオカでなくてGUNG CUNGでバビグリンを。まだバリッ腹ですが何か?


お店の二階に上がったら、雨が降り出しました。そうだ、いまはいちおう雨季だった、と思い出す。なんでも、ちょっとした異常気象らしく、雨季にバッチリ入ってないんだそうで。それでもこの日は二度、雨に遭遇。前回の渡バリ時に遭遇したようなスコールではなく、短時間のささやかな雨でした。


一度宿に戻り、道の向こうのランドリーに洗濯物を取りに行きました。仕上がり、問題ないっす! 洗剤の香りもふんわ〜りとして、どぎつくなかったからよかった〜

さんざん薬を飲んだにも関わらず(りら)のおなか祭りは続いているのですが、とりあえず腹が減っては…で軽い夕食。前回来たときは、自動的についてくるガラディナーでえらい高額取られましたけど、このお宿にはそんなのはないので、カキアンベーカリーで簡単に済ませて、宿の車で送ってもらってウブド王宮に舞い戻りました。

王宮内にもこういう石像があります。どれも個性的なおかおをしていたりするのです。


日も落ちかけた頃、王宮外でチケットを買って中に入りました。すでに一列目の席は埋まっていて、半分以上が日本人。蚊対策もしたけど、じょにさんが刺されずに済むかどうか…


会場に入ってから1時間弱待ち、やっと開演。入場したときにもらった演目の概要を思い出しながら観劇。


右手後方で「うわお!」って両手を広げているおじさんがコミカルで、面白かったんです。



やっぱりかぶりつきで観たかったな…(りら)の前に座ってる人がゆらゆら動く人で、いやもー見にくいんだってば!
こんなときは、座高がもっと高かったら…と変なことを考えるのでした(笑)


この大晦日の夜、じょにさんは宿に戻って早々に眠りについたんですが(たぶん連日の日焼けでヘトヘト)、(りら)はついNHKで紅白を見始めちゃったら、あまりに久しぶりだったもんでゴロゴロしながら見続けてしまいました。そして気付けば「ゆく年くる年」。異国で除夜の鐘を聞きましてよ。

んで、ipadを開いたら、同期からLineが入ってて、日本とインドネシアで年越しLine。何処にいても便利なものですなぁ。
そのあいだ、外でバンバン花火が上がり、頭の上で音がするんですよ!その実況中継もしながらやりとりしてました。長時間かつ頻繁する音は、花火というより銃声⁈砲弾の音⁈ けども、じょにさんはぐうぐう寝てます。なんでこんな爆音の中で寝ていられるわけ? ぐらいの五月蠅さ。でも起きない。ぐうぐう

花火の爆音は、インドネシアの新年になって15分くらいは続きましたねぇ広い野原があるわけでないけどフツーに打ち上げ花火が上がってて、どこで上げてんだかな〜と思ったらとなりの宿の庭先からだったり。よく火事にならないよね…


            


最終日。1月1日とゆーことでデイユーススパは惨敗。道路の混雑も勘案して、空港から近い場所のスパにしたもので、そこへの移動まではウブドでゆっくり。

パッキングして、最後の買い物にスーパーに行って、冷房で冷えてトイレに駆け込むという難儀な(りら)。
バリっ腹とゆーより、ただの冷えで、冷房に全く対応できなかっただけですがな〜。しかし、厄介なことでございましたよ、最後まで(笑)。

昼ごはんは、宿すぐそばのワルンに近いレストランのよーな…はて、店の名前はなんじゃったかいな。



おなかにやさしいブブール。これがうまかった〜

こちらはじょにずチョイス、バクソ…だったかな?


私は毎食イネ飯でもぜんぜん大丈夫。滞在中は全部イネ飯にしたいくらいなんですが、朝ごはんは洋食が多いんだよね〜。

帰ってから懐かしく思う味は、やっぱり地元飯なんですよ。バリと台湾は特に思い出深いゴハンが多い。ああ、また食べに行きたい。日本で食べても、あそこまでおいしく感じないんだよね…現地がいちばん!

午後、約束通りにお迎えの車が来て、いざヌサドゥア手前まで。クタが近づくにつれて混雑し、海上の道で渋滞。

渋滞してたから撮れた一枚。新年からいいお天気です。

(りら)

やっぱりバリが好き(サヌール編) 

January 10 [Sun], 2016, 23:03
冬休みを利用して、『南国と言ったらバリ』のかるがも家は
ワンパターンながら4年ぶりのバリを旅してきた。

             

アクセスは断然羽田が近いのだけれども、夕方着の直行便狙いだったので
成田からのガルーダで一路バリ島へ

機内食は・・・う~ん こんなものかな のお味

音楽も飽きて、トラベル英会話の本も即席で読み、もう着くかなーと
モニターを見ると

まだ半分か・・・


約7時間30分のフライトで到着したのは新生ングラ・ライ国際空港
前回までのタイル張りにダークブランの木といったバリらしい(ちょっと古めかしい)
雰囲気とは打って変わり、洗練された空港になっていてビックリ
バリじゃなくて、パリか

ホテルまでの送迎ドライバーさんと合流し、キレイな立体駐車場から
バイパスを通っていざサヌールへ

相変わらず無茶苦茶な交通ルールで
2車線なのに横に3台並んで走っていたり、当然ウィンカーなんて出さずに
グイグイ横から入ってくるし、入っていく
乗っていると胃が痛くなる・・・

サヌールでのホテルは「ケジョラ・スイート」
オシャレ系のプチホテル。
レセプションで滞在の概略を聞き(もちろん英語)
お腹が空いたので、部屋で荷物を解くのもほどほどに街へ繰り出し夕食を。

バリ時間19時をとっくにまわっているので、遠出はせず安心なお店に。
カフェ「バトゥジンバール」
外国人向けの洗練されたイネ飯(インドネシア料理)
ナシ・チャンプルとフルーツジュース


(りら)は辛くて汗かきながら食べていたよ
気温は30度なので座っていてもジンワリ暑いけどね

            

翌日
ホテルの様子をパチリ
プールを挟んで二階建ての客室が並ぶこじんまりとしたつくり
部屋は2階の道路から離れていて静か
広くはないけど、機能的で快適

昼間は欧米の方が寝転がってゆっくりしている



敷地を抜けて、ホテルのプライベートビーチへ出ると・・・
奥に見えるはアグン山

水がきれい

30分くらい水着でビーチを歩いていたら、エライ日焼けした
南国恐るべし


11時。観光客向けのバス「kurakuraバス」で以前逗留したスミニャックへ向かう
最寄りのバス停は徒歩10分ほどのギャラリーコーヒー
まだ開店前の様子。

しばしバスを待っていると
お店の前にお供え物をする女性
どこでも毎朝みる光景 信心深い人たち


バスはクタ、スミニャックに入ると、渋滞でピタリと動かなくなり・・・
40分くらい余計に時間がかかり「ビンタンミニマーケット」に到着
ここはスミニャックに滞在した渡バリ時に、一日一回は来ていたスーパー。
スナックetcおやつを調達し、お昼処へ

今日のお目当ての一つ「マデスワルン」のイネ飯
定番だけどナシ・ゴレン(シーフード)、それにミー・ゴレンとサテ(チキン)



サンバルが効いて汗かきながらも美味しさに感動して食べた前回とは打って変わり
とてもマイルドなナシ・・・
4年も経って、観光客向けにアレンジされたのかな
今回は「うん、美味しい」くらいかな

スミニャックの街を衣料品、お土産のお店に寄りながらも、ピンとくるものがなく
ウィンドウショッピングに徹するかるがも家
ぎゅうぎゅうの渋滞に、人ごみ・・・
年末だからかもしれないけど、記憶にある静かな街とは違っている

さー、サヌールに戻ろう

kurakuraバスをギャラリーコーヒーで降り、ビーチまで歩く
ビーチ沿いのカフェでフルーツジュース休憩

ワンちゃんが一生懸命泳いでいた(見えるかな)


ビーチ沿いの石畳の小路をお散歩しながら

ホテルに戻りしばしシエスタ


夜はイタリアンの名店「マッシモ」で。
予約必須のお店なれど、18時到着でなんとか滑り込み
メニューを読んでも全くイメージがわかない前菜と

シーフドのピザ(平たいのじゃないのねー

奥に見えるはクリームソースのパスタ

どれも美味しいのだけど、あまりにも巨大
二人では食べ切れなかった
いつかリベンジするぞ

さて、明日は初のウブドへバスで移動です。

ジョニー


第二のふるさと 

November 29 [Sun], 2015, 15:57
単身赴任で住んでいた山形県。
温泉や美味しい食べ物でお世話になった恩返しとして
当時の住所地や近隣市町村にふるさと納税をしている。
もちろんお礼の特産品が貰えるという特典があってのことだけど

そのなかで(りら)も湯治で滞在した「肘折温泉」のある大蔵村にも納税した。
いわゆる納税サイトに登録していないので、若干ハードルが高いけれど
情緒豊かな温泉街を維持して欲しいという気持ちを込めて手続きをした。

今日、お例の品が届いた。

肘折の近くにある棚田でとれたお米。
なんでも棚田オーナー制度なるものがあるとのことで、美味しかったら
申し込んでみようかと思っている。

納税額に対して余るほどのお礼なので、心苦しいところはあるものの・・・
有効に使って貰えれば嬉しいな

ジョニー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chari-night
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・自転車-初代クロモリは登坂には重たかったそうで、二代目はアルミにしたジョニー。ロードバイクは絶対乗らないと思っていたのに2009年6月デビューの(りら)。
    ・旅行-バリ島にはまってます。
    ・温泉-まちの温泉から秘湯まで、遠出したら温泉なしには帰れないジョニー。乗鞍高原温泉サイコー!の(りら)。
読者になる
 
ビアンキ・ビンチトーレからリドレー・コンパクトに乗りかえた夫のかるがもジョニーがメインブロガー。妻のかるがも(りら)は、ぽちぽちお邪魔してますです。オルベア・アクア(2009年モデル・sora)に乗ってます。

2007年クロスバイクデビュー。2008年ジョニーがビアンキで、2009年(りら)がオルベアでロードバイクデビュー。2011年、ジョニーはビアンキを手放し、リドレーに乗り換え。

坂はキライなくせにヤビツを登りたくてしょうがない夫と、平地をひた走るのが好きな妻。へなちょこ自転車乗りながら、体育会系気質の夫の独断でイベントにもごくたま〜に参加しています

3年間の単身赴任を終えて戻ってきたジョニーと、ぐうたら主婦からフツーの主婦に戻るべく鋭意努力中の(りら)が、相変わらずのふたりぐらしをお届けいたします。
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像chari-night
» 海辺の景色 (2012年05月05日)
アイコン画像妹です
» 海辺の景色 (2012年05月03日)
アイコン画像chari-night
» 荒川までのみち (2011年12月05日)
アイコン画像kaniya
» 荒川までのみち (2011年12月05日)
アイコン画像かるがもジョニー
» 暖かいので、ラーメンandカフェオレ大福 (2011年04月04日)
アイコン画像Tatsuya
» 暖かいので、ラーメンandカフェオレ大福 (2011年04月03日)
アイコン画像(りら)
» 2011年 走り初めは (2011年01月08日)
アイコン画像石橋です(^^)
» 2011年 走り初めは (2011年01月08日)
アイコン画像(りら)
» おんぶおばけ? (2010年12月12日)
アイコン画像石橋です。
» おんぶおばけ? (2010年12月11日)