America 

April 24 [Sun], 2005, 21:36
履修を考えていたときに、たまたま友達から授業の一環として行ける留学の話を聞いた。前から行きたかったアメリカに行けてそれに単位ももらえちゃうなんておいしい、なーんてその時の私はお気楽モード彼氏もいないしもってこいの機会@でも現実に戻るとこんな高いお金は誰がはらってくれるのそれに今年の夏はもう友達と旅行に行けないし時期的にサークルもしばらく休まないといけないとかあれもこれもと考えたらきりがなかった。なにしろ日本でしっかりしてない私が英語もほとんどしゃべれないのにミネソタ州の家庭に一人で約一ヶ月もホームステイなんてやっていけるのかすごいこわかっただから最初の説明会もなんとなく参加してみようかなって感じで足を運んでみたのだが。。。行ってみると、そういう気持ちはいつの間にかなくなっていた。去年のビデオを見たり、参加した人たちの体験談をを聞いているうちに留学に行きたいという思いが強くなっていることを確信した。希望している人が意外と多いこの研修に行ける人数は限られていて、これは厳しい戦いが待っていると先生は言っていた。意外と負けず嫌いな私はやる気に燃えていたのだったレポートのお題ははっきりとした志望動機と何について研究したいか。私は普段聴く音楽が洋楽のHip HopやR&Bだったりするから黒人に憧れを抱いてて趣味的なHip Hopカルチャーと黒人差別について調べたいっていう思いをこの紙にぶつけた。次の日、かすかな可能性を信じて発表を見に行くとなっなんと選ばれていた。嬉しくて思わず泣いちゃいそうだった。人生初めての留学。きっと何か大きなものを得られそうだ★
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chappymaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる