反応T 

October 08 [Sun], 2006, 22:09
3時間後くらいにJから返信メール…

嬉しかった!でもドキドキでなかなかメールを開けられなかった(汗)
10分くらい格闘してようやく開いた。。
内容ゎ
“もちろん覚えてるよo(^-^)oどぅしたの??”

どぅしたの?…まぁそりゃそうか…ちょっと返信に困った(汗)

連絡 

October 08 [Sun], 2006, 12:24
活動が終わってからすぐにJへのメールを考え始めた…

考えに考えた内容が
“突然ごめんね。前のボランティアで一緒のグループになった愛美です。わかりますか??”

まずゎ送ってみる事にした。

それからメアドを教えてもらったもぅ一人の人にもボランティアお疲れ様メールを送った。

彼の存在U 

October 08 [Sun], 2006, 12:12
ボランティアに参加しょぅと思ってからの日々ゎ長いような短いような…とにかく毎日ドキドキで…
ボランティア当日なんかドキドキで倒れてしまいそうだった…

活動が始まる…彼ゎぃなかった…落胆した…

だけどその時一人の男の人が途中から活動に参加した。
彼ゎJとこの前仲良く話していた人だった。もしかしたらJの連絡先を知ってるかもしれない…
勇気を出して聞いてみた。
“ぁのJ君の連絡先ってわかりますか??”
突然だったのでその人ゎキョトンとしていたがすぐに理解したらしく快くメアドを教えてくれた。

そして
“ぢゃぁ俺のメアドも教えるから良かったら連絡ちょうだい☆”

と言われ両方のメアドを教えてもらいその日のボランティア活動ゎ昼までの参加をした。

彼の存在T 

October 08 [Sun], 2006, 12:01
ボランティアが終わり次の日また次の日と日が経つにつれ、
Jにゎもぅ会えないんだ…
もぅ一回Jに会いたい…
そぅぃぅ気持ちが強くなっていった。

私ゎいたたまれなくなり、Jがいるかも分からないし、参加するつもりもなかった次のボランティア活動に参加する事にした。。

出会いV 

October 06 [Fri], 2006, 17:22
調理実習が始まり障害者さんのお手伝いをしている時もJゎ積極的に動いていた。
私ゎ感心の目で彼を見ていた…

カレーも無事作り終え食べてる間に遅くなった自己紹介タイム。

Jの番…
“趣味ゎ山登り”
渋い趣味だなと思った(笑)しかもそれしか覚えていなかった。

活動が終わり帰りの会的なのに参加した。
帰りの会ゎグループごとじゃなくてみんなでゃる。

学校の友達と合流したそしてJとゎあまり喋らなかった。

最後にバイバイって言って普通に友達と帰宅した。

でもそれから私の心の片隅に何故かJが居座る事になる…

出会いU 

October 06 [Fri], 2006, 14:47
グループごとの活動ではそれぞれが決まった場所に移動する事になっていて、下の階の調理室まで応援の男の子(以下J)と一緒に行く事に。

大した距離は無かったけど少し話をした。
“いくつ?” “学生?” “どこの学校?” など他愛も無い会話で解ったのが私よりも一個年下(18歳)で結構有名な大学に通ってぃると言う事だけ。

活動が始まり、障害者の人たちと調理実習をやることになりスーパーに買い物に向かった。

私もJも障害者の人一人と手を繋いでカレーの具材を探して回る。
“そっちのお姉さんとお兄さんはお肉探して!”と言われて一緒に肉探しをした。どれがいいのかなぁなんて話している時に見せるJの笑顔はすごく可愛かったなって印象が残ってる。

帰りに雨が降っていて傘を持っていなかった私に自分の傘をそっと差し出してくれた。年下なのに気配り上手だなぁ・・・なんて思いながら相合傘の状態で調理室まで帰った。

出会いT 

October 06 [Fri], 2006, 14:35
2006年07月02日私は彼に出会った。

その日は学校の授業の関係で障害者の人のボランティア活動に参加。
学校の友達4人と待ち合わせをしてちょっと緊張な面持ちで向かった。。

そこのボランティア活動はグループごとの活動を主としているようで私たちはそれぞれ違うグループに分かれて活動する事に。

そこで同じグループになった男の子に私は恋に落ちるなんて思いもしなかった・・・
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chapi1987
読者になる
Yapme!一覧
読者になる