彼らが本気で編むときは

February 26 [Sun], 2017, 21:32
斗真がトランスジェンダーの役を演じている「彼らが本気で編むときは」を見てきました。
DVDを貸してた友達が返すのに会おうということになり、映画見に行かない?と誘って、ムビチケの写真見せてどれにする?って聞いたら、この映画を選んだのでした。
LA LA LANDを選ぶとばっかり思っていたので、意外な選択でした。

LA LA LANDは、しばらく先でもやってるだろうし、先に見に行けてよかったかな。




リンコ - 生田斗真(中学生時代:高橋楓翔)
マキオ - 桐谷健太
トモ - 柿原りんか

トモの母(マキオの姉)‐ミムラ

カイ(トモの同級生) - 込江海翔
カイの母 - 小池栄子

リンコの同僚 - 門脇麦

マキオとヒロミの母 - りりィ

フミコ(リンコの母) - 田中美佐子
フミコの再婚相手 - 柏原収史

新宿のピカデリーに行きました。

この毛糸で編んだポスターが見たかった。




後ろの文字も花も毛糸で編んである。
かわいい


映画は、すごーくよかったです。
斗真がリンコさんにしか見えない。

笑えるシーンもあるし、泣きたくなるシーンも何回もあって、「普通って何?」って考えさせられる映画でした。

女であること、母親であること
子どもの幸せとか・・・

子役のトモちゃんもうまかったなぁ。
あんな母親に育てられて、半分ネグレストにあいながら、リンコさんに対して心を少しづつ開いて、彼女を理解していく様が、ちょっと大人びてひねた11歳の女の子だった。

カイ君と、その母親も、普通は何かを考えさせる人物だったな。

桐谷健太のマキオの優しさや、包容力もよかったな。
「結婚まで考えて無かった?」って問いかけるリンコに誠実に応えるマキオに泣きそうになった。

田中美佐子のリンコのお母さんが、素敵でね。
「私の娘が一番かわいい」って言う姿が、かっこいい。


トモが最後、母親を選ぶのは仕方無いことかなとも思う。
捨てることはできないんだよね。

マキオがトモに「お母さんをよろしく」って言うのが、そういうことなんだろうな。

声を殺して泣くリンコがせつなかったな。
でも、また会えるよ、きっと。
今生の別れじゃないし・・・と、思ったのでした。


少し前にLGBTの研修を受けていたので、さらに考えさせられました。

いい映画でした。




友達と一緒だったので、ランチしました。
墨の絵のミツボに行きました。
おいしかった




映画の後は、VITOでジェラート食べてきました。
ピスタチオとベリーベリーベリーとマンゴー
おいしい〜
少し、寒かったけど・・




映画も一人で見ることが多いので、久しぶりにお友だちと一緒に見ました。


ムビチケ

February 25 [Sat], 2017, 15:50
2・3・4月は仕事が忙しいなかで、SHOCKを観に行くことを最優先させているので、他の演目のチケットは取らないようにしている。

ここにきて、気になる映画がたくさんあって、映画を観に行こうかとムビチケ買いました。
水曜日のレディスデイとか無理なので、土日に行くなら前売りかったほうが安いのでね。





とりあえずこんな感じ。

モアナも迷ったけど、やめといた。

SINGは字幕にするか吹替えにするか思案中。

美女と野獣は字幕、吹替え、両方行くから2枚。
2回で済むかな??

LA LA LANDは、アイマックスで見たほうがいいのか、買ったことに少し後悔してるんだけど、どうしようかな。

ムビチケは使った後もかわいいので、いいよね。

「Endless SHOCK」2月24日ソワレ

February 25 [Sat], 2017, 15:05
2017年「Endless SHOCK」3回目を観に行ってきました。

毎日、残業続きの日々で、周りには申し訳ないんだけど、これだけは譲れない。
生きる拠り所なので、許してください。





初のプレミアムフライデーの日
勝手にプレミアムフライデーにしている訳ですが、「Endless SHOCK」を見に帝国劇場に入ること、席に座れることは、私にとってとってもプレミアムなことです

席はA席 2階最後列の一番端でした。
それでも視界良好で、後ろになればなるほど、端の感覚が薄れるのね。
2階席で見るSHOCK、大好きです。


ダンスシーンが好きだなぁ。
どの曲も、本当に好き。

DANCING ON BROADWAYのキラキラした感じ。
この時のコウイチの黒スーツの衣装も好き

Solitaryのセクシーかつ妖しげな雰囲気もすごく好き。
ソリタリが始まると、あぁもうここまで進んじゃった・・って思う。

ジュニア君達もいい感じなんですよね。
なかなか区別がつかなくて困るんだけどね。

文ちゃんは、いい味だしてるね。
歌も演技もうまいのね。

Higherの後、コウイチとハイタッチして、違和感持って自分の手を見るっていう演技とか、いろいろ盛り込んでいるんですね。

眼がいくつあっても足りないんですけど〜

先日の「めざまし」でも軽部さんとの対談が紹介されてたけど、「夜の海」も大好き。
全員で踊るシーンの中の、コウイチがめちゃくちゃかっこいい。

CONTINUEでヤラだけがコウイチに気が付く演出も好きです。

夢幻で、「ブラボー」の声と、さらにスタンディングしてる人がいたわ。
あれは、どうなんですかね。


感想もとりとめもなくて、書く必要もないくらいですけど、とにかくいいんです。
好きなんです。
何回見ても、また見たくなる。
それだけの物を見せてもらえて、幸せです。





今日は、エスニック




「Endless SHOCK」2月18日ソワレ

February 25 [Sat], 2017, 14:27
読売新聞社のパネル展を見た後、18時からの「Endless SHOCK」を観劇してきました。



生協さんで申し込みしてて当選したA席なのですが、なんとセンターブロックで最高のお席でした。
生協さん、たまにいい席持ってるのよね。ありがたや〜
このために続けていると言っても過言ではないかも。
SHOCKのチケットのために、それまでのチケット申し込みはあえてしなかったんだ。


「Endless SHOCK」はどの席からでも楽しめるように考えられていると思うけど、2階センター席から見るダンスのフォーメーションのきれいさは格別なんです。
ラダーのフライングも、ヒラリヒラリと舞う姿が格段に美しく見ることができる席だと思う。
床に映し出されるライティングもきれいだしね。

A席のセンターは真中すぎると、ラダーの補助棒で2階部分の真中が見えなくなる個所があるんだと気が付きました。
以前最後列のど真ん中だった時(この時も生協枠だった)、1幕の階段上のやりとりが見えないからって、サイドの補助席に案内されたことがあったんだけど、その席以外も若干見えない個所があるんだなと・・・
ワンデイでコウイチが1人で歌ってると、補助棒にまるかぶりだった(笑)
リカがきて2人になると見えるんだけどね。

隣の娘は、そのシーンヤラッチがまったく見えなかったっていうから、1つの席でずいぶんかわるのね。


開演前に、1階席がざわついて「誰かな?」って思ったら、岸孝良君が来ていたみたいです。
カテコでジュニアの子が岸君見つけて、手を振っててかわいいと娘が言ってました。

スティックをパンチされて、松が見失ってオロオロ探すとか、もうお約束なんだけど、笑えるね。

この日も、すてきなステージで大満足でした。
何回見ても、ドキドキワクワクできます。


「Endless SHOCK」は基本娘と見に行くので、帰りは軽く飲んで帰ることにしている。
見終わると、喉が渇くのだ。
コンサート見てる訳じゃないのにね。
なんなんだろう。
こっちも力入ってるのかな(笑)


串カツ田中で軽く1杯



楽しいです。

読売新聞社「Endless SHOCK」記事パネル展

February 19 [Sun], 2017, 22:41
18日土曜日は夜公演だったので、大手町の読売本社ビルで行われている「Endless SHOCK」のパネル記事展に寄り道してから、帝劇に向かいました。

大手町ホールでの公演で何回か来たことがあるビルです。







会場内のパネルは写真撮影禁止でした。

1階フロアーは人がいなくて、そんなに混んでいないのかと思って、3階に昇ったら、けっこうな行列ができていました。

記事を読むと時間がかかるので、なかなか進まない。
そして、自分の番になると、じっくり読んでしまうので、後ろの人に申し訳なくて・・
前の人と間があくと焦ってしまった。

2000年からの読売新聞と報知新聞の記事がパネルになっていて読み応えがありました。

やっているのは知っていたけど、ここまで興味を持つようになったのはここ数年だからね。

初期の頃のリボンフライングが青のリボンだったのがびっくりした。
腕に巻きつけじゃなくて、腕は伸ばしてのフライングだったんですね。

亮ちゃんがライバルやったのは、翼君が怪我したからとか、以前は12月1月の公演で、間にKinKiのドームコンはさんでいたとか、知らないことがたくさんありました。

震災でその後の公演が中止になった記事や、2015年の事故の記事もあって、いろんなことを乗り越えて1500回を迎えるんだと思うと、やっぱりすごいなぁと思います。


読売新聞社ビルから帝劇まで「丸の内シャトル」という無料のシャトルバスが出ていると聞いていたので、受付のお姉さんに教えてもらって、シャトルバスで帝劇まで移動しました。

途中、東京駅や皇居が見れて、東京観光してるみたいだった。
そして明治安田生命ビルがすごくて、こんなところで働く人がいるんだぁと思ったのですが、このビルって国の重要文化財になっているんですってね。
有楽町、大手町、東京駅って近いんですよね。
この辺に行っても、劇場直接でまわりを見ることがないので、今度散策に来てみようかなと思いました。


第一生命ビル(だったと思う)の停留所で降りると帝劇はすぐです。


この角度から帝劇見るの初めてだったかもと思い、新鮮でした。




4時15分くらいに帝劇に着いたのですが、ちょうど昼公演が終わって、お客さんが出てくるところでした。

この後、6時から夜公演が始まるわけです。
2時間で次の公演なんだよね。
2週間休みなしの公演の途中です。
お疲れ様だよなぁ。

心して見なくては・・・だね。





今日の「おしゃれイズム」が斗真でふぉ〜ゆ〜が出てましたね〜
我が家は娘と大騒ぎでした。
雨のメロディのダンスが、よかったね。
ふぉ〜ゆ〜の時代が来るかなぁ。
来たらいいなぁ。
VS.嵐の対戦相手にふぉ〜ゆ〜と斗真と風間君とヤラッチとって感じキャスティングしてくれないかな。
要望出してるんだけどなぁ



「ロミオ&ジュリエット」2月12日マチネ

February 17 [Fri], 2017, 23:37
「ロミジュリ」3回目観てきました。

木下ジュリエットをもう一度見たかったのと、大貫死を見ていないことに気がついて、チケット追加しました。
2月3月はEndless SHOCKのために、ほぼほぼ土日空けていたのですが、そうそううまくチケットも取れず、空いてた日曜日にねじ込むことができました。








1階後方のセンター席がGETできて、ダンスがセンターで見れてうれしかった。

この日は、何と言っても大貫死にくぎ付けでした。
宮尾さんもすてきなんだけど、大貫君の存在感がすごい!

オープニングで手を開ききって見せるのですが、なんかもうそこからゾクゾクした。

割と離れた位置にいることも多くて、大貫君を見てると、本筋キャストを見れなくて困る。
最後のシーンなんて、十字架の上にいる大貫君ばっかり見てた(ハハ)

大貫君のコンテンポラリーダンスと光一君のダンスのコラボとか見てみたいなぁとか思った。

SHOCKもロミジュリもダンスが素敵で、見ていて楽しいです。

1幕は明るい感じなので、いいよなぁ。
SHOCKも、1幕最初の頃の明るい感じは、本当に見ていてほっこりするんだよね。

ロミジュリも、1幕はプラスのイメージなので、楽しいんだ。


古川君も、きれいだね。
サカケン神父との掛け合いで、「神父様、ツボってしまいました」とか言って、笑い転げてたのがかわいかったです。
サカケンと並ぶと、背の高さより、顔の小ささが如実ですね(笑)
古川君、顔小さい・・・と思いました。


ベン、マキュ、ティボの3人も、違うキャストで見れたので、全員見ることができました。
平間マキュが気になってたのだ。
小野マキュとも違う感じで、いいですね。

馬場君は初めて見るんじゃないかと思いますが、イケメンだなぁと思って見てました。
渡辺君も初めてかな

ティボは、城田と加藤君のイメージが強いな。
なかなか捨てきれないイメージですわ。
城田ティボ、好きだったな。


記事のカテゴリに「ロミオ&ジュリエット」ってあって、そうとうハマっていたんですね。
自分のブログ読み返してて、来日版も見に行ってたと書いてあって「え、そうだっけ??」としばし思い出せなかったのですが、そういえばシアターオーブで見たわ〜、主役2人がお見送りしてくれたわ〜って思いだしたんだけど、本編の内容がどんな感じだったか、まったく思い出せない

韓国で買ってきた「ロミジュリ」のフランス版のDVDがあるので、久しぶりに見てみようかな。
キャピュレットのお家事情がフランス版ではどうなっているのか、気になるわ。
このDVDも見てるんだけど、フランス語で字幕が英語とハングルなのでした。
適当に雰囲気で聴いてたから、わからないのか・・・



久々のロミジュリ
主役が変わって、う〜ん・・・と思っていましたが、楽しかったです。
お金と時間とチケットがあれば、もっと通いたかったな。

また再演があったら、行きたいです。

藤岡正明 15th Anniversary live tour "M&F”2月11日

February 12 [Sun], 2017, 22:37
藤岡君の15周年記念ライブに行ってきました。

2月3月はSHOCKのために基本土日は空けておきたいんだけど、ミュージカルの曲とオリジナルの曲を歌うライブときいて、やっぱり行きたいなぁと思いチケット取りました。

M&FはMがミュージカルでFは藤岡のFなんですね。




場所は目黒駅から徒歩10分くらいの目黒区中小企業センターホール
東京は17時開演の1回だけでした。

目黒駅ってほとんど降りることなくて、以前ホリプロの社屋でかっきーの握手&サイン会があって来たなぁと思い出しました。
後、この会場は職場の男の子がカポエラの昇段式があるとのことで、見に来た会場でした。
古いし、狭いし・・・
もっといい会場でやればいいのになぁ・・なんて、少し思ったのでした。
もっと狭くて、チケット取れないのは困るけどね。


ミュージカル編のセトリ

Why God Why
カフェソング
彼を帰して
This is the moment
生きのびたけりゃ
サラへ
バレットソング
One Song Glory
君の瞳に恋してる

1曲目の「Why God Why」からものすごい声量で圧倒される。
藤岡クリスとスハキムで見たかったなぁと、マジで思う。

一番たくさん聴いたであろう藤岡君のカフェソング。
そして「彼を帰して」は初めて聴いたかも
めっちゃよかったです。

やってみたい役として歌ってくれたのが次の3曲。
英語詩のThis is the momentも素敵だった。

クリスとトゥイはやったから、後ジョンとエンジニアをやって、市村さんはMr.エンジニアと呼ばれているから、自分はMr.ミスサイゴンと呼ばれたいと言ってました。


サラへの話もおもしろかったな。
最後がえーーーなんだよねって(笑)


死ぬほど大変だった「レント」のOne Song Glory
藤岡君の声で聴くのがたまらなくいいです。

そしてラストは「君の瞳に恋してる」
読売演劇賞おめでとうございます。
再演、待ってます。


途中、ダンスの話になって、自分はミュージカル界で踊れない人の5本の指に入るって。
一番はカズさんだそうですが・・(笑)
踊ってもいいけど、踊るとライブの質が落ちるとか言ってて、笑えました。
ダンスだけは苦手みたいですね。


もうね、声の伸びとか本当に最高で、どこから声が出てるの?って思う。
音大出てる訳じゃないけど、ピッチの正確さや声の良さとか、素晴らしいと思う。
StarSさんの3人よりも、藤岡君の歌声の方が好きなんだな、私は。
ライブかぶったら、藤岡君に行く。



で、藤岡君の歌声はすごーく好きなんだけど、オリジナルソングについてはほとんど知らないんです(ごめんなさい)
2部はまったく知らない曲ばかりでした。
まぁ、仕方ないよね。
その中で、「朝もや」という曲がいい曲だなぁって思いました。


終始、楽しそうな藤岡君を4列目センターで見させていただき、行ってよかったと思ったのでした。


CD付きで2000円のパンフを買おうか悩んだけど、やめときました。




5時開演だったので、開演前に軽く何か食べたいなと思って、検索したら「果実園リーベル」さんが出てきた。
「有吉さんぽ」でやってて、行ってみたいと思っていたお店なのでした。
近いじゃんと思い、お店に行ってみたら、すごい行列でした。
11時までやってるとのことなので、帰りに行くことにした。

8時近くが終演だったので、その後急いでお店に行ったら、すんなり入れました。


ミックスフルーツのパンケーキ








フルーツたっぷりでおいしかったです。


いい音楽を聞いて、おいしいものを食べて、幸せな土曜日でした。

新宿に行ったついでに買った物

February 05 [Sun], 2017, 23:21

新宿のバルト9に映画を見に行くまえに、伊勢丹で「しやがれ」で相葉ちゃんが食べた京都のみたらし団子を売ってると知り、ついでに買いに行くことにした。


伊勢丹の地下は、チョコレートを買う人でごった返していました。
どこのお店もすごい行列だった。




お目当てのお店を探して、並んでるかな〜と思っていたら、やっぱり並んでた。


映画の上映時間まで30分くらいあったから、大丈夫かと並んだんだけど、かなりギリギリでした。









とりあえず無事にGET。


家で電子レンジでチンして食べました。
おいしかったです。




映画は、そうとうギリギリに駆け込みました。なんとか間に合ってよかった。






映画が終わってから、新大久保に移動して、このお菓子を買ってきた。








韓国ロッテのガトーホワイト。
マジでおいしいです、これ。


ソウル市場で買ったんだけど、12月の時より値上げされてて、1個380円だった。
抹茶味があったので買ってみたんだけど、480円だった。
他のお店で抹茶味が、380円とか350円とかあって、失敗したな。




差入れにしようと思って、大量購入してきました。
喜んでくれるといいなぁ。


自宅用も、当然買ってきました。




7時過ぎくらいに新大久保にいて、お腹空いてて、すごく何か食べたかったけど、さすがに1人でお店に入る気になれず、空腹を抱えて、このお菓子だけ買って帰ってきました。


娘と一緒に行けばよかったなと思ったのでした。



キセキ あの日のソビト

February 05 [Sun], 2017, 0:36
GReeeeNのキセキをモチーフにした映画を見てきました。

東宝系の映画館でやってると思っていたら、東映系なんですね。
渋谷の東映は映画館がしょぼかった記憶があるので、新宿のバルト9に行ってきました。






【出演】
松坂桃李
菅田将暉
横浜流星、成田凌、杉野遥亮、
忽那汐里、平祐奈
早織、奥野瑛太
野間口徹
麻生祐未
小林薫


音楽絡みの映画は、映画館で見ようかなと思っている。

なかなかおもしろかったです。
桃李君が、けっこうたくさん歌ってておどろいた。
イケメンだったわ〜。
ちょっとむさくるしい感じも、セクシーだった(笑)

菅田ちゃんは、弟キャラをかわいく演じてましたね。
「兄ちゃん」って呼ぶのがかわいかった。
歌番組でも見たけど、歌うまいね。

父親がいまどきあんな父親いるのかな〜って思ったけど、実話なんですかね。


桃李君と菅田ちゃんのW主演っていうのが、よくわかる内容でした。

自分の才能に見切りをつけて、縁の下の力持ちになろうとするお兄ちゃん。
でも音楽には真剣に向き合いたいんだよね。
遊びではなく・・

ラジオの投書を聞いて涙ぐむ姿に、グッときました。

少し前までは、普通のお家の普通の大学生だったんだよねっていう日常がさりげなくて、よかったです。

GReeeeNは、ポピュラーな曲しか知らないけど、もっと聴いてみたくなりました。


映画館はそこそこいっぱいで、カップルか若い女の子の2人連れが多かった。
その中で、おばさん一人は少し恥ずかしかったわ




パンフ買ってきた。




「Endless SHOCK」2月3日ソワレ

February 04 [Sat], 2017, 23:08
1日から始まった2017年の「Endless SHOCK」を観に行ってきました。
マイ初日です。

帝劇前で写真撮りまくり










リボンフライング



夢幻



階段落ち



お祝いのお花がたくさん




この日を迎えるまでのチケット取りが、毎年毎年大変なんだけど、今年も大変だったよー!
娘の名義で入っていたKinKiのファンクラブにSHOCKのチケット取るために私も加入した。
ファンクラブ枠で4公演、Jr.情報局枠で2公演、ヤラッチ枠で2公演の合計8公演を2人分振り込みしたら20万円超えました
KinKiのファンクラブ枠で2公演くらいは当たらないかと思っていたんだけど、1公演しか当たらなかった
千秋楽の申し込みもしてたから、1勝8敗なんだよね。
手数料だけで3000円以上飛びました。

東宝のはがきも外れ、抽選申し込みのカード枠も外れた。
1月のとある日曜日、電話申し込みの日に1日中朝から電話かけ続けて、やっと手に入れることができました。

その後、ダメ元で申し込んだところで当たったりして、5公演行けることになりました。
2月3回、3月2回。
とりあえず、生きていけるかな(笑)


仕事が忙しくなってきていて、残業も始まっているんだけど、定時に帰っていたら、帝劇6時開演は間に合わないので、早退させてもらって向かいました。
土日狙いにするから、なおさら当たらないんだよね〜。


キャスト

堂本光一
屋良朝幸

福田悠太・松崎祐介

浜中文一・寺西拓人・松田元太・松倉海斗

松浦雅

前田美波里


なるべく開幕してすぐに見たくて、この日を取りました。
2階S席G列サブセンター
2階のS席は初めて座った。
全体も見れるし、フライングもきれいに見えてよかったです。
もう少しセンター寄りだと、なおいいけど(贅沢です)


もう何回も見ているし、家でも2013年のDVDを何回見たか・・・って感じなので、セリフも場面展開もほとんどわかっていても、だからなおさら感動するのかな。

1幕冒頭の仲のいいカンパニーの歌やダンスはウキウキする。
これがだんだん亀裂が入って行っちゃうんだと思うと、少し切なくなりながら見るんだよね。
ソリタリが始まると、大好きなんだけど、「あぁ、もうソリタリかぁ」って思う。

殺陣のシーンがかなり変わっていて、ますますかっこよくなってました。

2幕のシェイクスピアは、ヤラがかわいそうで、かわいそうで、胸が締め付けられる。
あんな悪夢を毎晩見てたら、憔悴しきっちゃうよなって思うし、確かにあの悪夢は見そうだよなって思える。
すごくうまくできているよなぁって、感心します。

フライングも階段落ちもすごいんだけど、私が一番好きなのはダンスなんだ。
ダンスシーンは、本当に鳥肌立つほど、すてきです。

「Higher」のダンスもめちゃくちゃかっこいいから、ダンスに目が釘付けなんだけど、娘が「Higher」の歌詞がすごいみたいだって言いだして、確かにただの歌じゃなくて、ヤラに対して歌ってるんだね。
気づきませんでしたわ〜
ただただ「かっこいい」って思って見ておりました。


「CONTINUE」が変わっていました。
2014年から、他の役の人の曲をかぶせる感じになっていて、最初違和感あったけど、去年、ヤラだけがコウイチに気が付くっていう演出に気がついてから、泣けるポイントになっていたので、もうあの感じが味わえないのはちょっとさみしい。
20017年版でも、ヤラだけがコウイチに気が付く演出はあって、歌に厚みが増してて、すてきなんですけどね。
2014年〜2016年のDVDが出ていないので、もう見れないのがさみしいだけなんですけどね。
エマリカや、まゆこリカの映像も残してほしかったな。
そしてCD出してください。


ジュニアの子達もがんばってました。
ダンスはさすがだよね。

コウイチ、ヤラ、ザキさん、フクちゃん、ジュニアの子たちと、あちこち見ないといけないので、眼がたりませ〜ん。


いつ、何度見ても大満足の舞台です。
幸せをかみしめてきました。


ステフォがまだ出ていないので、パンフとカードセットだけ買ってきました。





「SHOCK」は娘と2人で観に行きます。
チケット代は、私が2人分出してる(いいお母さんだよね〜)
パンフは娘に買ってもらった。それくらいいいよね。

開演前は、だいたい丸亀製麺のうどんにお世話になります。

金曜日だったので、国際ビルのオイスターバーで乾杯してきました。







娘とスパークリングワイン飲みながら、「SHOCK」談義するのは幸せですね

2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏
読者になる
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chaopon/index1_0.rdf