そういえば・・・ 

December 12 [Tue], 2006, 23:52
ココの所すっかり忘れていましたが
クーちゃん御年1才と1ヶ月。ヒートがまだ来てません。
無出血で気付かなかったのかも・・とも思いましたが
おっぱいが全然変化なく、子犬のようにつるつるしてるので
やっぱりまだ来ていない気がする。
1才過ぎちゃったからなぁ・・病院で相談するべきなんだろうな。
最近サークル内でのトイレの失敗が続いたので
もしかしたらそろそろなのかなとも思うけど。
健康診断かねて行ってくるかな。


今日ジョーカーに行ったので
2匹へのお土産にサンタ帽を2つ買ってきました。
予想通りかなり迷惑そうに被ってましたよw
それぞれ撮りましたが、
クーちゃんは帽子が嫌すぎて固まってしまいずっと下向いたまま・・。
結局1枚もいい写真が撮れませんでした。
なんか悪い事した気分だわ〜
こういうただただ飼い主の自己満足で終る買い物が
積もり積もってすごい量になってきた気がします。
ちと反省しよう。

飼い主とのつき合いがクオレより長い分
嫌でもなんとか頑張れるステラ↓
いい顔すれば早く終る事を知ってるらしい

ドッグスリング 

December 11 [Mon], 2006, 23:40
買ってみました!

ドッグスリングです。
クオレがキャリーバッグ嫌いなので
この「抱っこ感覚」がウリのドッグスリングには前々から興味深々でした。
これ買って大正解!
ホントに抱っこ感覚みたいでクオレが全然震えません。
それと肩の部分が広いので、2匹入れても
痛くないのはもちろん重さもたいして感じない。
秋冬バージョンなのでフリース生地でできているのですが、
肩から背中がポカポカしてきて、
これも私にとっては嬉しい限り。
良い買い物したな〜(*^_^*)

ステラです(携帯画像)

毛が伸びてきて、ハムスターが頬張っているような口周りになってますw

知っていましたか? 

November 30 [Thu], 2006, 23:59
2006年8月に三重県のある繁殖場が崩壊しました。
飼育放棄されたような環境で、糞尿にまみれ、
痒さと痛みと寂しさに耐えながら
暗く蒸し暑い部屋でただただ生きていた53匹の犬達。

真実を伝える為に (注:Flashです。音がでます)
(上手く見られない方はVOVホームページよりFlashプレーヤーを取得して下さい。)

↑その時のレスキューのレポートをFlashで伝えるサイトです。
怖いと思われる方がいるかもしれません。
気持ち悪いと思う方がいるかもしれません。
でもペット業界の裏側にこういう現実があるということを
この機会にぜひ知ってください。

信じがたい話ですが、これは氷山の一角で
劣悪な繁殖場は他にもたくさんあるそうです。

ペットショップに居る可愛い子犬達のなかには
このような劣悪な環境で産まれ
2ヶ月にも満たないうちに親と引き離され、
箱詰めにされてセリにかけられた後
ショップの狭いケースに商品として並べられている子がたくさん居ます。
儲かれば儲かるほど
親犬達は絶え間なく妊娠させられ子を産まされ続けます。
楽しい事も甘えさせてもらえる事もなく、狭いケージの中で
ただ子を産む為だけに生かされます。産めなくなるまで。
私達一般の飼い主や、これから犬を飼う人は
ほとんどがこういう事実を知らないでいると思います。
でも知らないとはいえ、
知識なく簡単にペットショップで犬を購入する事が
こういった虐待行為に加担してる事になり、
悪徳な繁殖屋の手助けをしている事になります。

もちろん、犬を愛し理解し、真剣にブリーディングされてる方や
良いショップだってあります。
飼い主側がそれを見極める目と知識を持つ事、
これから10〜20年共に暮らすであろう新しい家族の為に
勉強しようとする気持ちと努力が
とても大事な事だと思います。

まあるくいきたい

こちらはこのレスキューに参加されたまあるさんのサイトです。
愛情に溢れたとても優しいブログです。
助け出された53匹の犬達は、ほとんどの子に里親さんが見つかり
残すところあと1匹だそうです。

こういう事って気持ちがあっても
実際にはなかなかできる事ではないですよね。
ホントにすごいと思う・・。

お! 

November 29 [Wed], 2006, 23:52
ヤプログに新機能が追加されたようです〜☆
ステクオの過去画像でちょっとお試し。

クオレ


ステラ




おもしろ〜いw

けっこう泣いたな・・ 

November 26 [Sun], 2006, 3:05
世の中には素晴らしいブログが色々あって、
色々考えさせられます。
うちはこんなお気楽な不定期更新のサイトだけど
素晴らしいサイトはどんどん紹介していきたいなぁ。

下の記事↓で「流行犬ばんざーい!やっほー!」みたいな事書いてるけど
別の事も考えたりしてるんですこれでも。
でも正直今は考えてるだけですね。
実際行動起こせるかといえばそうではないんだと思います。
小さな事でもできればいいなと思うけど
いったい何ができるんだろうか。
今は私が知った色んな事をリンクして広めていくとか
そんな事くらいしかおもいつかないや。

普段自分が得た情報を「広めていく」とか、
あまりこういう事思わないんだけど
今日はちょっと衝撃的な事がありまして。。

流行犬ぞくぞく。 

November 24 [Fri], 2006, 23:07
ペットブームを実感しています。
ここの所、知り合いが次々に犬を飼いだしているので。
今私の周りはパピー天国ですよ。まだ会わせてもらえないけどさ(笑)
今となっては犬を飼っていない友達の方が少ないかもしれないなぁ。

犬種はプードルだけに限らず、
やっぱり流行犬が多いかな〜。
「流行犬」という言葉、昔はその言葉の響きが嫌いだったけど、
やっぱり可愛いとか飼いやすいとか何かしらのメリットがあるから
流行るんだろうなと。
実際プードルは抜け毛・体臭が少ないというだけでもかなり飼いやすいし、
そりゃもう見た目も可愛いし、
あ〜流行犬を選んで良かった!と思えるようにまでなりましたよ(笑)
(開き直ったという見方もあるが・・)

しかし今だにカラーやサイズによって値段がべらぼうに高かったりするのは
首を傾げてしまいます。
まぁそれでも売れてしまうんだから仕方ないのかな。

流行りでもなんでも犬が一生幸せならばいいと思うけど
流行犬につきものの悲劇というか、
数年後に保健所や保護犬のサイトで
助けを求める年寄りプードルがわんさか・・なんてことにならないといいな。

助かったのはいいけど 

November 23 [Thu], 2006, 23:26
先日崖っぷちから見事助かったワンコ。
また例のごとく里親希望者が日本全国に居るらしいけど、
普通の人の手に負えるワンコなんだろうか???
今まで一度も人に飼われた事ないってアナウンサーが言ってたぞ。。
一般人に譲渡するのは
色んな意味で危険な気がしてならないんだけど、
まさか野生に返す訳ないだろうし、
この先どうなるんでしょうねぇ・・

あと、心配そうに様子を見に来てた
仲間か兄弟みたいなワンコはどうにもならないのかな。
あっちは普通に野犬として捕まって保健所行きなんだろうか。
あの崖っぷちワンコの兄弟としてマスコミが騒いでくれたら
引く手あまたなんだろうけど・・。

どう転んでも無理だけど 

November 19 [Sun], 2006, 23:12
スタンプーって素敵だなと改めて思う今日この頃。
前に「今日のワンコ」でテディカットのスタンプーが出てた時があって、
これがすごーく可愛かった!
むしろTプーよりも縫いぐるみっぽく、動いてる事が不思議に思えるほど。
スタンプーのレッドでテディカットの子を見るのが初めてだったのもあり
「何だこれー!?」って身を乗り出して「今日のワンコ」を見た思い出がありますw

実際飼ったらお手入れとかすごく大変なんだろうけど
はまるんだろうなぁ〜

大型犬は飼った事がないので
子供の頃から大型犬の居る生活というものに
憧れてる部分がかなりあります。
抱き枕になってくれちゃったりするんでしょうか〜いいな〜

何がしたいの? 

November 17 [Fri], 2006, 23:45
ステクオをサークルから出すとまずおもちゃの取り合いが始まり、
しばらくガウガウ(←うるさいのは主にステラ)遊んだあと
ステラは一匹でゆっくりおもちゃ堪能タイム。
クオレは必ず私の上に乗ってきます。
何がしたいのか私の上でずっと立ってるクオレ・・・。
言葉だと伝えにくいんだけど
座椅子に座ってる私のお腹の所に乗ってきて
手を私の鎖骨のあたりにかけ、
チークでも踊ってるような格好でずっと立ってます。
で、たまに「ねぇねぇ」とでも言いたげに片手(足?)でほっぺのあたりを
チョンチョンとつついてきたり。
じゃあ遊んでやるかとボールやぬいぐるみを投げたりする時もあるけど
喜んで取りにいくわけでもなく、(←関係ないステラが喜んでる)
そのままずーーーーーーっとチークスタイルです。
「疲れない?」というとそのままフセ。
フセと言ってもチークスタイルのまま私の胸に自分の胸をつけるという、
世にも珍しい半立ちのフセですよ。
かなり長い時間そのままなので
しまいには半立ちのままうつらうつらし始めます。
ステラは今までやったことない行動です。
単に甘えてるだけなのかな〜?
なんなんだろうこれ?

↓甘ったれ?クオレ


↓いつでもマイペースなステラ

クオレお誕生日おめでとう!いつまでも一緒だよ! 

November 13 [Mon], 2006, 22:43

クーちゃん今日で1歳になりました!
初めて会った時は病的な程にビクビクしていて
耳は耳ダニの予感がするし(汚くて臭かった)、見学前に汚れてしまったのか
お尻全体の毛だけバッサリカットされててなんだか変なバランス。
正直購入を決めて連れて帰る事をためらいました。
その時のクオレは生後3ヶ月。
兄弟はもっとずっと早くに飼い主が決まり巣立っていました。
売れ残る可能性が高い子だと思われていたのかな?
ベビーラッシュの忙しさも手伝って、
ほとんど人からかまわれていない状況だったと言われました。
とにかく人間に慣れていないし、怖くて仕方ないといった怯え方だったんです。

ブリーダーさんはお話してる感じは
物腰の柔らかいとてもいい人なんですよ。
ほっとけば何時間でもプードルの話を聞かせてくれるような感じでした。
同じ犬舎出身のプードルちゃんのサイトを色々回ってみても
なんの問題もなくやってきたと思われる、可愛い子ばかり。
悪いブリーダーなんて話はひとつも聞きません。
だからこそクオレのあの時の状態が今でも不思議でたまりません。

物扱いのような嫌な言い方ですが、
クオレのブリーダーさんから提示された金額で
ステラのブリーダーさんに子犬を頼んだら
もっともっと愛情を受けた健康そうな子犬がくるだろうなとも思ってしまい、
その場でかなり長い事考え込みました。

でも・・クオレは初めて画像を見たときから2ヶ月位ずっと気になってた子で
まさかもう居ないだろうとダメ元で問い合わせたら残ってたんですよね・・
キャンセルして他から子犬を迎えたら、
それはそれで何の問題もない楽しい生活が始まっただろうけど、
あの子どうしたかな〜って、この先ずっと気になり続ける子なんじゃないかと・・・。
そんな風に思う位ずっとずっと異常に気になってた子だったし、
人間を前にして、どうしたらいいのかわからず、
震えてキョロキョロと怯えまくる顔が強烈に焼きついてしまった。

そうなったらもう放っておけるはずはなく・・・
「コイツを幸せにできるのはオレしかいねぇ!!」みたいな、
全く根拠のない妙な正義感までむくむく湧いてきてしまい
正式に連れて帰る事を決めたのです。
行きの車中で「良い子犬の選び方っていうのは〜」と
さんざんウンチクたれてただけに旦那はそりゃもうびっくりしてました(笑)
耳はひどいわ、怯えて動かないわ、咳までするわで、
クオレはどう見ても私が言っていたマニュアル通りの良い子犬ではなかったから。

そんな不安からスタートしたクーちゃんとの生活。
彼女なりにいろ〜んな事を乗り越えて、
人間の私にはきっとわからない恐怖や不安を少しずつ克服して、
犬仲間のステラに支えられて(?)
こんなに元気に1歳の誕生日を迎える事ができました!

犬の言葉が話せたら、
クーちゃんうちの子になってくれてありがとう!
ずっとずっと私達がクーの家族だからね!としっかりガッチリ伝えたい。


余談ですが・・・・・

実は人間用のケーキも買ってしまいました〜。ちっこいやつを家族分。
ここ毎日ケーキの事ばっかり考えていたから
食べなきゃ収まりがつかない位無性に食べたくなってしまって(笑)

写真用(ネタ用?)に欲しかっただけなんだけど、
「お誕生日のプレートを名前入りで欲しいんですけどっ」って言うの恥ずかしかった〜
ケーキよりプレートの方がでかいんだもんw