目的論 

September 17 [Sun], 2017, 21:38

今日も一日、チャンリンシャン。
気が付くと九月、長月。
季節も秋の匂い。

後半の道のりは、険しさより、吸収することの大きさを知る。
あと二週間で、どれだけ吸収できるか。
もの凄く、奥深い世界です。
しかし、そこにある技術は必ず習得できるもの。
できないものは、人から滲み出る「格」のみ。

技術、経験、知識は大切ですが、そこから得られる「格」は年月では得られない。
どんなに熟練でも、格が低い人はそれなり。
格が高い人は、滲み出るものがある。

今日の言葉、『目的論』。

アドラーは「目的が自分の人生をつくっている」と話す。
景色を変えられるのは自分だ。
それはわかっている。
ただ、少しだけ、落ち込んでしまう日々もある。

もっと焦点化して、的を絞っていく必要があるかな。
今のままでは、他と同じ動きだ。
そして、品格が高い人と関わろう。
厳しいだろうが、そうしよう。
人と触れ合う大切な仕事であれば尚更。

登山は、登頂までの途中。
先は見えているが、まだわからない。
そういう世界です。

ただ、少しだけ、落ち込んでしまう日々もある。
登山は、一進一退。

馬鹿と、難儀と、前進と 

August 06 [Sun], 2017, 11:20

今日も一日チャンリンシャン。
葉月も早くも六日。
足早に時間は過ぎていくもの。

こうやって人生も足早に。
気がついたら、死の床についているのかもしれません。
この一文について、positiveと捉えるか、negativeと捉えるかは人それぞれ。
私はpositiveに捉えています。

某回復期。
いろいろな疾患を持った人たちが多いです。
様々な病状についてはここで取り上げることはしませんが。
いつか人は倒れるもの。
リハビリして再び歩き出す人もいますが、その際にも人生観は変わっていると思います。

生きているって有限で一回限り。
やはりそこで何をしたかによると感じます。
世の中に何かしたことがすべてではないと思います。
身近の人たちに何かをしたかも含め、人生を満足して生きたと思うかどうか。

少し大局的に。
世界を含む情勢も含めて、利己的になり過ぎている。西も東も。
人や動物たち、植物、環境、地球などへの恩恵が消え去り、利己的なために一国のリーダーが自滅へと導いていると感じざるを得ない。まるで第一次世界大戦前の様相。
こんな小さな地球なのに、まだやるのかという情けないものです。

そういう大局を感じながら、人々が病を抱え倒れていく。
そして、病院というところで回復のために一生懸命に生きようとする。
生きるということは、なんでしょうね。

広島の原爆のように、ボタン一つで多くのシアワセが奪われる。
対岸のリーダーは東アジアの戦争を表明しているけれど、そんな簡単に「戦争」という言葉を発するのかと思うと子どもの喧嘩のよう。品格なし。

私は限られた人生であるならば、人として前進したい。
馬鹿なので、前進したい。
だからと言って、誰かを蹴落として優位に立とうとは思わない。
馬鹿なので、納得がいく景色を見るために、難儀な道も行こうかと思う。

今日の言葉、『馬鹿と、難儀と、前進と』。

来年は、その難儀な道を選択しよう。
そういう道が開いてほしい。
来年の今頃は前進するために難儀をさせてほしい。
格が高い人と、格を求められる環境で、難儀をしよう。

そういう葉月の今日この頃。
広島の原爆の日。
今、私ができることは、人として前進することかな。

今日もチャンリンシャンしていきましょう。

旅というもの 

July 12 [Wed], 2017, 21:22

今日も一日、チャンリンシャン。
文月も中旬に入りましたね。
月日は濃厚に過ぎていくのか、無常に過ぎてくのか。

今日の言葉、『旅というもの』。

旅というもの。
何が待ち受けているかは分からない。
何も保障もないし、いつ終わるかはわからない。
そして、いつかはじまりがあることもある。
人と出会い、人と別れ、その意味を感じる。
それが旅というもの。

それを選択したのだろう。
何も保障のない明日を選んだのだろう。
だから面白いという人もいる。
だから楽しいという人もいる。

でも、旅は簡単ではない。
孤独なものです。
何もなければ、ただの瘋癲。
「瘋癲」を調べれば、精神疾患。

ポジィティブであれば世界は広がり。
ネガティブであれば明日はない。
旅をする覚悟は普通ではないね。

旅は縁。
旅は時の流れ。
気を引き締めて、自ら浄化するべし。
滑落は油断から生まれる。
とにかく、一歩一歩、進むことから。

そんな文月の戸惑い、というか、迷いというか、旅の苦しさ。
心を鍛えてなんぼ。
粛々と、チャンリンシャンして。


摂生 

June 19 [Mon], 2017, 14:36

今日も一日、チャンリンシャン。
猛烈な梅雨。沖縄。
重たい天気に心も重たい。
そんな今日この頃。

今日の言葉、『摂生』。

この言葉が最近は浮かびます。
「摂生すること」を体が求めているのかもしれません。
幸い、頂いた玄米もありがたく。
カラダの無理はよくない。
摂生と浄化が必要であります。

今日は用心して休日にしました。
インターバルな感覚。
そして、ビタミン補給を堪らず。

現在、私は登山の山場。
前半戦の終盤。
なかなか重たく、険しい道のりです。

精神世界の分野は海のようですね。
藍色の波と白波が荒々しくみえます。
そこで人は等しいと知る。
誰でも通じるから。
精神世界の荒波にのまれ苦しんでいる人たちも多々。
私はそういう世界を見ています。
誰でもできない貴重な経験。

また、来月の下旬からは後半戦が始まる。
どんな世界が待ち構えているのか。
楽しみというより、不安と期待かな。
間違いないって思えるものに会いたいですね。

5000m級の頂上までは、まだまだ遥か。
4000mまでの道のりは、とても重要なポイント。
前半戦、後半戦、最後の難関と目白押し。
すべてをクリアしないと4000mに辿り着けない。
滑落した人も多々あると聞く。



余計なことを考えずに、一歩一歩だな。
チャンリンシャンして、前進しよう。

虎馬 

May 27 [Sat], 2017, 6:55

今日も一日、チャンリンシャン。
勝手に梅雨明け宣言。沖縄。
雨は降っても夏雨。
空梅雨の今年は水不足。

最近、ガンジーが浮かぶ。
南アフリカの人種差別の荒波。
インドの独立のためにイギリスと無抵抗で成し遂げた偉業。
なぜ行動できたのか、その情熱はどこからきたのか。
そして、精神的に崩れそうになったりしなかったのか。

今日の言葉、『虎馬』。

ヤスコと関わる人たちは豊かになってほしい。
人であろうと企業であろうと、そうゆう思いで今までやってきた。
そして、関わる人たちは、少なからず豊かに前進したと感じる。
私という因子が、関わる人たちに善循環に働ければ良し。
評価は、私の行動が鏡のように相手に映るから。
企業であれば数字と実績、関わる業者を豊かになっているという鏡。

南への旅の途中、短い間。
ここで関わっている人たちを少しでも前進させたい。
強くそう思っているのだが、関わるごとに自分の人生をフィードバックしてしまう。

どうしても、5年前かな。虎馬。
数々の企業とそこで働く人たちを豊かになれば、最大の福祉だ。
そういう思いで、ある企業を信用して、今までお世話になった企業から飛び出した。
そして、僅か一カ月もたたないうちに、信用していた人が裏切り、深く悲しい思いをした。
深い傷がある。それが虎馬。

今、一人ひとりの人生をできるだけ前向きにしたいという思いで関わっている。
だけれど、精神の傷が深い人たちと向き合うと虎馬がはたらく。
だから、ガンジーを考えるのでしょう。

私は人を傷つけるようなブラックな企業や人たちとは働かない。
幸い、短い間だけど素晴らしい人たちの支援を受けて、一人の人生を前進させることができそうだ。
前進しようと思うかはその人の心の舵取り。
私の時間は限られているが、その限られた関わりの中で、豊かな方向に舵が向かえばいい。

深く考えるほど、虎馬がはたらく。
矛盾しているが、虎馬を斬りに行きたい。
清算したいという思い。
それをしたからと言って、また大きな虎馬が生まれる。
そういう厄介と向き合うのが人生なのかもしれない。
私が向き合っている人たちも、私と同様に虎馬と戦っているのだ。

失ったものは取り戻せない。
だけれど、未来はこれから。
限られた人生、未来をどうつくるか。
過去の渦と未来の潮流の狭間。
舵をしっかり握ること。
精神の世界は海のように深い。

志高く 

May 13 [Sat], 2017, 11:04

今日も一日、チャンリンシャン。
梅雨入り沖縄。一発目から雷雨。
ダムの貯水率も上がるでしょう。
自然の営み。
梅雨を楽しむということ。

今日の言葉、『志高く』。

5月に入って、流れが変わってきたようだ。
ヘッドスパで洗い流して以来、風通しが良くなった気の流れ。
そこに濃厚な一週間がはじまって、鏡のように改善することが映る。

沢山の自らの長所でもあり、短所で一喜一憂する中、ファーストリテイリングの柳井正からのYou Tubeで、喝が入った。
実に良いタイミングに来るものです。

仕事というのは、自分を発見する。自分を開発する。
一人前は、どこでも生きていける。
すべてが結果、成果を出す。
それも大きな成果であること。
(柳井正)


拳骨のように響きました。
分かっているようで、堕落している自分自身が情けない。
前進しているようで、気がついたら、仕事=給料という構図が染みついている。

何のために、法人を辞めたか。
何のために、今の道を選んだのか。

痛烈に心を突き動かされた。
そして、極め付けが、孫正義の言葉

「目先の現実を踏まえて」とか言っている人ほど、現実の世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多い。
現実が厳しいからこそ、自分の夢を、自分の人生に対するビジョンをしっかりと持つべき。志高く。
(孫正義)


脳殺でした。
脳の回路が変わった瞬間でした。
何度か、見ているけれど、やっぱり刺激される。

志を模索したのが2010年。
あれから7年。
向かっている船は南へ。
「一人ひとりを元気に温かい要素の一人になること」
それを核に動いているのだから、もっと煮詰めよう。
志高く。志高く。
人生は一度きりだから。
この船の質を良くし、大きくして、関わる人たちを豊かにする。

そんな皐月の梅雨入り。
厳しいからこそ、真剣に前進しよう。
チャンリンシャンしながら。

真剣になっても深刻になるな 

May 07 [Sun], 2017, 12:29

今日も一日、、チャンリンシャン。
2月から更新していないチャンリンシャン。
しかも、『劣等感』という重いタイトル。
今年の初旬は、深刻になりすぎたのかもな。

今日の言葉、『真剣になっても、深刻になるな』。


5月に入り、カラダが稼働しない。
いや、4月の中旬からかな。
モチベーションの減退。
何をやっても前進していない感覚。
5月に入り、友人がいるスパに行き、2年ぶりの岩盤浴とヘッドスパ。
岩盤では心身からのデトックスが豪排出。
そして、ヘッドスパでは、中枢神経が亢進していたのか、シナプスが整う。

友人から、最後に頂いた言葉が、心に響く。
「真剣になっても、深刻になるな」。
何よりも、この言葉を聞きにここへ来たのでしょう。

登山が4年目。
3000mを越えたところで疲労困憊。
登ることに嫌気がさしていたのかも。
それは、深刻になっていたから。
たぶん、そうでしょう。
登頂へは来年の3月予定だけれど、その道のりは険しく、不安もあり、そして、かなり苦しい。
それまでの道のりを果たして、持つだろうかというモチベーション。
しかし、船は確実に南にあり、向かうところは間違いない。
だからこそ、深刻になったのかも。
ここで滑落したらと。

だけれど、スパで全てを流して、リセットすると、不思議と楽なものだ。
やれるだけ前進して、たとえ滑落したとしても、悔いがないように、一歩一歩、足を進めるだけ。
登頂への道。
そして、実践への道。
まだ2000mもある。あと2年だね。
山に登ったら、降りないといけないから。

やりたいことは盛りだくさん。
緩和ケアへの扉を開きたいし、挑戦も続けたい。
だから、今は真剣に行くべきなんだ。

竹村亜希子先生の易経が、自分を確認している。
自分が感じている感覚と、易経が捉える感覚。
そして、原因と結果の法則。
「陰を極める」ということ。
陽に転じる時があるから、その時の準備と熟成であることをしっかりと胸に置こう。

かつての行動的な自分が身をひそめて5,6年あまり。
その時が来るまで、粛々とあること。

そんな感じで、五月もチャンリンシャンしていきましょう。

劣等感 

February 26 [Sun], 2017, 0:26

今日も一日チャンリンシャン。
BAR YASUKO。
Miles Davisがカラダに馴染む。
この流れを感じながら、生きれたら何より。

To be human means to feel inferior.
「人間であるということは、劣等感を持っているということである。」

*アルフレッド・アドラー*

今日の言葉、『劣等感』。

過去は変えられない。
現在を踏まえて、未来をどう創るか。

もの凄く、劣等感を持っている。
たぶん、今の現状は9割が考えられないでしょう。
その1割を生きているという劣等感。
あの時々の判断を悔んだり、それは自らの選択。

目標がある限り、劣等感があることは当然なのだ。
劣等感を抱くことは不健全ではない。
劣等感をどう扱うかが問われているのだ。

*アルフレッド・アドラー*

いつも、こんな時に心に浮かぶのはガンジー。そして、キング牧師。
この人の生き様は支えだ。
あえて、そういう行動をとる。
この「あえて」じゃなく、「必然に」。

とにかく、今をしっかり進もう。
あるがままに受け入れる。
ほんとうに心身、鍛えられている気がする。

Jazzのリズムで生きることが目標である限り、超越。
チャンリンシャンしていきしまょう。

背水の陣 

February 21 [Tue], 2017, 22:28

今日も一日チャンリンシャン。42歳。
誕生から42年目って考えると長いね。
生まれた年月に比べ、あまりにも未熟である。

今日の言葉、『背水の陣』。

来年の今頃は、勝負ができているかはわからないが、あと2回のポイントを抜けたら勝負。
42歳は戦いの歳になりそう。
そのつもりで、今日を迎えるが、戦さである。

どのようなカタチでも、勝ちにいこう。
絶対に負けない。この山を登りきる。
真の背水の陣。やるしかないのだから。

NAHA-MARATHONで言えば、糸満ロータリー付近で、残り時間、1時間っていうところかな。
あきらめたら、終わりだけれど、足が動かない。気持ちで走れない。
そんな状況的な誕生日。

戦おう。戦おう。絶対に勝つ。
そんな気持ちが上がる誕生日。

いずれにしても、チャンリンシャンしつつ。

すべてあなたが決めたこと 

February 18 [Sat], 2017, 15:18

今日も一日、チャンリンシャン。
春日和。南風が春。

旅は、精神科領域への半月の滞在。
とても深く、「生きているということは何か」を考えさせられる日々でした。
人とのコミュニケーションを取らず、精神の病と人生を共にしている方と向き合ってみました。
しかし、そういう人でも、人の温かさを求めていることは深層にある。
それを見逃さないのが、私の目指しているものです。
半月という短い間でも、成果を出していきます。

日の言葉、『すべてあなたが決めたこと』。

カテゴリに「アルフレッド・アドラー」を追加して、心理学を勉強してみようと思いました。
3年前に買った本を読み返す。

人生が困難なのではない。
あなたが人生を困難にしているのだ。
人生は、きわめてシンプルである。

*アルフレッド・アドラー*

哲学者のジェームス・アレンと通じるものがある。
しかし、捉えていることは、若干異なる。
フロイトは人間の過去によって蓄積されたものによって、突き動かされるものだといっている。
ジェームス・アレンは「原因と結果の法則」にて、原因があるから、避けることのできない結果が生じる。
種を撒いたら、それを刈り取らなければならない。
しかし、アドラーは、遺伝子や育て方などの「原因」により、行動が規定されるのではなく、人は未来への「目的」により行動を自分で決めているのだという。
自分の意思で、いつでも自分を変えることができる。
「目的論」と「自己決定論」を唱えた。

ヤスコは、この3人の考え方は全部繋がっていると思う。
「三つ子の魂百まで」というように、育て方は必ず、個人に影響する。
そして、その育っていく過程において、文化や環境からの影響もある。
マズローのいう欲求五段階説を踏まえていると思う。
自らの意志を持った時に、自分の立ち位置を意識し、否定し、修正し、考える力がついてくる。
失敗も成功も、自らの意志決定により、行われると感じる。
ジェームス・アレンのいう「原因と結果の法則」を知りつつ、アドラーを用いれば、未来は自分でつくるものと感じると考えることができる。
未来について目的を持っていても、達成できないものは現在の原因に目を向けることが必要であり、過去においても、取り除く必要があるものもある。

過去と現在、未来は一体である。 *ヤスコ*

人間は自分の人生を描く画家である。
あなたをつくったのはあなた。
これからの人生を決めるものもあなた。

*アルフレッド・アドラー*

人生はartであるから、自由に描けばいいと思う。
生きているという制限の中で、如何に納得する人生を生きるかだと思う。

最後に、一つ。

「やる気がなくなった」のではない。
「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。
「変われない」のではない。
「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

*アルフレッド・アドラー*

変わるということは、エネルギーが必要で、その負荷を嫌と思うか、良しと思うか。
そして、変わるという扉を開ければ、自らの責任において進むことになる。
変わると決めたら、変わったと自覚するまで、ひたすら進むことだと思う。
途中で、あきらめたら、後悔というものがついてくる。
だけれど、それが失敗ではなく、そこからまたはじまるものであると思う。

ヤスコも長い長い旅に出ている。
アルフレッド・アドラーを再び読みつつ、日々の航行を考え、羅針盤を手に舵を握っている。
変わるという旅の途中。
すべてあなたが決めたこと。
どのような状況になっても、豊かで、受容しよう。

以前に比べ、明らかに、ここは南にある。
もう一歩前に進もう。

今日も一日チャンリンシャンしましょう。

”引用” アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 ダイヤモンド社


2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヤースー
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤスコ
読者になる
「ちゃん」と。。。
「凛」と。。。
「しゃん」と。。。

そんな日々であってほしい。
ゆんたく
アイコン画像kan_kan
» 目的論 (2017年09月17日)
アイコン画像ヤスコ⇒kan_kan
» 摂生 (2017年06月25日)
アイコン画像kan_kan
» 摂生 (2017年06月20日)
アイコン画像ヤスコ⇒kan_kan
» 真剣になっても深刻になるな (2017年05月07日)
アイコン画像kan_kan
» 真剣になっても深刻になるな (2017年05月07日)
今までの言葉