渋井真帆の日経新聞読みこなし隊 

July 02 [Mon], 2007, 23:47
今、密かにはまり、尊敬している女性。
渋井真帆さんの本。

経済を「女性のために」分かりやすくした本を書いたり、
セミナーを開いたりしている方で、銀座の有隣堂で特集されているのを
見かけてから少しずつ色んな本を読んでいます。

今日読んだのは、日経新聞をどう読んだらいいか、という解説本。
日経新聞で同タイトルのセミナーを開いているようです。

この本のポイントは
経済を@国 A企業 B個人 として見た時に、
各それぞれの『欲望』がどのように発生し、どのような影響を与え合い、
そしてどうなっていくのかを読み取ろう!
という部分にあります。

とても深い内容!!とは言えませんが、日経新聞入門本としてはいいです。

何に焦点を合わせ、情報をリンクさせ、自分のものにしていくか。
新聞は情報で溢れているからこそ、読む力が求められているのでしょうね。

明日から違う視点で新聞を読もうと思うわけです♪
渋井さんの本は、初心者には受け入れられやすい本が多いです。
また他の本を紹介しまーす。

レバレッジ時間術 

June 07 [Thu], 2007, 23:21
久しぶりのブログ…。
仕事が忙しくて全然転職活動をしておりません。
応募しようと意気込んでいた企業の募集も終わり、無駄に時間が過ぎていく日々。

時間ってなんでこーも無駄に流れるの?と落ち込む私に、
なんだかヒントをくれそうな本に出会いました。

またもや、上司に借りた本。
その名も『レバレッジ時間術』。

レバレッジとは、てこの原理のことだそうです。
だから、レバレッジ時間術とは、時間にてこをかけること。
すなわち、少ない時間で成果を挙げること。

「成果」をあげるために、いかに効率化を図っていくか。を説いた本です。


まず基本の考え方として、「時間も、お金と同じ」として考える。
つまりTime is Money→Time=Money。
時間とお金を全くイコールとして考える。
だから、投資もできるし、無駄遣いもできる。というのが、筆者の考え方なんですね。

ここで目からウロコなのは、
時間も投資ができる→増やすことができる!!!という部分です。
誰にでも平等のはずの時間。
それを増やすことができるなんて・・・!!!

なんだか画期的な感じがしますよね?
では、どうやって時間を増やすのか!?


それが書かれた本です!
今、レバレッジ読書術などが売れている売れっ子さんのようですね。


女子大生会計士の事件簿 

May 18 [Fri], 2007, 0:34
経理課長に借りた本。

最近、競合他社の決算書を読んだり(読まされたり)、社内の監査資料を読んだり(読まされたり)していたので、会計の知識が必要だな〜と感じまして。
「わかりやすくて、初心者向きのないでしょうか?」
と、税理士資格の取得を目指す、新婚課長に聞いたわけです。

そうしたら、渡されたのがコレ。
今やベストセラー作家?の公認会計士山田真哉さんの本です。
『さおだけやはなぜ潰れないのか?』で有名になりましたね。
さおだけ〜は私も既読で、商学部を卒業しつつ、全く会計の知識のない私でも理解できる、とても読みやすい本でした。

さて、この本の主題。
それは、『公認会計士のお仕事とは?』です。

何度も言いますが、私は商学部卒。
一応、公認会計士もそれなりに輩出している大学の。
しかし、私は簿記しか会計科目はとっておらず、B/LもP/Lも名前しか知らないレベルです。
(これを聞いたら、親は泣くだろうな…苦笑)

そんなレベルの人間にとって、公認会計士って何やってるのさ?
と疑問に思うことも多々あるはずです。
(そもそも公認会計士について、考えたこともほとんどない)
そんな世の中の人々に、公認会計士の仕事を教えてくれるのが、この本。

エピソードごとに色々な会計知識に触れており、かなりわかりやすく書いてあります。
裏金の作り方などは、中々勉強になりました。(なんのだっ?)
粉飾についても触れていますし、タイムリーな話題も豊富です。

ライブドア事件など、「会計」に関する事件はよくニュースになります。
難しい単語が並び、なぜホリエモンが重罪人なのか、よく分かっていない方々もいるはず。
「会計」に関しては全く知識がないよりは、あった方がいいのです。

ただ。
うちの監査資料や、他社の決算書から何かを得るまでは、成長できませんでした(笑)
もう少し会計関係の本や読んでみようと思います。

レッドブルーエナジードリンクとは? 

May 16 [Wed], 2007, 17:13
営業で行った船橋駅前で配っていた「翼をさずける」ドリンク。
CMは何度か見かけてたけど、得体の知れない飲み物としてしかインプットされていなかったので、すかさず貰いました。

試しに飲んでみよー!!

手を出すと、おねーさんがにっこりと手渡し。
それでサヨナラかと思いきや、おねーさんは私の後を付いてくる。
「このドリンクはエネルギーを与えてくれるドリンクで、お仕事前に冷やして飲むと集中力が高まり…」
と、早口で解説。
ちょっとビックリしながらも、この販促活動はわりと効果的なのではと感心しました。

エナジードリンクという名前は付いているものの、さっきまで、私はこの飲み物については全く得体のしれないもの、という認識でした。
それが今では集中力を高めるもの、仕事前に飲むものという情報を得て、「どんな」と「どんな場面で」の2つが埋まったわけです。
もっと深めれば、「誰が」飲むものなのかもわかります。
(集中力を高める必要がある人)

あとは味さえまずくなければ、私はリピーターになるでしょう。

そして、おねーさんが人によって言い方を変えていれば、あの販促活動は効果的なものとなるのでしょう。

TOEIC 

May 13 [Sun], 2007, 21:47
今日はTOEIC受験と新宿高島屋で買い物。

TOEICなんて久しぶりで、そもそもテストを受けるという行為自体が
久しぶりすぎて、ついつい受験票忘れちゃいました。
反省。

結果は多分芳しくないだろーな。
リスニングはともかく、リーディングはフィーリングだし…。

そのあと、新装開店の高島屋へ。
人でいっぱいだったんだけど、なかなか楽しかった♪
前は高級だけどつまらない商品ばかりだったけど
今回の高島屋は正になんでも揃うデパートの王道。
しかも高級感はアップしてるから居心地のいい空間でした♪

フォションでお茶して、ちょっと可愛らしい気持ちになりました!

ドコモ2.0 

May 10 [Thu], 2007, 21:10
日経や山手線に大々的な広告をうってますね。

ドコモ2.0

何が進化したのかイマイチ掴めませんが
個人的には結構好きな広告の出し方。

さて、そろそろ反撃してもいいですか?


駅にいた高校生は
意味わかんねーよ
うちの上司は
反撃できねーよ

と、なかなか厳しい意見が多いんですが、
広告として結構好き。

でもドコモユーザーだけどドコモは嫌い。

やりたいこと 

May 10 [Thu], 2007, 20:55
やりたいことってなに?
マーケティング。
なんで?
うーん…。情報を組み立てものを売るという仕事に興味があるから…?
なんで興味があるの?
小さい頃からアナウンサーになりたいとか情報を扱いたいと思っていた。

情報を得て、分析するのが好き。
過程をたてて実行してみるのが好き。


やりたいこと、本気で考えてみる。

恵比寿で買い物♪ 

May 09 [Wed], 2007, 21:33
明日、アメリカから友達来日。
何泊かするので必要なものを買いに恵比寿へ♪

仕事を8時台に上がる事なんてめったにないから
ちょっとドキドキしてしまった…。
でも、早く帰れって言われてるからいいよねっ(ヤケ)

やー、恵比寿は混んでますね。
仕事帰りのオーエルさんで。

なんだか非日常を垣間見ましたよ…。

ながらシェイプアップ☆ 

May 09 [Wed], 2007, 15:57
営業中に重たいカバンを、
足から少し距離を開いて持つ。

両手に荷物がある時は
かかしのよう。

かなり腕がプルプルする。

二の腕の裏の筋肉を使うから
二の腕シェイプアップ☆

まじで辞めてやるっ! 

May 08 [Tue], 2007, 14:09
ゴールデンウイークが開け、さぁ頑張るぞ!!と動き出したのに、
昨日12時近くまで残業したら嫌みを言われた。

「昨日なんであんなに遅いの?」
「連休明けだから仕事たまってたんです」
「もっと早く帰ろうよ。a君も最近は早いし」

……。

はぁ(´ヘ`;)なんで?

まじありえんっ!!
うちは残業代でないし、別に遅くまで仕事する日があって誰に迷惑かけたよ!?
しかも昨日は新婚のaさんのために仕事代わったんですけど!?

む〜か〜つ〜い〜た〜!!!!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sachiko
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1982年
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像KYな男
» 渋井真帆の日経新聞読みこなし隊 (2008年07月12日)
アイコン画像ikadoku
» レバレッジ時間術 (2007年07月06日)
Yapme!一覧
読者になる