ネット開通! 

August 29 [Tue], 2006, 12:03
長春でネットができるようになりました。

今日の朝9時に学生が来て、設定してくれるというので待っていました。まぁ、一時間来ませんでしたね。あまりに暇なので、語用論の授業で使う教科書を読んでいました(そんなことでいいの?)。10時になったので、とりあえず管理人の方に連絡してもらうと、数分でやってきて、一分で設定し、帰って行きました。彼は、一言も話さないまま…。

長春についてからまだ実質48時間経っていないのですが、とてもではないけれどBlogに書ききれません。ふぅ〜。のんびりと長春Blogも更新していきますので、ご愛読とコメント、よろしくお願いします!

前日だけれど。 

August 26 [Sat], 2006, 23:55
今日は学部時代の友人とランチ。

Eが作ってくれたランチを皆で頂きました。おいしかった!右はEの坊やの写真。数枚撮ったうちから,一番堂々としているものを選ばせていただきました。ガキ大将になること間違いなし!後ろに映っているのはS。Sの坊やとEの坊やのツーショットをと思ったのだけれど,赤ちゃんは言うことを聞いてくれないし(笑)。Sの坊やはよく泣いていたね。彼は・・・,女の子を泣かせるタイプにならないように,ママ,気をつけてね。そんなママたちをみている独身組は,まあ,ね。
 MとKは,Eのセレブ振りを,”バルコニー”から見える風景を写真に収めていたけれど…,正直どうなの(笑)。でも皆仕事もがんばっているし、かといって仕事だけにならず、「自分」をきちんと追求している。本当にいい仲間です。皆さん、今日は本当にありがとう。いい思い出ができました。

急に決まったことが多くて,出発日を知らせたのも数人なのに,今週は本当にいろいろな人に会えました。縁っていいな,と実感する日々でした。ありがとう!

先輩方 

August 25 [Fri], 2006, 22:51
今日は、修士の時の同僚・・・、というか先輩立ちとのお食事会でした。

皆、日本語教師としては大先輩で、留学生は日本語を学ぶ学生としての立場からの大先輩で・・・。
本当にいろいろなご意見を伺えて、ちょっぴり心構えができました。よかった

正直なことを言うとかなり不安です。
でも、聞けばいつでも答えてくれる心強い方々がいてくださると思えば、ひとりで深みにはまることもないかな、と勝手に思っています。

決して無理せず、私らしくやっていこうと思います。

ホームシック対策 

August 23 [Wed], 2006, 22:22
本格的に荷造り開始。

南京に住んでいる友達が「味噌は持っていたほうがいい」というので、準備しましたよ〜。南京と長春だと、南京の方が都会なのかな?日本食もよくわからないので、とりあえずホームシック対策として、

○味噌   ○昆布  ○鰹節
○糠どこ  ○旅茶碗(+抹茶)  ○お香

などを持っていくことにした。これさえあれば、ひとまず日本食風のものは作れるかな。ん?梅干も必要かな?あとは送ってもらおう。

信じられない… 

August 21 [Mon], 2006, 21:55
まだ届かない、招聘状!

”どんなに遅くとも”今日までには出身大学の某教授宛に招聘状が届くというので、出身大学まで取りに行ったのだけれど、なんと、いまだ届かず!いい加減某教授もあきれていた。あきれるだけならいいのだけれど、「うちの大学を馬鹿にしているのか?それとも俺をコケにしているのか??」と、真剣に悩みだしていた。

先生、いつかいいことあるよ…

と思っていると、早稲田実業高校が、甲子園で優勝した。おめでとー。先生は早稲田出身なので、「甲子園を見るために早く帰らねばならないから、お前に会う時間はない」といいつつも、わざわざ大学まで出向いてくださった先生。優勝して、少しは気が晴れたでしょうか?

おかげで私は、世紀の試合を見逃したけどね・・・。

出国の前に 

August 20 [Sun], 2006, 19:45
昨日  を見ました。

「日本沈没ブーム」は1973年。テレビで宣伝を見たときに、田所教授は他の研究者に「また、お得意の直感とイマジネーションですか」と小ばかにされるのだけれど、結局はその”直感とイマジネーション”が映画を支えるのだ。この前作の”直感とイマジネーション”に見せられて、地震関係の研究者になった人たちがインタビューを受けているのを聞いて、見たいな〜、とは思っていたのだけれど、思わぬところから見る機会に恵まれた。らっきー。

剛くんはあいかわらず飄々とした演技だけれど、最後のほうは「剛君、がんばって」と心の中で叫んでたよ。大地真央はかっこよかった〜。みっちーは死んじゃうんだよね。役柄からしてなんとなく他人事とは思えないよ。豊悦は田所教授なのだけれど、私はもっと破天荒で、重いイメージを抱いていたうえ、教授の描写が少なくてちょっと不満。まぁ、そもそも、あんなに足の長い研究者って、そうそういないよ、と思ったりして(笑)。

話自体は、国家って?外交って?政治って?研究って?などと、いろいろなことを深く考えた二時間でした。でも最後はやっぱり…。
日本を出るまえに『日本沈没』を見たのは、何だかすごく意味深いものがありました

Blog:第二弾 

August 18 [Fri], 2006, 19:42
中国・長春に移り住むにあたり、一年半続いたBlogは終了し、今回長春編として新しくしました
皆様のコメント、おまちしております
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
草・楽・学・大
http://yaplog.jp/changchunriji/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:changchunriji
読者になる
Yapme!一覧
読者になる