引っ越しました 

2009年01月16日(金) 13時36分
引越し先は・・・

ナイショ!

ここはこのまま放置中です。

引越し先はお問合せ戴いた方のみ教えます。(笑)

今年は天国、ただしガラガラ 

2008年12月24日(水) 13時03分
日刊サイゾー

ここ見て!(笑)

Red Bull Weekに、ご協力下さい。 

2008年12月04日(木) 18時41分
佐藤琢磨選手が、12月11日12日にヘレスにて行われる
Toro Rosso F1 Testに3度目の参加が決りました。


このような発表と同時に、日本からToro Rosso HP&Red Bull HPへの
アクセスが増えたり、日本国内でRed Bullの売り上げが上昇することで
来期シートの契約に向けて、琢磨選手を後押しする事が出来ると思います。

小さな力かも知れません。
意味の無い努力かも知れません。

しかし、株価のように、些細な発表でも
それと同時にRed Bullが日本国内で売上が上昇して、HPアクセス数が上がれば
「琢磨効果」と判断される可能性があると思います。

今すぐ、皆様のポケットの中にある275円で「ENERGY DRINK Red Bull」を
お買い求め戴き、Red Bull HP Toro Rosso HPへアクセスしましょう。

大人買いも大歓迎!!
冷蔵庫不要のこの時期です。
思い切って大人買い!なーんてのも大歓迎!!!

Rad Bull HP:Red Bull JAPAN

Toro Rosso HP:Toro Rosso

みんなで琢磨を後押ししましょう!!


コンビニで購入の場合
店員さんに「Red Bull がいっぱい欲しいんです。」なーんて
アピールしたりして購入すると、メーカーへ追加オーダーが殺到したりして
コッソリ冷蔵ケースから取り出して購入するより絶対効果的です。

来年は鈴鹿でF1が開催されます。 

2008年10月15日(水) 16時58分
昨年は人的災害と言えるくらい酷かったFSWの運営でした。

しかし、今年は“カイゼン”をいっぱいアピールしてF1開催を無事に終了しました。

恐らく「今年の運営は大成功だった!」と絶賛する方も少なくないと思います。

さて、本当に成功だったのでしょうか?

今年の観客に“笑顔”がいっぱい戻って来た事は

今年も観戦に来てくれたF1ファン、とFSWの運営関係者へ

感謝の気持ちでいっぱいなのですが、心配もいっぱいあるんですよ。



ネガティブな話で申し訳ないけど

去年と今年を観戦して“カイゼンは成功した”と今年の運営を評価する方が

いらっしゃるのであれば、「ちょっと待った!」とお伝えしたいです。


決勝日に105,000人と発表された観客動員数も???って感じで

σ(^_^;)が感じた動員数は5月のS-GT選手権と比べて1.5倍程度

今年の“カイゼン”では、S-GTより1.5倍多い動員数(仮に80,000人として)で

5万〜6万人集まるS-GTより今回の動員数がスムーズな運営が出来たという

程度だったのではないかと思うのです。

本来、今年行われた運営方式が、昨年から行われてて当然なことだけど

最悪の昨年より、明らかに“カイゼン”されたことは事実で、

昨年より遥かに快適なF1日本GPであった事は間違いない事ですが

スムーズに運営出来た最大の要因は、観客動員数が一番影響してると思うのです。


そして、来年F1は、鈴鹿で開催される訳ですが

昨年の開催がFSWに決った頃から「F1は鈴鹿だ」との声が大きく上がって

昨年FSWが運営に大失敗した事で、鈴鹿への期待感が

ファンの中で異常なほど高まってる中、今年FSWで行われた運営は

異常なほどスムーズに進み、観客が快適に過せてしまった事で

鈴鹿への期待感が必要以上に高まり過ぎるのではないかと心配です。



私は、昨年の開催前から、サーキット内の環境設備的には

鈴鹿よりもFSWの方が優れてると申し上げてきましたが

来年鈴鹿が改修されても、コースの外周道路や衛生設備は

今改修されているグランドスタンド周辺以外、これまでと

そんなに変らない(変えられない)と思います。

観客らは2年間FSWへ車の乗り入れが禁止されてたイライラで

「鈴鹿なら車で行ける」「車乗り入れが快適だ」と、

これまで公共の交通機関で鈴鹿へ通ってた人までもが車で乗り入れて

駐車場が不足したりする事も多分に考えられると思います。

来年のF1鈴鹿開催は、間違いなく16万人以上が集まると思われるので

鈴鹿サーキットは、大大混雑になる事は間違いないと思いますが

その時、観客達は鈴鹿サーキットをどんな風に評価するのでしょう。

恐らくFSWの運営が今年スムーズだった事で、鈴鹿サーキット側には

相当なプレッシャーが押し掛かってると思います。

しかし、鈴鹿サーキットにはこれまでに築き上げたキャパシティーの中で

無理の無い、精一杯の運営を目指してもらう事が

ファンの期待を裏切らない一番良い運営ではないかと思うのです。



FSW開催のF1日本GPは、通常の観客動員を収容して

今年のような運営が出来るように2010年は目指して欲しい


来年2009年に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPは

必要以上に今年の開催にプレッシャーを感じる事無く

今まで通りの鈴鹿ペースで観客が楽しめる環境を目指して欲しいと願います。

2008年F1日本GP後記 

2008年10月14日(火) 15時07分
2008年F1日本GPが無事に終りました。(と思います。)

まずは昨年の災害を教訓に、暴雨対策・防寒対策、色々な準備を整えて

FSWへお出掛けになった観客の皆さまに「ありがとう。」と申し上げたい。

観客の皆さまの心構えが無かったら今年の日本GPに成功は無かったと思います。

昨年酷い状況に曝され苦しんだ、多くの観客皆さまがF1を嫌いにならずに

今年も日本グランプリへ戻って来てくれた事は、本当に素晴しい事だと思います。



そして、昨年起してしまった失態を繰返さない為に「カイゼン」してくれた

08年日本GP運営関係者・スタッフの皆さまへも「ありがとう。」と

素直に伝えたいのですが・・・




昨年のF1日本GPの直後、何も無かったかのように扱われた「07年F1日本GP被害」

このBlogからの始った呼び掛けで、Blog「2007日本GPの被害者立ち上がろう。」に

約130名の被害者が集まり「被害者の会」が結成され、今年6月に提訴され

8月5日に裁判が始りました。

色々な方から「金欲しさで訴えるのか」「FSW=TOYOTAを相手に

裁判に持ち込んで勝てる訳が無い」と掲示板などで叩かれた事もありましたが

被害者の会に集まった皆さまの気持ちはそんなくだらない勝ち負けではないと思うのです。

多くのF1ファンを苦しめた運営を世間に認めて誠意ある謝罪をして欲しい。

民主主義であるはずの日本で、マスコミに「大企業の力」を行使して真実を隠さないで欲しい。

色々な気持ちがあるとは思いますが、統合すると「楽しめるF1をファンに返して欲しい」

そんな想いが強かったのではないかと思います。

今年の日本GP後にマスコミ各社から取材をお受けしましたが、とても残念な事は

「今年の開催がスムーズに進んで悔しいでしょう」的なインタビューが多かった事

あくまでも個人的意見として

「運営がスムーズに行われて、観客皆さまが苦しむ事無く終った事は大変嬉しい事」と

返答すると「エッ?」というような表情でしたが、そんなコメントでは

記事として面白くないのか?と思ってしまった訳です。


今年運営にも不満を言えば数限りなく上げられますが、昨年の予選終了後に起ったバス待ち

数万人の方が寒さに耐え、5時間以上苦しんだ状況を見て、翌日の決勝日に

何も改善しなかったFSW

FSW(TOYOTA)の企業力があれば、2つに別けられたシャトルバス乗り場に

売店を設置する事も仮設トイレを増設する事も簡単に出来たはずなのに

何一つ手を加えなかったと言って良いほど怠慢であった昨年の運営について

あの現場に居た観客が何もしない 何も起さなければ、多くのマスコミは

その真実を報道しないまま、何も変らないまま今年の開催は行われていたかも知れません。

しかし、被害者の会が立ち上がって、東京地裁へ提訴した事で沢山のマスコミが

この事実を社会面で取り上げた結果、多くの方がこの事実を知り

今年の「カイゼン」へ繋がったと言っても過言ではないと思います。


報道各社は、昨年の事には余り触れずに「2008年F1日本GP FSW開催は大成功」と

それだけを世間に伝えるかも知れません。

決勝当日105,000人と報じられた観客動員数にはかなり疑問が残ると感じた

今年の日本GPですが、挨拶が徹底されたスタッフの対応も、昨年の運営とは

比べる事が出来ないくらいカイゼンされていました。

心配されたバス待ちもほとんど無くスムーズに運営されたのは

FSWが行った「カイゼン」の成果ではなく、昨年に比べて観客が相当少なかった事が

FSWのカイゼンを助けたのだと感じております。


今年行われた運営は、カイゼンの結果で何事も無く終ったとは思いません。

オリンピックやサッカーW杯と並ぶ程観客を集めるイベントでは

開催初年から行われて無ければならなかった当然の事だと思うからです。


被告FSWの弁護人は「昨年は、初開催で予想以上の雨が原因」と反省の様子がありません。

弁護人は、訴えられた被告の富士スピードウェイ(株)取締役社長の代弁者というだけなので

今年の開催概要発表時に雨をまったく想定していなかったと発言した加藤社長の根本的考えには

今も「雨が原因で昨年の運営に失敗した」と言う気持ちが残っているのではないかと思いますが

「やはり昨年のトラブルは雨が原因だった」とは絶対に思わないで欲しいです。

「大雨だった昨年の開催」と言われていますが、記録によると予選・決勝とも当日FSW周辺の

降水量は0mm、シトシトと降り続いただけの普通に降る雨だったのです。

レース観戦を経験した事がある方たちには、想定内の雨だっただけで

昨年は、雨が原因でトラブルになったと思ってる人はほとんど居ないと思います。

今年の運営計画があれば、多少の雨で観客が15万人集まったとしても観客が納得出来る

運営は可能だと思いますので、今年トラブル無く日本GPが終わった事で

観客へ多少の信頼回復には繋がったと思いますので、これからも気を緩める事無く

再来年もFSWで行われるであろうF1日本GPの成功を目指して欲しいと思います。




モータースポーツを盛り上げていく上で、F1日本GPは一番重要なイベント

頂点と底辺が盛り上らなければ、国内レースに未来は無いと思います。

モータースポーツファンも必死に頑張ってますので

イベント運営側にも今まで以上に頑張って欲しいと願うばかりです。



今年の決勝終了時に、大勢の方から「ありがとう」と言うメッセージを頂きました。

このBlogと「2007日本GPの被害者立ち上がろう。」で訴えてきた事は決して間違いでは無く

FSWがカイゼンを実施してくれた事で、一つの目的を達成出来たという喜びでいっぱいになりました。

沢山のアクセスありがとうございます。 

2008年10月14日(火) 6時48分
2008年F1日本GPは沢山の観客の皆様が「笑顔」で帰宅されたようで

私自身も今年の運営には大変満足できました。

GP中仕事をサボり過ぎましたので、詳細レポートは後ほど更新いたしますが

F1ファンの為にカイゼンに努力された皆様、カイゼンに協力された皆様

笑顔で過せた日本グランプリを復活させて頂きありがとうございました。

間もなく F1日本GP 

2008年09月25日(木) 9時45分
このBlogで昨年の日本GPで起ったFSWの悪態を語って来ましたが
間もなく一年が経ち、2008年F1日本GPが 昨年と同じFSWで開催されます。

FSW高橋取締役社長は、表面的だけの謝罪を会見毎に繰り返し
FSWのHPでも、多くのカイゼンを語っておりますが
2007年F1日本GP被害の裁判において被告FSW弁護団の様子から
昨年の災害すべてを雨が原因としてしまった
まったく反省の無い状況を考えると、運営の本質・運営側の考えは
まったく変らないのだろうと想像出来るかもしれません。

FSW敷地内の整備はかなりカイゼンされたように思います。
バスも留め置き方式と変更され、長時間外で待たされる状況は
昨年より少なくなるのかも知れませんが、昨年の災害はFSWが発表した
雨と場内通路の問題だけで あの大渋滞が起った訳ではありません。
入退場時間には、バス専用道路として1WAY方式に道路規制するなど
周辺道路の環境を改善されて無い状況では、サーキット周辺の道路が
バスで渋滞、サーキット内から出る事が出来ないバスが溢れるでしょう。

また、御殿場駅からのシャトルバスは巡回バスで、FSW内には発着せず
富士霊園入口がバスの乗降場所に指定されているそうです。
FSWのHPやチケット同封の小さな地図で見ると、たいして離れてないけど
富士霊園から西ゲートまで歩道も無く、バスが離合出来るかどうかの車幅なので
歩行者専用通路でも作らない限り、これもまた渋滞の原因になるかも知れません。
観客は、無事に西ゲートを越えて C席やD席E席まで歩くのも、かなり辛い
覚悟が必要なのではないかと思いますので
軽装で歩き易い格好が好ましいと思いますが、大きな荷物がある場合は
キャスターが付いたようなバックが便利だと思います。

バス留め置きについて、バス乗車後長時間バス内に待たされる事が考えられますが
この際のトイレ問題についてFSWに問い合わせても何も回答が得られませんので
最悪の事態を考え携帯トイレは必要かも知れません。

レース終了後、長時間バス内に待つ事を考え 飲料・軽食・携帯トイレ
バスに持ち込んで置けば非常時に役立つと思います。



また思い出した事があれば補足しますが
10月10日〜12日 最低でも雨が降らない事を祈るばかりです。

これ以上 観戦者を馬鹿にするな! 

2008年08月26日(火) 10時29分
サイゾーの記事より

昨年9月に行われたF1日本グランプリで“甘い計画”と“ずさんな運営”により
バス運行の大混乱を招き、劣悪な環境下で多くの観客に精神的・肉体的苦痛を
与えたとして集団訴訟を起こされている富士スピードウェイ(以下、FSW)。
先日の第1回公判では争う姿勢を見せたが、今年のグランプリに関しては
場内道路や駐車場の舗装、歩道の拡幅工事を行うなど「運営に万全を期す」
としており、ファンからも期待が寄せられていた。

ところが、8月初旬より送付が開始された今年のF1チケットの案内に
以下のような一文が記されていたことから、購入者が不安を訴えている。

「いずれの無料バスについても、レース開始、あるいは
最終列車出発までの到着を保証するものではありません。」 


今年のF1グランプリは昨年同様「チケット&ライド」システムが採用されており、
一部のVIPを除くすべての観客が専用運行バス、またはツアーバスでの
入退場が強制される仕組みだ。
昨年はこのバスの運行に失敗したため多くの観客が「スタートに間に合わない」
「終電を逃す」といった事態が発生。FSWはこれに対し、一部チケットの
払い戻しに応じたりタクシー代を負担するなどの誠意を見せたが、
今年はそうした観客の苦情に対して先手を打った形となる。

また、チケットの裏面にも「交通事情・場内外での混雑によりレース等の
時間に間に合わない場合、および帰途の各交通への乗り継ぎ時間に
間に合わない場合でもチケットの払い戻しはいたしかねますので、
バス所要時間・徒歩移動等をご考慮の上、時間に余裕をもってお出かけください。」
とあるが、バス乗り場に何時までに行けばレースに間に合うのか、
などの具体的な表記は存在しない。


あまりにも観客を馬鹿にした、この対応・運営
いかがなもんでしょうかねー

今年もFSWで行われるF1日本GP
観客にとって気持ちの良いイベントになる事は無さそうです(>_<)

モントリオール最後の夜 

2008年07月02日(水) 15時43分
モントリオール最後の夜は、ちょこっとお洒落なCafeでお食事を!!

と言う事で、「NEW TOWN」と言うお店にやって来ました。

フランス語のビルヌーヴを英語に訳すと「NEW TOWN」と言うらしいのですが
その名の通り、ジャック・ビルヌーヴのお店です。




まずは 乾杯!!



一言!言わせて頂ければ、接客は最低でございました。 (爆)

お店の中はこんな感じです。



地下には「CLUB NEW TOWN」もあるらしい・・・
綺麗なオネーちゃんがお酌してくれるのかなー???(爆)
σ(^_^;)には、場違いなので行きませんでしたが・・・(爆)



楽しかったモントリオールの旅
舌が感じる「美味しい物」には出会えませんでしたが
仲間とレースを楽しんで、毎晩楽しく過した食事は最高に楽しかったです。
最後の夜と言う事で、この日は遅くまで呑み過ぎちゃいました。



夕方ジャンと思われるでしょうが、この時すでに22時ちょっと前なのです。

モントリオールで同行してくれた皆様、本当にお世話になりました。m(_ _)m
おかげさまで、最高のカナダGPを過す事が出来ました。


そして・・・
翌朝、σ(^_^;)はNEW YORKへ向かった!!

オヤヂの旅は続く・・・

モントリオールの旅 Part3 

2008年07月02日(水) 14時58分
モントリオールへ行って何が感動したかって言うと
街全体がF1カーニバルなのです。
DowntownのあっちこちでF1を楽しむ人々
何故か、そのすべての人がみんな笑顔
素晴しい光景だと思いました。



GP期間中、毎日こんな環境で食事出来るんだから楽しいに決ってるよねー

でもこの日は、全員一致で韓国料理!
電車を乗り継いで向かったコリアンタウン、
仲間と一緒に食を囲むのは本当に楽しい!!
日本の焼肉屋に行きたいという話題で盛り上りました(爆)

ここでもサッポロビールが目茶苦茶美味かった!!(爆)



そして決勝当日を迎えた訳ですが・・・
ある意味 応援目標が無いGPでしたので、レースの写真がほとんどありません。(笑)
シャッターチャンスは逃しても、BEERの売り子は逃しません!!(爆)

カナダGPでは、終始「通せんぼ」に徹してた一貴くん、結果は残念でした。
11スタンドからコンパクトデジカメ高画質で撮影してトリミング
なかなか綺麗に撮れるものですなー(笑)



感動的だった クピサの初勝利!!
レース終了直後11スタンドから老体にムチ打って走った甲斐がありました。
何とか表彰式に間に合って、このポジションをGET!!

この直後、ゆーすけくんとσ(^_^;)の共同作業によって
あの国際映像シーンが世界へ発信されるのであった!!(爆)



このジル・ビルヌーヴサーキットは、決勝レース終了後
コースを散歩出来るのですが、途中すれ違ったクピサの応援団
みんなポーランドの国旗広げて大騒ぎです。

σ(^_^;)も「佐藤琢磨大日章旗」を こんな風に広げてパレードしたいー!!



コースを散歩中に発見したBRIDGESTONE関係者
レース後の路面状況を細かくチェックしております。



そして、昨年 琢磨くんがCHAMPION アロンソをOVER TAKEしたあの場所
琢磨くんの早期F1復帰を祈願して記念撮影
風でバナーが揺れて撮影できない所を、通行中のカナダ人が黒子になってくれました。
このバナーが国際映像に抜かれたバナーです(笑)

σ(^_^;) 決して顔を隠してる訳でも、農作業中でもありません(爆)



コース開放が終了間際にコース1周の旅は終わり
「このサーキット、この写真だけは絶対綺麗に押さえなきゃ」と頑張ったのですが
次々に観客が記念撮影に押し寄せる為クリアラップが押さえられません。

そんな事してる内に、怖いSECURITY STAFFが「早く出て行け!!」と
バイクと車で押し寄せてきます。
バイクや車が迫って来る事よりSECURITY STAFFの顔の方が怖い(爆)



楽しいカナダGPも終わり駅へ向かう途中、カナダGP名物のこれを発見!
観光見物よりもBEERが先と、一応写真だけ押さえてダウンタウンへ・・・(爆)



そして、グランプリ最終日のDowntown
日曜日なので街は比較的静かですが、この周辺だけは大賑わいのF1祭り!





モントリオール最後の夜へと続く・・・
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:champion-ship
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車-Motor Sports ・ F1
読者になる
日々精進して頑張ります。
最新コメント
アイコン画像naru
» モントリオール最後の夜 (2008年07月04日)
アイコン画像うどん
» モントリオール最後の夜 (2008年07月03日)
アイコン画像CHAMPION-SHIP
» モントリオール最後の夜 (2008年07月03日)
アイコン画像うどん
» モントリオール最後の夜 (2008年07月02日)
アイコン画像タークイ
» 呆れたフジテレビ (2008年06月29日)
アイコン画像国内市場はなめられている
» 削除命令? (2008年06月01日)
アイコン画像関係者に聞きますた
» 検証と改善って何? (2008年04月24日)
アイコン画像海部孫
» カミングアウト (2008年03月12日)
アイコン画像juria♪
» カミングアウト (2008年03月05日)
アイコン画像名無し
» カミングアウト (2008年03月03日)