ローマの火星の新作、ありありと手首の間の王者の魂

January 18 [Wed], 2012, 23:50
古い文化はいつも人のあこがれを引きます。古今を通じて、どれだけの贅沢なブランドは古典で含ませて派手です、ずっと怠らないで古い心にさかのぼって今鋳造する時派手です。その中、ローマは表を作成する技術のにして集大成して者、千百年時間焼き入れして精錬する中で立ちこめていけちのつけようがない精致さと派手さを出して、手首を成し遂げている間に一段一段は人の思いのを引いて伝奇を尊びあがめます。

スイスの精密な表を作成する技術のにして集大成して者、ローマはずっと着を量ることに力を尽くして品位の紳士になって歴史と融匯の現代ファッションすばらしい伝承する抵当に入れる隠れる腕時計を注文して作らせて、流行して上品な時計の趣を設計してひとつだけ持っている細部を成功する紳士にして再び極致の魅力を増やします。近日、ずっと消費者を受けて崇のローマ五行一族を追ってまた新しい成員を出します――2012モデルの全く新しい火星の腕時計。今回の出す新作の火星の腕時計、ローマの腕時計の製作の標準と巧みで完璧な技術に対する追求に解け合うだけではなくて、時間の概念の最も崇高な敬意に対して明らかに示して、更に毎分の毎秒のが精密で正確な以外に、追求の美学の上の視覚は享受すて、手首の間の1筋の高貴で権勢が高い業績の王者の高さを譲ります。

古羅馬の神話の中で、人々が火星の比喩を身のために甲冑にはおるのは全身血の戦神の“瑪爾斯”です;ギリシアの神話の中で、火星は同様に戦神の“阿瑞斯”と見なされます。ローマ五行太陽一族の2012の全く新しい火星の腕時計の出すことは古代の神話ため中人々の“戦神”に対する崇拝に言い伝えられていることがです。目下、時間と歳月のをしばしば経験して焼き入れして精錬して、火星の腕時計も時間の経過の中で絶えずもっと人を引き付ける風采を出すことを明らかに示します。今回の出す2012の全く新しい火星の腕時計は表を作成する風格の上で被ったに沿って“火”を主導的な英雄主義の格調にして、細部の元素設計の上で更に精致にも更に完璧です。

2012新作の火星の腕時計は細部の元素設計の方面で十分に“火”の元素の設計の精髄を引きつけて、“火”の元素はすべての細部が製造する中にしみ込む。まず時計の鎖の部分です。今回の新しく出す火星の腕時計は時計の鎖を一部は“火の竜”のスタイルに設計して、つける者のあった火の妖怪と竜の高さを出すことを明らかに示します。十分にモデルを表すべきな“火”の気質を明らかに示すため、デザイナーはまたアイデアの腕時計の底を部分をかぶせる色をひとつだけ持っていて火星の表面の土壌の色をまねて濃い褐色を製造して、それによってつける者につけたのが過程で十分に手首を感じることができる上にわき返らせている燃え盛る火炎、英雄の魅力は彰から現しません。

時計の文字盤設計の方面、新作の火星の腕時計の時計の文字盤の内で6時に位12時と位が数字でマークを行う以外、その他の時位は皆たいまつのスタイル設計されて、時計の鎖の火の竜設計と遠くから相呼応します。位置の設計を表す方面に、デザイナーの同じくほど良いのはそれを1つの火炎の形に製造して、完璧な細部はローマの比較にならないのがブランドの魅力を尊びあがめることを明らかに示します。

ローマ五行太陽一族の2012新作の火星の腕時計の出すこと、ローマの五行一族のために再び増やすのがまばゆくて華やかです。事実上、ローマ五行太陽一族のシリーズはすばらしい時計の設計の手本にして、成功する紳士の流行する生活と品位の人生に対する最優秀描写です。新作の火星の腕時計の出すこと、成功の紳士のためにまた1手首の間で製造したこと貴重な品を量るので、それもきっと開放するまばゆい彩りと同時に、継続してもっと多い歴史の美文を書きます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chamakhh/index1_0.rdf