0602

June 02 [Thu], 2011, 20:45

最近、仕事が忙しいというか、・・・まぁ、残業続きで。
そんなの前の職場から一緒だったのだけれど、
なんだか、パソコンに向かうのも億劫で。

ソウマカ好きだけど、書きたい欲求が全くないのが現状です。
ソウルイーター好きだけど、読みたい側で、
自分から作品を発信していくのは、そろそろ限界なのかなと。
やっぱり、仕事が忙しくなると、毎度毎度そう思うけれど・・・
新しいものを書きたいという気持ちがないというのは、限界なんだろうなって思います。

ろくはいつもそう言って、結局ここまできたけれど、
今度こそ限界が来たと思います。

忙しいことを理由に拍手のお返事もろくに出来ないし、
中にはお返事が欲しい方だっていたと思います。
作品を発信して、また書きたい!と思えたのは、
皆さんからの応援だったけれど、
自分がお返事出来ないのに、応援していただける訳もなくて。

そういう面でも、自分の中で書きたい気持ちが殆どなくなっています・・・

アルビノアンソロとか、やりたいことを沢山残していますし、
本当の終わりは、年度末と決めているので(オンリーもあるし)
完全に活動を辞めるというのはまだ考えていませんが、

うーん・・・って
考えちゃうんですよね。

514

May 14 [Sat], 2011, 11:28

少しずつこっちも復活したいなーというわけで、またまたお久しぶりです^^
ネットに復活したい思いはあるのだけれど、
なかなか気持ち的にそこまでいかなくて。

一時はソウマカの活動全部辞めようかとも思ったんだけど、
ソウルとマカに罪はない!!!!!


この間、やまさんにもちょいと言われたけどmixiのログイン率の少なさの原因とか・・・
写メ日記に書いているから、私がどうしてソウマカの活動続けられない心境だとか
大体察していただけているかとは思いますが。

やっぱり、ソウルさんと連絡取れない時間が長くて
もう駄目なんだってそっちの方にばっかいってしまって。
もう駄目なんだって思ったら、楽しいことばっか考えちゃって
それですぐにナーバスになっちゃうんだよね。

結局、ソウルのコスをしているから好きなのか、
っていうとこまでいっちゃったんだけど・・・それは違う。
私は彼女と一緒にいるのがやっぱり楽しかったから、
大事な友人をなくしてしまったのは、痛い。辛い。

そんな状態で、幸せなソウマカなんか描けないし、
もういい!って思ったけど、

ソウルとマカじゃないし、ソウルとマカに罪はない。
今頑張って切り離しているところ。
ソウルとマカばっかりやったから、感化されすぎている。
でもそれは仕方ないと思う。
彼女自体が好きな気持ちと、ソウマカとしての活動、
全部全部ひっくるめてだし。

でも。

私はソウマカまだまだ好きだし、まだソウマカやりたいし、
約束を守らなくて良いなら、意固地にならなくていいなら
もう、他にソウルをやってくれる人がいれば、その人とソウマカをやりたい。

そう口に出すのは簡単だけど。
やっぱり辛い。


連絡取れずにいるこの状況がいつまで続くかわからないし、
この先もずっとかもしれない、って覚悟はしてる。
だから少しずつ、違う方に目を向けてます。

近くに気の合うレイヤーさんがいて、遊んだりして
すっごく気が晴れるんだよね!
完全に忘れる訳じゃないし、・・・少し気を紛らわせなきゃって。

なんでこんなに好きになってんのかなー・・・おかしいよね、本当。

424NORUBESA

April 25 [Mon], 2011, 22:21

はい!日記ではかなりおひさしぶりです!!
一ヶ月ぶりになってしまってすみません・・・!元気です!!

さて、これもまた久しぶりに、コスイベに参加してきました!!
しかも!
イベント一週間前に大あわてで準備したリンレン^^

本当は今日レポもしたかったのですが、
レポはそのうち・・・^^

もう、リンレン可愛い。
超可愛かった。
レン君ほったらかして遊びに行って、
レン君に心配かけてごめんなさい^^;

それでは、そくほー。

326

March 27 [Sun], 2011, 8:17
昨日は卒園式…わんわん泣く卒園生もいて、思わず会場のみんなもらい泣き…。
本当にとても素敵な式でした。

さて。
今日の準主役がもう一人。
私です。

次の仕事の都合上、私も今日で今の保育所とはさようならでした。

中には知っていた方もいたようでしたが、ほとんどの子ども達もお母さん方も今日初めて知らされたようでした。

退職職員で紹介を頂いた後、子ども達とお母さんに挨拶に行きました。

小さな園なので、お別れ会の間に全員のところに回れる程度なので。

子ども達にプレゼントを渡し男の子A君のところまでいくと、A君のお母さんが言いました。

「○○、先生いなくなっちゃうんだって。寂しくなるね。…この子、はるみ先生が好きって言っていたんですよ」

え?

知らなかった。

確かに、A君はよく私の周りに来ていたし、いっぱいおしゃべりしていたけど…おうちではそんな風に言ってくれていたんだ(´;ω;`)
我慢していた涙腺は、ここで崩壊。

泣きながら、先生も大好きだよー(ノд<。)゜。って言った。恥ずかしい(笑)

けど、本当に嬉しかった…だからいつも、うちに遊びに来てって言ってくれてたんだ。他の人にそう言ってるの聞いたことなかったしなぁ…なんて考えたらまた涙が…。

その後は涙も落ち着き、順調にプレゼントを渡していたのだけれど。

不意に、君と同じ組の女の子Bちゃんが、私のとこに走ってきて、
困った顔で言うのです。

「先生、いなくなっちゃうの?!」

急いでいて、Bちゃんに説明する間もなく私は挨拶に行きました…。

私は挨拶始まってすぐ、やっぱり大泣き。
だって…みんな大好きなんだもん(´;ω;`)

涙だらけの挨拶の後、花束やら沢山頂いたのですが、
花束やらが落ち着いた直後、Bちゃんが来ました。
そして、何も言わず、私の隣に立つのです。


そして、何も言わないまま、ぽろぽろと大粒の涙を流していました。


先生のこと、そんなに好きでいてくれたの?


問い掛けると、小さく頷きました。

それを見たら、涙がまたぼろぼろ出ました。
ぎゅっと抱き寄せても、ただただ泣いていました。

そんな私の頭を、私の担当園児のCちゃんがなでなでしてくれました。


子ども達の優しさや、想いに、ただただ、ありがとうと泣くだけでした。


先生だって寂しいんだよ!

大好きな先生なんて、不思議だよ。
自分が泣いてもらえる、好いてもらえる先生なんて、うれしくて、寂しい。

そんな帰りぎわ、A君が私に向かっていつも通りの笑顔で
「またね!」って言ってくれました。
私も、元気に、またね!って手を振りました。

また会いに来るからね!
その気持ちを込めて。


帰ってからは、担当園児の保護者の方からも連絡を頂きました。
ありがとうございましたと、寂しいですという言葉に、胸がいっぱいになりました(ノд<。)゜。

そして、最後の極め付けは
職場の先生からのメール。

泣かないわけがない。
大泣きでした(´;ω;`)


本当に一日中泣いてたなぁ。目が痛い。
寂しい半分、私がこんなに想って頂けることへの感謝の気持ちが半分。


理想の保育士に、一歩近付けたのかな。
次の職場でも、頑張るぞ。


因みに、私の理想の保育士は、用事があり片付けの後すぐに帰ってしまうということなので、玄関にお見送りに出ると

「え、いーよ。」

と困った顔。急いでいたのもあると思うけど。

だって、もう会えなくなっちゃいますもん

と泣く私に

「帰ってくればいいしょ」

と、言ってくれました。




私のみんなへの挨拶は、

行って来ます!



先生も最後、行ってらっしゃいって言ってくれた。



だから、行って来ます!

わたしにとっても最高の、門出でした。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

0323

March 23 [Wed], 2011, 21:05

全て嘘だったなんて、そんなの信じられないし
どこかまでは全て本当で、それを私が踏みにじってしまったのなら
今すぐ謝りたいけれど、
謝って人の心が動くかなんてそれはわかってる。動きはしない。

なぜ。どうして?

わからないから不安だけれど、
だからといって人の心を傷つけていいものじゃないの。
私はそんなこともわからず人の師をしているなんて、
そんなの、あり得ない。

わかっているのに。
頭と心は、やっぱり、違うもの。

大好きだからこそ、そのとき受けるショックは大きくて
それでも、時間が解決してくれるものがあること、私だってよく知ってる。
それでまた大切なものが増えているんだもの。

ねぇ、やっぱりね、
わたしはね、


あなたのことが大好きよ。


気配り上手で、一生懸命で、やりたいことを楽しむところが。
そのくせ、・・・心配性で、自分のことは後回しで、
いろんな事に、悩んで、・・・自分を追い込むのは同じじゃない。

だからね。
本当に大好きだから、今だけ少し、泣かせて。
先の見えぬ不安に、少しだけ。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるみさん
読者になる
札幌でレイヤーやってます
(単語の意味が分からない方はback!

リンクにアーカイブ貼ってます。

もしよろしければ仲良くしてやってください。
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R