孤独な花 3 

October 22 [Sun], 2006, 21:30

貴方の為なら

命一つ惜しくない

だから帰ってきてください

僕の命

御捧げします








いつの間に

森を抜け

静かな草原に着いていた

「え・・・何これ
 どこでもドアでも使ったの??」


横に居たクロは

「どこでもドア??
何それ」
と首を横に傾け
「瞬間移動。」

と言った

「瞬間移動!!!?」

何それ

漫画みたい

いや、でもマナコの件を考えて

漫画みたいな事だっていくらでも起きても可笑しくな・・・・

いやいや、現実離れしてるよオレ


「遠距離すぎると出来ないけどね
とりあえず歩こう
早くしないと
追いつかれるよ」


うーん・・・・

近いと出来るって言われてもねぇ・・・・


「って走らなくっていいのかよ」


「藍が決めるんだよ。歩くも走るも」


「・・・・・・そうか。
 じゃぁ、とりあえずそっち行こう」


指差した先は


小さな町(村?)があった

オレとクロは

その町へ向かって歩き出したのだった

孤独な花 2 

October 22 [Sun], 2006, 21:04
貴方の笑顔は


僕の生きている証










目覚めた其処は

森の中

目の前に黒い男


黒い男は

「おはよう」

と一言言った


意味が分からない

ココは何処だ


「ホラ、立って」



手を掴む黒い男


「・・・・お前・・・誰?何でオレの名前知ってるの・・・?」




「僕に名前は無いから勝手に呼ぶといいよ、
名前は・・・・何でだろうね・・・何か分かったの」



「・・・いけない事聞いた・・・すまん・・・
何か・・・って・・・・意味分からん
もうちょっと詳しい説明しろよ・・・」


「通り名は「クロ」だから「クロ」でいい」



重要点を無視した
何で名前分かるんだよ・・・
・・・深く考えないことにしよう



「・・・オレはこれからどうするんだ??」


「君の勝手だけどね
移動した方がいいと思うよ」

続けてクロは言う









「早くしないと死ぬよ?」







そのコトバと同時に
後ろに人影が


ハッとして後ろを振り向くと
其処には






「・・・マナコ・・・・・・??」


マナコ

あだ名ナマコ
オレの友達


「こんばんは^^」

マナコが挨拶をするとペコッと頭を下げる

「あ・・・うん、どうも
何でお前こんな所にいッ・・・!!!!!!」

右手に包丁

血が下へ滴って居る


「・・・・マナコ・・・・?」


「藍、動かないで下さいね??」




そう、マナコが言った途端クロがオレの服の襟を思いっきり引っ張った

そして


「早く
早く
遠くまで行かないと」


そうオレに言ったのだった

無題 

October 22 [Sun], 2006, 20:57
http://avg-maker.com/403872.html


ゲーム作った
一人目の成功者が私だったとか・・・・(・・・・

孤独な花  

October 20 [Fri], 2006, 23:25


「花が好き」


そう、ポツリと零した貴方


そんな貴方が大好きでした


貴方は僕にとっての花でした


一人で散った花でした









恐かったんだと思う

アノヒトが自殺した時

きっと自分を恨んだのだと思う




「藍・・・」


誰かが昔の名を呼んでいる

それは

黒い男だった

髪も格好も真っ黒

見えるのは赤い目だけ



「・・・オレ・・・藍なんて名前じゃない・・・」



「藍」は昔の名前

アノヒトが死んでから、名前は捨てたんだ

アノヒトがつけてくれた名前だから

アノヒトの埋葬と共に捨てたんだ



少し沈黙が続いた

黒い男は

「名前は捨てちゃ駄目

 名前がついた時点でコチラの住人だって証だから

捨てたら、「アノヒト」との縁が切れてしまうよ??」


と言った



続けて

「アノヒトに会いたいの??」

と言った



その途端

目の前が黒く閉ざされた

 

October 20 [Fri], 2006, 22:17
詞や小説の投稿メインになりますが宜しくお願いしますね。
トロトロ日記も歩みまする

 

October 20 [Fri], 2006, 22:10
狂った町に産まれた身です
笑えない身で笑ったグチャグチャ思考回路
メチャクチャな真実
隠し通したウソ
「バイバイ」

私が居た事実
知ってくれる人が居るでしょうか
泣きじゃくって身を放り投げた
誰も手は握ってくれなかった
丘の上から靡く(なびく)
雲は赤い
雪景色サラサラ
サヨナラ サヨナラ 




 

October 20 [Fri], 2006, 22:06
ただ夢を見てた

明るい未来

ココに居る意味がある事を


全て夢で終わった

そんな夢達
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chain1223
読者になる
Yapme!一覧
読者になる