しばし、休息 

July 07 [Thu], 2005, 10:05
秘密日記が書けるサイトを見つけた。
どうせコレを読んでいる人はいないので、そっちでしばらく書こうと思う。

よるな!さわるな! 

July 03 [Sun], 2005, 20:27
最近近辺がぶんぶんと、うるさい。
おいらに寄って来るんじゃねぇ!
○国人っていやだね、利用できそうなものは何でも利用しようとする。

おまえらなんか嫌いだよ、ばーか!>怒

ツウではない 

July 02 [Sat], 2005, 18:40
ちゃぼ丸が嫌いなライター系の女は、総じてツウな女が多いのだ。
ツウな女とは「音楽についてうんぬん。」とか「これってあの人のアレに似てるよね。」とか、知識を振りまきたがるヤツね。

ちゃぼ丸は生まれ持っての感性が特殊らしい(友人談)ので、「わが道」が絶対なのよ。
だからとかく知識を見せたがられると、鬱陶しく感じるの。

例えばある歌星を語るのに、他の知識はいらないわけ。
その人がどんなに素敵かを、語ればそれで良いわけ。
なのに最近「ツウ」ぶってる女が、目の前を過ぎって仕方ないのよ。
なんで「好きになるのに理屈がいる」のかねぇ〜。

純粋に好きって言えないところに、同情するぞ。
でも、ちゃぼ丸の周りをぶんぶんしないでね。
ちゅーか、するなよ!自称ツウな女。

涙のケリー・チャン 

June 30 [Thu], 2005, 20:48
ちゃぼ丸はもと韓国ファンだ。
それもかなりレアなファン。
しかし現在の韓国ブームには、疑問を抱いておるぞ。

ちゃぼ丸にとって韓国は「一人でこっそり想うもの」なのだ。
友人から「なんで韓国なの?ちゃぼ丸って、変〜〜〜〜〜!」と、言われたり、ビデオを見せたら「何コレ!?嫌〜!やめてよ〜〜〜!」と、非難を浴びるのが快感であった。

しかも韓国の方々は基本的に日本人が嫌いだ。
だって反日教育を受けてるんだもん、仕方ないやね〜〜〜。
そんな中「すみませんねぇ、嫁に行きそびれた日本女子がファンになっちゃって。」と、頭を下げ下げ追っかけていた。

なので「日本人が嫌いだし〜」なんて言おうものなら「そんなことはないです!彼らは親日です!!!」と、言う現在の韓国ファンに「貴様ら、もっと勉強せんかい、ぼけ〜!」と、渇を入れたくなるのだが、理解しようとしないやつらに何を言ってもダメだわな。

いいとこだけ見るのは本当の愛ではないのだよ。
欠点を知ってても「それでも好きなの!」が、愛なのよ。
ま、人それぞれ、今となっては日本女子の評判が韓国でどんなに下がろうが、知ったこっちゃないけどね。
言っとくけど儒教の国で「年を取った追っかけ」なんて、異常だよ。

さてそれより問題なのは、先日香港に行った時の衝撃。

ケリー、がチマ・チョゴリを着ていたよ。>涙

いつに出たCDかわからんが、ジャケットに堂々と。>激涙
早くこの韓国ブームが終わらねば、日本に同調する香港が危ないぞ。
香港ファンとして、今の事態を憂いているよ。

サミーに関するウワサ 

June 22 [Wed], 2005, 9:15
ちゃぼまるは香港の女性歌手兼女優の、サミー・チェンが好きなのだ。
垢抜け具合が香港ではピカイチだと思う。
そのサミーの病気説が、まことしやかに報道されている。
本日はついに「リストカット」の記事が、出ていたよ〜〜〜。>涙

それでなくとも2年前に大きな星がいくつも、遠いお空に行ってしまったのに・・・。
サミーの早期復活を心から願っているぞー。

それにしても最近鬱ってブームだね。
日本でも、ストレス社会だからなぁ〜。
やはり人間、精神が強いやつが最後に勝つと思うぞ!

ライター系の女 

June 20 [Mon], 2005, 8:44
何日か前に「DCにキスを求めた記者」の記事がありましたよな。
これに思うところあり、ちゃぼ丸はのっけから聖域にメスをいれちゃうぞ。

コレを見て「腹立つ〜〜〜!」とか、「私の知ってるライターさんはよい人です。」とかの、ご意見もあるだろうけど、「君!なんやねん、それ!?」ちゅー人があまりに多すぎるのよ!

もともと香港の芸能記者自体がよろしくない。
パパラッチ問題は当然ながら、どーでもよいことを「これについてどう思いますか?」と、聞く。
それはお仕事だから良いとして、ファンが遠巻きに見る中、去り際に2ショットなどを写しているのだ。

「貴様らに、プロ意識はないのかー!」と、叫びたくなるが、ないから仕方ない。

それに比べ日本人のライターさんは「好きで、好きで、好きでそれがきっかけでライターになっちゃいましたー!」と、愛の大きい人が多い。
しかし本物のライターさんとライター系の女は、大きく違うのだ。

ちゃぼ丸が問題視しているのは、この「好きだけど、近くに行きたいけど、年だし、恥かしいし、でも他の子がおいしい思いをしてるのは悔しいし、そうだわ!記者になって行けばいいのよ!」と、「映画の話を聞きたいから。」の蓑をかぶった「私は他のファンとは違うのよ。」てな、自称記者、もしくは記者希望のライター系の女だ。

なんで、近くに行くのに理屈がいるのよぉおおおおお〜!
ちゃぼ丸は当たって砕けるタイプなので、この手合いが理解できない。
ちゅーかねぇ〜・・・・

大っ嫌いなんだよねー。

以前このライター系の人に「いぢめられた」事があるので、根を持ってるのもある。
しかし一番許せんのは、泥水を飲まずにカッコウつけて星に近づいて行く、その姿勢だ。
ちゃぼ丸は泥水の中で喘いで,喘いで、それで運良く星の前に行くの。
同じ事をしろとは言わないが、せめてそんなちゃぼ丸を「みっともない」と、言うなよ。

もう、お前なんか、友達じゃねぇーよ!>涙

・・・・・思わず、私情に走ってちまいまちた・・・・・。

でも同じ思いをしてる人って、少なくないと思うな。
そのくらい香港芸能ファンの中に、ライター系の女ははびこっている。
好きだったら、好きーで、いいのにね。

ブログなのだ 

June 18 [Sat], 2005, 21:20
ちゃぼ丸のブログデビューなのだ。
自己紹介をするぞ。

なまえ:ちゃぼ丸
せいべつ:おんな
じゅうしょ:ひみつ
しごと:ふめい
はんりょ:あい犬のぼっちゃま
しゅみ:ちゅーかげいのーうぉっちんぐ・アンチかんこくげーのー
もひょう:ほそく、ながく、まがりくねって

ぼちぼち日記を書くッス。
ちゅーことで、よろしく。


2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chabomaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる