チャベリの掲示板で生まれた詩が闇に消える前にどこかに残そうと思い作ったサイトです。狼のだるい詩や他の方の名作をたくさん置けるといいですね。 感想や掲載依頼、削除依頼はコメントよりどうぞ。

最新コメント
アイコン画像
無題[槐] (2007年08月06日)
アイコン画像狼!!
無題[槐] (2007年08月05日)
アイコン画像狼!!
#3 (2007年08月05日)
アイコン画像
#3 (2007年08月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:狼!!
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1991年6月1日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-PornoGraffitti
    ・マンガ-ピューと吹く!ジャガー
    ・ペット-犬(♀ダル)猫(♂雑)
読者になる
チャベリ常連狼!!
ツッコミがたかったり、パソコンがくてすぐったり、をたまに書いたり。
よく「」と間違えられるが、このことに本気でキレるのは、名前を間違えられたことよりも
僕本人が呼ばわりされたことに対するものである。
また、デカモジを忌み嫌う。
投稿について / 2007年08月05日(日)
まったり運転中のチャベリの狼!!にお越しいただきありがとうございます。
詩の投稿ですが、コメントに直接貼るか、掲示板を指定していただいてもかまいません。
あと、人の事をいえないのですが詩には題名をつけてもらえると助かります。

もちろん詩でなくても大歓迎です。
詩や小説(物語)といった文学的なものから、
曲や写真などもっと飛躍した芸術も受け付けます。

あと、もちろん作品には著作権というものが発生しているはずなので、
コピーとかはしないでください。
投稿された作品の著作権は狼!!に帰属(?)せず、投稿された方にあるはずです。
 
   
Posted at 11:46 / 雑記 / この記事のURL
コメント(0)
無題[槐] / 2007年08月05日(日)
光があれば闇がある

僕らは二人で一つ

どんなに心が闇に覆われても

闇の中には光がある

どんなに綺麗な心でも

光の中には闇がある

その二つで僕たちはある

生きている

光は闇を、闇は光を

支えあって生きている

消すことはできない

光と闇は二つで一つ

そしてこのまま僕たちは進んで行く

この道を・・・・・・・
 
   
Posted at 11:42 /  / この記事のURL
コメント(2)
#3 / 2007年08月03日(金)
まっすぐに伸びるこの道を
おんぼろ自転車転がして
追い風に乗って進みゆく
見上げた空はどこまでも青い
遥か彼方を駆ける飛行機
機体の影が地面を這って
僕の心をかすめてゆく
白い軌跡を空に刻んで
飛行機はどこへ行くのだろうか
もしも僕にも飛べるなら
その行き先はどこであろうか
迷いを持たない銀色の機体
迷いに満ちた空色の期待
もし行くあてがないのなら
君も一緒に乗らないか

 
   
Posted at 23:42 / 狼!! / この記事のURL
コメント(2)
#2 / 2007年08月03日(金)
初めて出会ったその日から
真意を伝えたその日から
僕は君にすべてを与えた
言の葉に乗せ愛を伝えた
君はすべてを受け入れた
君はすべてを聞き入れた
けれども何かが届いていない
言葉だけでは届かない
ほとんどといって無意識に
君にそっと触れてみる
一瞬震えたその肩を
腕を回して抱き寄せる
驚くほどに華奢なその肩
それでも確かに感じる体温
心を許して身をゆだねる
熱を帯びてる君の唇
火照った頬が愛らしい
初めて目にする君の表情
目に焼きついた君の表情
切なげな声に僕のheartは
張り裂けそうに鼓動する
初めて作った二人の秘密
誰も知りえぬ二人の秘め事
永遠に君を抱きしめていれば
確かめた愛をいつまでも
守っていけるはずだから
 
   
Posted at 23:41 / 狼!! / この記事のURL
コメント(0)
#1 / 2007年08月03日(金)
君を想えば想うほど
大事に想えば想うほど
思いを伝えるすべはなく
僕は一歩を踏み出せない
僕の心を締めつける
君の存在 それは確かに
欠けがえのない心の一部
僕の存在 君の心に
ほんの一握りでもあるのだろうか
僕は知りたい 君の心を
君のすべてを 抱きしめたい
こんなに苦しい僕の想いを
君は知っているのだろうか
とても歯がゆいもどかしさ
もしも気づいているのなら
その表情で その瞳で
僕に教えてくれないか
君を想えば想うほど
大事に想えば想うほど
「好きだ」の一言が言えない
君の声が聞けるなら
YESの一言聞けるなら
僕はいつでも飛んでゆこう
 
   
Posted at 23:40 / 狼!! / この記事のURL
コメント(0)
P R
 
 
Powered by yaplog!