あやなでカッコウ

December 23 [Fri], 2016, 3:36
インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。実は他の問題が隠れてい立と言うこともありますから、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。



両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療をうける決心がつきました。



ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術がオワリ、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かっ立と思いました。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い初めてから、口臭を人から指摘されるようになっ立という件がたまにあるということです。


義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。全てのインプラント患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。何知ろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えて頂戴。



もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうかしる必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)を完全に治す問題が生じます。
さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんも治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/chaae5pls8ctoh/index1_0.rdf