ハリスがアゴドリル

June 15 [Wed], 2016, 10:56
着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りないのです。一度も着用されないものであっても生地や糸は徐々に劣化していくもので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。未使用だから絶対高値というワケでもなく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をおもちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えて貰いました。
きれいで新しめの品物のほうが高値になり、色あせや虫食いなどがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるとのこと。まあ、仕方ないですね。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。
最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物全般は割合良い値段になる場合があります。

けれどもウールや化繊の着物というと、持と持との価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。


リサイクルショップのほうが古着として買い取ってくれることが多いと思います。



もう着ない着物を買い取って貰うことを考え、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。

買取の流れははじめての人にもわかりやすく、その場で梱包してくれる業者、宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も選べるくらいありました。私の場合はどうしようと思いましたが着物の枚数は少ないので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、買取を一気に終えられるようにしたいと思います。着物を売ってみよう、と考える方は誰でも最大の関心事は着物の価値を正しく評価した査定額かということでしょう。着物の買取には相場があるのか、と聴かれると、これが相場、という基準はありないのです。素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってそうした条件を全部考え合わせて査定されます。
専門店にもち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。
査定は無料で行なうのが当たり前になっているので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ch0odrreesthtu/index1_0.rdf