支払督促えの対処方法

June 04 [Tue], 2013, 18:15
住民税を滞納した場合には、取り立てが来ることはご存知でしょうか。住民税は必ず払うべきものですから、納付を放っておくと、何度も取り立てが来ますし、最終的には財産の差押という事態を招いてしまいます。これは地方税法の第331条によって決められていることで、決して脅しでもなんでもありません。また、この地方税法によれば、督促状を発送してから10日を経過しても何も支払われない場合には、差押が行われるとあります。
これを回避するには、滞納を続けるのではなく、こちらからも払う意志を見せることが必要です。収入が少ないとか、失業状態などで支払いができないこともあるでしょう。そういう場合はまず役所に出向いて、なぜ払えないのか、どうすれば払えるかということをきちんと伝えてください。こちらがその意志を見せたら、相手も向き合ってくれます。もちろん滞納している以上、延滞金が加算されますので、実際に払う金額は本来の税金よりも高くなります。大方の場合分割払いを進められるようです。
また、「借りてでも払え」的なことを言われる場合もあるでしょうが、身内とか親しい人ならともかく、返済期限のあるキャッシングをしたりして払うのはやめてください。あなたの収入の範囲内で、どのようにできるかをまず考えてみてください。
ちなみに、こちらの支払督促|知って安心!支払督促への正しい対処法というサイトも参考になりますので、是非ご覧ください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆー453
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cgswedg/index1_0.rdf