借りたお金の金額が大きすぎて返済ができないときには

September 03 [Sat], 2016, 0:33

借りたお金の額が多すぎて、手も足もでなくなった時は弁護士や司法書士に頼りましょう。



もうこれ以上は返せないという場合は自己破産という手順がふめます。
数年間は海外旅行ができなくなるなどの制限をつけられますが、借金は消えます。

個人再生という措置を受けるには、収入が安定していることなどの一定条件があります。債務整理をしたことがあるという記録は、一定期間残ります。
この情報が保持されている期間は、新たな借入が不可能です。情報は年数が経過すれば消去されますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残ります。任意整理をやっても、デメリットなんてあまりないと勘違いされがちですが、実際はあることを知っておられますでしょうか。

それは官報に載るということです。
つまりは、他人に知られてしまう可能性も十分にあるということです。

これが任意整理のもっとも大きなデメリットだと言えるのかもしれません。私は個人再生によって助けていただいたことで月々にかかる住宅ローンの支払いが相当楽になりました。
多重債務 整理 方法


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cgd7r
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cgd7r/index1_0.rdf