セルライトが原因とされる肌の凹凸 

August 15 [Thu], 2013, 14:22
医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解である。

病理的なものであるということには疑いがもたれており、健康な組織であるという見解が支配的である。

女性に多く見られるのは、もともと皮下脂肪が多いためであり、これらは病気や異常と見なされていない。


研究では、大腿部などセルライトが発生するとされる箇所の脂肪とその他の箇所の脂肪で生化学構造の違いはなく、そのような特別な脂肪は存在しないことが確認されている。

医学関係文献データベース「PubMed」で検索すると、2012年8月時点で201の文献が掲載されており、直接的な研究も進んでいる。


脚の悩みを解消して美脚を手に入れる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cfwq3iu4y
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる