大原と伊波

April 01 [Fri], 2016, 9:40
FX投資を開始する際には、FX口座をどこの会社で開設するかで、迷うこともあると思います。

外国為替証拠金取引会社選びは、儲けを左右するほど必要です。



まず、取引にかかる料金が、低ければ低いほど儲けが大きくなると言えます。

スプレッドの幅が狭く、取引通貨が多く、約定力が高く、取引単位が小さく、操作がしやすいなどもFX会社を選定するポイントです。さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。



たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、決められているレベルを超えてしまったとするとFX業者による強制的な決済が行われるのです。しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。



FX投資の際は、たとえ忙しくても経済指標の発表日程は忘れてはならないほど大切なので、しっかり確認を怠らないようにしましょう。
経済指標の発表が行われた途端、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、動向に注目するようにしましょう。



FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、FX業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのもベターです。人気のFX投資を始めようとして、最初にどれ位の金額がかかるかというと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって違う金額になります。必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし5万円だったりもします。
さらに、最小取引単位についても業者によって違います。1000通貨のところもあり10000通貨になっているところもありますが、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

FX投資を始める場合に忘れずにいて頂きたいのがFXチャートを上手く利用することです。FXチャートとは、変動する為替相場をグラフとして書き表したものです。
数値を見ただけでは理解しにくいですが、グラフ化していくことで理解しやすくなります。

上手くFXチャートを使っていかないと希望するだけの収益が見込めなくなるので、見方を忘れないように気をつけてください。

株式投資など他の投資でも同じことですがFX投資では、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。トレーダーとして投資を続けていて、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。



損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。
受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、絶対にそれを特例を作らず絶対に守るようにします。


FX投資で取得した利益には税金を払わなければならないのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」と呼ばれます。一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、税金を納める必要はありません。

けれど、雑所得の合計が、20万円をオーバーする場合には、確定申告の手続きが必要です。



税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、ご注意ください。FX投資によって得た利益は課税対象なので、確定申告が必要ですが、1年間で利益を出せなかった場合にはする必要はありません。でも、FXによる投資を続けるなら、利益がなかったケースでも確定申告をした方がいいです。


確定申告をしておいたら、損失を繰越した控除が使えるため、最長で3年間、損してしまった分を通算できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる