プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cfpsmayzdqdcez
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヘフナー氏、プレイボーイの株式非公開目指す / 2010年07月13日(火)
 男性誌プレイボーイを発行する米プレイボーイ・エンタープライゼズは12日、同社のオーナー、ヒュー・ヘフナー氏が未保有の株式すべてを買収する提案をしたと発表した。その数時間後には、ライバル誌ペントハウスの親会社がプレイボーイ買収提案をする計画を明らかにした。

 ヘフナー氏の提案は1株につき5.50ドル(487円)を現金で支払うというもので、先週末9日の終値3.94ドルに比べて40%のプレミアムとなる。同氏は現在、クラスA普通株式の約70%、クラスB普通株の28%を保有している。同氏の提案に基づくと同社の価値は約1億8500万ドルとなる。

 同氏の提案によると、同氏はミシガン州バーミングハムのプライベートエクイティー企業、リズビ・トラバース・マネジメントLLCと提携について協議。リズビは買収資金について「主要な貸し手」に接触したという。

 一方、ペントハウスの親会社フレンドファインダー・ネットワークスのマーク・ベル最高経営責任者(CEO)は、同社がプレイボーイ買収提案をする計画であることを明らかにした。同CEOは「以前からプレイボーイに関心を持っており、別の提案をする方針だ」と述べた。

 しかし、ヘフナー氏はプイーボーイ取締役会への書簡で、ブランド、編集、それに同社の遺産への懸念から、自分の提案以外について交渉するつもりはないと明確に指摘。身売りや合併、あるいは自分の持ち株の売却の可能性を排除した。同氏によるプレイボーイ創業は1953年。

 プレイボーイは、取締役会が社外取締役による特別委員会を設けて提案を検討する。

 同社の価値は、プレイボーイ誌の広告収入の減少やインターネット、テレビ、それに同様のアダルト商品を有料・無料で提供するビジネスとの競争激化で大きく低下している。過去には身売りの話もあったが、同社を支配しているだけでなく、表紙の選択をはじめすべてのページの承諾権も持つヘフナー氏によって阻まれている。

 同社は昨年、編集機能以外のすべてを外注にするという契約を雑誌出版社のアメリカン・メディアと結び、最近ではアジアでのブランド・ライセンスの責任をIMGライセンシング・ワールドワイドに譲渡している。こうした措置の結果、第1・四半期の損失は100万ドルと、大幅に縮小した。収入は15%減の5210万ドル。

【7月13日11時41分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000009-wsj-bus_all
 
   
Posted at 20:48/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!