病院薬剤師の日常を知っていますか?

April 15 [Sun], 2012, 22:04
病院病棟勤務での薬剤師の仕事1

高校生の頃から、医療系の仕事につきたいと考え、日本大学医学部付属板橋病院で病棟勤務につき、薬剤師3年目となる関川佳代さん。
関川さんは、最初人と接することが好きだからという理由で看護師を目指そうと考えていたが、新聞で「これからは薬剤師がベッドサイドに」という記事を見て、薬剤師になることに決めたそうだ。
日本大学薬学部から同大学院に進み、現在の職についた関川さん。
最初は大学卒業後に就職することを考えたが、4年生で病院の実務実習を体験した時に、今以上の思考力の必要性を感じ、大学院への進学を決めたそう。
病棟での主な仕事は、薬の調剤だけでなく、患者に対する服薬説明、患者の薬歴管理、注射薬の調剤、医薬品の管理及び情報管理、医療会議への出席など、たくさんある。

薬剤師 採用に関しては、年々難しくなってきているようですよ。しっかりと面接を受けて自己アピールをすることが必要だと言えるでしょう。薬剤師は国家資格ですけども、資格保持者もかなり多くなってきています。ですから、日頃からしっかりとした形で、スキルを上げていかないと転職活動をすることも、かなり難しくなってしまう事がありますから、注意をしてくださいね。