昔、白血病になり闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャ

July 08 [Fri], 2016, 0:53

私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛々しい姿でした。







いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果が出なかったばかりか、家を住み替えたところ、急に肌がキレイになり、酷い痒みもおさまりました。







いっそ環境を変えてしまうのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。







この数年、乳酸菌がアトピー改善に効き目があることが解明されてきました。







引き起こすものはいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。







アトピー患者の大部分はおなかの環境があまり整備されていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが完治するための方法となるわkです。







お腹が便でパンパンになってしまった事って生きていれば必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。







私もその一人で、最悪の場合は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。







お通じの改善に役立つ薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、出来るだけ自然に便が出るオリゴ糖を飲んでいます。







穏やかに効いてくれるのがいいと思います。







実はインフルエンザの予防ために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。







およそ1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというプログラムがありました。







私の娘が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。







乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。







アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が減っています。







ここを補って健康な状態に戻すには、保水保湿が大変大事です。







それ故に、お肌を守って、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要なのです。







何日も大きい方が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭の原因となります。







いくら食後に歯ブラシをし続けて、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口の臭いは腸から胃を通っていらないものを取り除こうとし、口臭として現れるのです。







この場合、便秘が治ると、口臭もあわせて改善されると言われています。







便秘にいい食物を毎日食しています。







どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。







日ごと朝食べています。







頂いている間に、便秘が解消してきました。







とにかくひどかった、便秘が消失できてお薬を飲む必要がなくなりました。







今ではポッコリしていた腹部も、ひっこんできていて幸いです。







主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザというものに感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症といったものです。







インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、治癒した後に後遺症が残る場合もまれにあります。







ご存知の通り、アトピーの改善には食べるものも重要です。







アトピーに対して効果がある食事を心がけることで綺麗な皮膚へと生まれかわることができると思います。







消化器系の内臓器官を整えて免疫力を高くする成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを日々バランスよく摂取するとアトピーの改善に良い方法です。







最近の研究成果でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がすごく有効だということが分かるようになってきました。







実際、インフルエンザというのはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。







日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力がアップして、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。







通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。







ひどい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。







少しでも早く、この状態を解放して、うんちを出やすくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。







私には乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。







昔から売られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、たえず私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。







乳酸菌を取り入れると様々な良い結果がもたらされます。







善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







その結果に、免疫力がアップして、より多くの健康的な効果がもたらされます。







他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザにも予防の効果があります。







乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされているのです。







最近の研究成果でインフルエンザを予防していくには乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきました。







実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。







日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力がアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。







乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はきわめて健康的になることができました。







毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。







ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘にならずにすみます。







乳酸菌を摂取するようになってから、お肌の調子も良くなって、体重まで落とすことができました。







アトピーにいいと言われている入浴剤を試用品として貰いました。







どのような品物でもそうですが、試しに利用してみないと結論を出せないものです。







その入浴剤はよく肌に馴染んで、いい感触でした。







ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、非常にしっとりします。







肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、食べ物なんだそうです。







摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。







恥ずかしい気持ちです。







近年は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。







年々予防注射を実施する人も上昇しているようですが、都市部ではかなりの人数が発症しています。







いくつも感染経路は可能性がありますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する空間で感染している可能性が考えられます。







乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトです。







昔、白血病になり闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手あまたの渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、効果が高そうな気分がします。







知っての通り、アトピーは大変に我慢できない症状になります。







季節関係なしに1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。







夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。







それに、食物アレルギーもあることが多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。








http://o5se7t0.blog.shinobi.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cficc9g
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cficc9g/index1_0.rdf