求人情報を活用してwebデザイナーに応募しました。

May 15 [Wed], 2013, 11:17
ネットで応募し数日したら面接日を連絡してきたので出かけました。


これまで2年間、ほとんど外へ出ずにウェブページ制作を請け負っていたので、朝早くからでかけるのはとても新鮮な気分です。


仕事を回してくれていた先輩の父親が脳梗塞で倒れてしまい、暫く実家へ戻るということなのです。


引継ぎのときに客先も全部紹介するから、といわれたのですが、僕はどうもビジネスをする才覚がかけているようなので、丁重にお断りしました。


そんな必要はなかったのかもしれませんが、とにかくぼくはパソコンのキーボードをかちゃかちゃやってさえいれば幸せなので、極端な話、別に仕事がなくてもかまわないのです。


でもやはり生きるためにはお金が必要ですし、食い物に好き嫌いがあるわけでもないのですが、余り脂っこいものやべチャットした物は食べたくないので、それなりに金がかかります。


そんなわけで電車の窓を見ながらうつらうつらしながら20分ほどで面接先の下車駅に到着、徒歩5分、ちょうど目を覚ますのに良い位の時間歩くと先方に到着しました。


鉄筋3階建ての2階で、事務所の扉を開けるとすぐ正面に机があって、座っている人とそのとたんに目が会いました。


社長です。


年頃はほとんどかわりません。


これまでの経緯を説明して、仕事が必要だと申告し掲載してあった給料は本当なのか、とたずねました。


「わたしは嘘は言いません」ととてもはっきりした口調で社長が返事をくれました。


何か特殊なwebデザイナーを探しているのかどうかも聞いてみたところ、「普通のレベルで良いが、文章を上手に書いてくれないと困る」というのです。


さっそくこれまでに作ったサイトのURLを書き留めたリストを提出してチェックしてもらいました。


ご満足頂いたようで、来週からと言う話になり僕もほっとしました。


やはり求人側にしてみれば実績をみたいという気持がとてもあるのですね。


でも初めての時にはどうすれば良いのだろう、と暫く考え込んでしまったのも事実です。




趣味・特技を活かせるアルバイト
http://kfdunn.com
自分の趣味や特技を生かしたバイト探しの方法をご紹介
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cfdud
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/cfdud/index1_0.rdf