【 更新情報 】

スポンサード リンク

FXとCFDの違いは?



FXとCFDはどちらも、売値と買値の差金で決済する証拠金取引なので、少ね資金ででったらだ額の取引ばすることができます。だはんで、どちらも資金効率の良い運用が可能で、個人投資家のライフスタイルにあった取引といえます。
では、FXとCFDの違いは何かというと、証拠金取引の対象となる原資産の数があげられます。FXは外国為替ば原資産にした証拠金取引であり、CFDは国内外の個別株、株価指数、業種別指数、債権、商品、ETFなどと多様に取り扱ってらんず。この意味では、FXは証券CFDの一つであると言うこともできます。FXとCFDの違いは、CFDは証拠金取引の対象となる原資産の種類が圧倒的に多いということですが、この多くの取引ば行う際に、一つの口座でできてまることも、CFDのでったらだ魅力ともなってら。
そしてもう一つ、FXとCFDの違いとして、CFDでは空売りができるということがあります。FXでは、手持ちの通貨がなければ取引はさいね。つまり、FXの取引とは、運用資金にかって通貨ば買い、儲けがでると考えたタイミングで売ることで差額の利益ば得るのですが、CFDでは、その手持ちの通貨や株式といったものば持っていねぐても、取引が可能なんず。
FXとCFDの違いは、取引対象の原資産の種類と、空売りができるということが大きいんず。

CFDの口座開設をするには

CFDの口座開設をするには

現在、日本で、個人投資家向けのCFDサービスを提供している証券会社には、ひまわり証券、SVC証券、CMCMarketJapanの3社があります。CFDを始めるためには、この3社のいずれかに、専用の口座を開設しなくてはいけません。
以前は、金融商品取引口座の開設には、手書きの書類を提出する必要があり、地方から口座を開設した場合には返送までに1週間以上かかってしまうこともあり、時間的なロスが大きかったのです。
しかし、ここ数年で、金融商品取引口座の開設は、インターネット上の手続きだけでできるようになり、もちろん、CFDの口座開設をするのにもインターネット上の手続きだけで口座を開設することが可能になっています。
証券会社のサイトにアクセスして、申し込みページで必要事項を記入すれば、ほぼ完了です。すぐにメールで連絡がありますから、その指示通りに本人様確認書類のコピーなどを送れば、CFDの口座が開設されます。首都圏あれば1週間程度でログインIDなどの情報が手元に届くというスピーディーさです。
CMCMarketJapanであれば、申込から書類の送付までがオンラインで完了します。そして、オンラインでCFDの口座開設をすれば、初回入金額が通常30万円のところ15万円になります。かなりお得ですね。

CFDとは

CFD(Contract For Difference、「差額決済契約」)とは、
商品、金融証券やそれらば元に派生した金融商品などの取引での「差金決済」のことば指します。
通常の金融取引商品より、有利な金融取引ば個人投資えさ提供する金融取引商品だんず。
取引の形態としては、通常の株式投資は取引所取引となりますが、
CFDは投資家が取引する相手がそのまま取引相手となる相対取引(非取引所取引)となります。
投資家は一定の保証金ば取引会社に預けると、レバレッジば効かせることで、
投資資金の何倍もの商品の売買ができます。
よって、外国為替証拠金取引(FX)の株式版とも言われてら。
CFDのその他の特徴は、レートの上昇時に利益ば得る「ロング(買いポジション)」だけでなく、
下降時でも利益ば得られる「ショート(売りポジション)」から相場に入れることだんず。
CFDは相場の流れに影響されることなく、どだけんた局面でも利益ば追求出来ます。
以前は「エクイティスワップ」と呼ばれ、CFDは機関投資家のみが取引できるものだったんず。
だばって、現在では世界の70カ国以上の投資家が取引ば行い、急成長してら。
特にオセアニアやヨーロッパでの人気が上昇してら。
P R
カテゴリアーカイブ