[MHP2G]遅れましたがHRが5になりました。 

2008年05月15日(木) 12時57分
まず報告することは
完全に三国志を引退致しました〜(*´ー`)ノ



カードも全部売りました。
総額で12000円かな?
LEが3枚くらいと、SRが半開封を含めて30枚程度あったのにこの値段ってどんだけ三国志の需要下がってんだか(笑)


まあいいけど(*´ω`)
ちなみに
やめた理由は、単純に
「ここが潮時か」
と判断したから。
別に三国志がクソゲーとは思いません。
ただ、お金がかかりすぎなこと。
そして若干落ち目が見えたこと。
ついには飽きてきたこと。


まあそんな感じかな?
大尉にはなれなかったけど別に…。
大尉昇格戦には行ったからいいや。



そんなんで三国志はやめちゃいました。





そしてモンハンのお話。
ラオシャンロンを弟と協力して35分守りきるゲームをしてクリアしました。
ここで質問なんですが、
「緊急クエストって、発注者がクリアしないとクリア扱いにならないんですか?」
一回弟が発注してクリアしたのに、オレがクリアできてない扱いになってたので疑問に感じましたさ。



でまあ
HR5に上がって…
ギルドカードも色が変わって…
最近は武器強化のためアイテムを集める日々が続いております。
『雌火竜の逆鱗』が……
いい加減落としなさいよ的なノリです。
もうリオレイア捕獲しまくりです。


レウスに2日間負け続けたオレにとって、レイアはなんかもう…
すみません、
レイアとレウスを比べたらレウス様に失礼ですね。



防具は相変わらずレウス様装備です。
攻撃力UP[大]はでかいっすよ〜マジで。
防具Lvも13まできたので、各64くらいまで基礎防御力があります。

次はレウス様のS装備を目指してますがどうにも…。
上位のレウス様に勝てません。
というのは、殺されるのではなく、単純に基礎攻撃力が足りません。

つまり、一言で言ってしまえば死んでくれません。
で、弟とやれば終わるんですが、基本的に一緒にやるときは、キークエとかそんなんになっちゃうので、オレの防具を揃えるためにレウスやろうとはなかなかね〜。



まあそんな感じで。
まずはレウス様を倒せるだけの装備を整えてる次第です(−ω−;)

[MHP2G]勝ったか…これが何度目の挑戦か、最早わからぬな… 

2008年05月11日(日) 10時50分
リオレウス……
長い戦いだったな……
まる3日間負け続けたあなたを忘れることはないだろう。


あなたのおかげで他のクエストをやった時の敵がまるでゴミのように弱く感じるようになった。





そして言わせてくれ
「敵将、討ち取ったりぃぃぃ!!」


■クエスト中に使ったもの。
応急薬×12
回復薬×10
薬草+アオキノコ(回復薬)×10
ペイントボール×5
支給用閃光玉×2
携帯食料×8
モドリ玉×1
痺れ罠×2(うち一個は仕掛けた直後に逃げられる)



痺れ罠は最後まで取ってました。
というのはタイムアップ直前になったら捕獲用麻酔玉で捕まえる予定だったので


まあ
痺れ罠使って殺しましたけど。



『残り5分です』
アイルー「兄さん、ゼロアワーが」
………了解だ。



ビリビリ…ビリビリ…
さぁこっちへ来い



ウオォォォォ!!!



ビリビリ…ビリビリ…
ウオォォォォ!!!
痺れ罠「今だよ、兄さん」
オレ「切り札は最後まで取っておくものだ……」



「力を認められぬ者の恨み、その身をもって味わえ!!」
△→△→○→△→R→R→R→R→R



『目標を達成しました』
「そんな…そんな、バカなぁぁ!!?」





みたいな感じ?
というわけでだいぶ実力がついてきたみたいです。


レウス強かったな〜


まあ
「ボクらはさらに強くなるよ、キミを踏み台にしてね!!」
と言ってみるw

[三国志大戦]今日の反省点 

2008年03月21日(金) 10時46分
今日からちまたでは群雄大会らしいですが…。


そんなことに全く興味がないオレは普通に全国対戦をしてました。
もうそろそろ一品が見えてきたわけですが、遠く及ばず……。
つまり単純に何が足りないかったかって言うと、腕というよりも試合の駆け引きですね〜。


マジ張角ワラに久々に負けてしまった時は自分に幻滅したなぁ。


よかった点。
全体的に落ち着いたプレイをした。
周りの動きとかで
・根元一気の位置を見抜き
・極滅業炎の位置を見抜き
・相手のスキをついた端攻城
・確実な自城の乱戦プレイ
・切る武将と生かす武将
・火計で焼かせてやる
などなど。
よかったにはよかった。
ゆえに
大徳だったりに勝てたし。
すごかったのは3戦連続の関羽デッキに3連勝したしね〜。


逆にダメだった点。
【今日のワースト】
『水禍の計を打たれすぎ』
ですね〜
いや、
「ああ、水禍あんだよなぁ〜」
ってわかってはいるんですよ。
直前まではね。


で、
vs覇者求の時
LE曹操
UC徐晃
LE楽進
C郭皇后
LE荀攸
お互い攻めきれず、士気12たまった25カウントくらいの話。
荀攸が水禍のマウントは見せていないので……
※もちろんこの時オレは荀攸を見てる
→先に水禍を打つ
→打った瞬間神速叩いて残りの部隊でしや

【狙い】
ラインをうまいぐあいにこちらに引き寄せる。
→覇者求を打たせる。
※ぶっちゃけ先打ちでもいいんだけど。
→神速で引き寄せる
→そのまま各個撃破を狙う
という流れにしたかったわけ。


結局どうなったかというと
相手が中央くらいに来る時に
曹操「曹操に天下を見るならば、曹操の下におれ!」
と覇者求を打つ。
→ブーンとラインを引っ張る。
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」
→賈クは端攻城
→楽進は乱戦で相手の突撃オーラを纏わせない
→張遼、夏候惇、曹仁で潰しに……


そう、この時だった。
『誰から潰すか』
ということに気を取られすぎてしまう。
→実際そこで徐晃を倒した。
→そしてそのままオーラを纏い……
この時に固まってしまった。
荀攸のことはすっかり頭から抜け……


計略【放水】
うわー…そうだよなぁ…
夏候惇「………」
張遼「不覚……」
曹仁「化け物か!」

惇は生き残ったものの…
乱戦した楽進は溶ける
楽進「いつか戦地にて」


そして奥義発動。
司馬懿「引導を渡してくれよう!」
→しかしながら範囲外にずれられるのみ
→惇で雲散
→しかしながら兵力がないので撤退
→賈クは武力差で撤退。
→ワンパン
→ガン守り
そうか〜…


vs呂布ワラ
ていうか
呂布ワラの場合は天下無双だけ考えてて、ひたすら惇が雲散マウント取ってたら、すっかり忘れてた干吉知略昇陣水禍で流される。
マジねえ……
ダメ計忘れるのはいけないね。

周瑜とかきよたかとかはわかってるんだけどねえ……


水禍はどうしても一瞬頭から消えるんだよなぁ。




そこは気をつけないとな。
そんな感じ。

[三国志]今日はチームに入った 

2008年02月20日(水) 0時14分
今日は樹のチームに入りました。
……そんでもって。



また5品に落ちそうですwwうぇww
軍師SR周瑜
R夏候惇
R曹丕
Rホウ徳
UC楽進
……地がいっぱい。
大喝で士気をうまくコントロールしながら、極滅業炎にうまく引き入れて……
焼くというゲーム。


……うん。
難しいw
っていうか業炎の戦い方はまた難しいw


そんなこんなで遊んでたら。
……一気に降格危機です。


ちょっと
自分の騎馬スキルの見直し
試合の全体的立ち回り
関羽対策
そこら辺を確認したいので。
次回から覇者求使おうと思います。


神速は当分ご休憩おww(*^ω^)

[三国志]今日の戦果@3戦目 

2008年02月18日(月) 2時10分
くらま軍【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード:魏SR司馬イ Lv13
選択奥義:天/根元一気

魏LE張遼:騎/2.5/9/7/天
魏UC夏候惇:騎/2.0/7/7/地
魏UC曹仁:騎/1.5/6/5/天
魏UC楽進:騎/1.0/4/3/天
魏R賈ク:騎/1.0/1/9/天


相手軍【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード: ?  Lv16
選択奥義:?/ ?

蜀SR関羽:騎/3.0/10/7/天
魏UC夏候惇:騎/2.0/7/7/地
蜀R魏延:騎/2.0/8/5/天
魏SRシン皇后:騎/1.0/2/7/天



うわぁ…忠義だぁ…
====敵城====
シ/□□惇関櫓□□□
/魏□□□□□櫓□櫓
毒毒□□□□□□□□
毒毒毒毒□□□□□□
毒毒毒毒□□張惇□□
毒毒□□□□□仁□□
□□□□■■□櫓□櫓
□□□■■■櫓□□賈
楽===自城====
地形と奥義(根元一気)はこんな感じ。
後は開幕の配置も。
楽進のみ自城スタートです。
相手の柵は1枚です。
どうせ相手の奥義は諸葛亮なんだろうなぁ…
天、天、天とかマジ終わってるw


まあ仕方ないねw




―――開戦―――
とりあえず魏延方向に楽進を上げる。
……魏延右端に移動しないかなぁ…


一方右側。
20カウントくらい分の話を端的にまとめると、
・向こうは乱戦狙い。
・こちらは連続突撃を狙う。
・魏延は全く開幕の配置から動かない。
・楽進は下げる。
・とりあえず相手の櫓のみ全て壊す。
・お互い一時帰還。


……するとすぐに
【計略】『舞踊』
シン皇后「力を分けてあげるわ」
あー踊ったし攻めるなら今か。
と上がって行ったが……


中途半端に攻めたために機会を逃す。
この時伏兵の賈クを上げて行ったんだけど、ラインを上げきれずに攻める機会を逃した。


……ちなみに
魏延は相変わらず定位置から動かない。




そして士気がたまってきたら
【計略】『奮起号令』
「皆の者、決死の覚悟で進むのだ!」
と無勢の舞いを踊っている場所で忠義をぶっぱしてくる。


……驚きの白さにして攻める気か?
そうはいかねえ!!
今度こそ攻め上がってやる!!
====敵城====
シ/魏□□□□□□□
/□□□□□惇関□□
毒毒□□□□□□□□
毒毒毒毒□□□賈張□
毒毒毒毒□□□惇仁□□
毒毒□□□□□□□□
□□□□□□□櫓□櫓
□□□□□□櫓□□□
====自城====

【伏兵】
じゃーん、じゃーん、じゃーん
賈ク「まずは奇襲成功…」
踏んだのは関羽。
そのまま賈クは乱戦させて関羽の動きを止める。


【計略】『神速号令』
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」
張遼、惇ちゃん、曹仁の3人掛け。
今なら向こうの惇は雲散できないはずだ、魏延もあの場所じゃ間に合わない。このまま関羽を潰すぞ!



【一騎打ち】
……マジか…。
曹仁vs関羽
相手は忠義と無勢で武力が16になった勇猛持ちの関羽である。


曹仁「ぶったまげろやぁ!!」
無双バーが細いんだが……





無双





無双












自分:無弱無激激
相手:無無無強無
結果:△×△○×


【敗北】
関羽「この関羽に刃を向けることが間違いなのだ!」


【撤退】
曹仁「化け物かぁ!?」
マジかよ?関羽とかマジお前死んだじゃんかよー…
普通に帰られる。
そしてそのまま乱戦されて…


攻めきれず、これ以上無茶したら逆にヤバいので帰る。



―――数カウント経過
ついに前に出てくる魏延。
……ちなみに兵力はバッチリ上限を越えている。


こちらも張遼と惇ちゃんを使ってラインを上げる。
【復活】
曹仁「どーんと来いやぁ!」
曹仁が復活したので根元一気使って、守りつつ攻め上がればいいかと判断。


思った通り……
城門に張り付く魏延
とマウントを取る関羽
そして櫓を壊す相手夏候惇。

さて、賈ク意外全員出すよ〜
もくもくもくもく……



【くらま軍】
司馬イ「引導を渡してくれよう!」
奥義『根元一気』
====敵城====
シ/□□□□□□□□
/□□□□□□□□□
毒毒□□□□□□□□
毒毒毒毒□□□□□□
毒毒毒毒□□□□□□
毒毒□□□□□□□□
□□□□■関□惇□□
□□□■■魏■□□□
====自城====
関羽は出る前に殺す。
または兵力を削ってそれから殺す。
魏延は乱戦で潰せばいい、どうせ相手は作業ゲーバカだから、神速を叩いたら気にせず回るだろう。そのためにデッキに採用した惇ちゃんに雲散させればいい。
曹仁はシン皇后を潰すか……。
そのシン皇后を潰しに行った曹仁を相手の夏候惇が潰しに行くだろうから、それは張遼が抑えればいい。



……よし、行くぞ!
【計略】『神速号令』
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」


【計略】『車輪』
やはり回ったか魏延。
愚か者が考えそうなことだ。
【計略】『雲散』
夏候惇「今だっ!」


さてと
惇ちゃんはそのまま魏延と乱戦しててくれ。
楽進はいったん帰ろう。そろそろ関羽が死ぬと思うんで、その後魏延と惇が武力上がったら厄介だ。


と。
思った以上に関羽が死んでくれない。
……これでは……
一度曹仁が関羽に突撃して、もう一度突撃。
【撃破】
関羽「撤退するぞ!」
そのまま曹仁はシン皇后を潰しに……
行きたいのだが、柵が……
さらに関羽に連続で突撃した時にずっと毒を浴びてたので若干兵力がヤバい。
さらに張遼が相手の惇を止められない…


くそ…もうgdgdだな。。
こうなったら張遼は張り付いて攻城準備だ。
楽進は?
もう上がれ上がれ。
張遼の補佐に回れ。
曹仁はそのままシン皇后を倒しに行くと見せかけて惇を引きつけろ……
【撤退】
曹仁「化け物か!?」
ずっと毒を浴び続けた結果曹仁毒死。
そのまま惇が張遼に向かう


……すると
【相手軍】
司馬イ「我が奥義を見よ!」
奥義『兵力増援』
諸葛亮じゃねえーのか?
……ってそんな場合じゃない。
今増援叩かれたら張遼の一発が危うい…


思った通り……
楽進を出したことで
自分:張遼、夏候惇、楽進
相手:魏延、夏候惇
なので、無勢効果が発動。
その発動した相手の惇の突撃が張遼に入り、そのまま乱戦…
楽進が止めに入った時はもう瀕死。
そのまま……
後1ミリ足りず
【撤退】
張遼「不覚…」
張遼が撤退


【撃破】
魏延「くうっ……」
一方でこちらの惇ちゃんが魏延を撃退するも瀕死。
これで残り20カウント……
こちら側の部隊は
・張遼:無勢の効果に負けて今撤退
・惇ちゃん:魏延との乱戦で瀕死
・曹仁:毒死しました
・楽進:行動が中途半端でほぼ無傷
・賈ク:家の中で何もしてません(無傷)
こっからどうするよー…

とりあえず
離間使って相手の動き遅くしてその隙に部隊散開させて数で攻城狙うしかないかなぁ……


【復活】
曹仁「どーんと来いやぁ!」
解毒されたようで復活。


そして出てくる相手の関羽と惇。
【計略】『奮起号令』
関羽「皆の者、決死の覚悟で進むのだ!」


するとここで部隊を分けてくる…
……どうする?
離間か?
いや神速使ってなんとか…?
え?どっちだ?
とりあえず楽進は攻城行け…
…ん?
どうする……


あっという間に張り付かれる。


そしてこちらは乱戦…
向こう側では魏延が乱戦…





3……2……1……
―――時間切れ
【引き分け】




マジかよー…
━━━反省会━━━
あー…関羽対策で作ったデッキでこの結果か…
むしろオレが色々ミスったわぁ…



まず相手の無勢を見越して賈クをもう少し上げとくべきだったわぁ…
それでラインコントロールが甘い。
もっとガンガン攻めるべきだったな。

それはそれ
後これはこれで…
奮起号令ぶっぱしてきたなら、時間切れるかなーって辺りまでまてばよかった。
士気溢れそうだからって無理して攻めたからな。
それがなきゃ曹仁の一騎打ちも武力的に対抗できたかもわからない。
……まぁ一騎打ちは仕方ないよな。
あの弱出したのも無双出せなかったし。
無双出すとこは2本だけで全部出した上で、相手が無双、無双、無双、強、無双じゃ対抗は無理(笑)


そんで。
後はあれだな。
根元一気発動後。
正直ねえ。
楽進下げる必要なかったと思う。

魏延の車輪はまず想定内。
そんで武力的に……とかいうのは根元で大丈夫でしょ?
関羽も張遼だけで倒せたろ〜…
……それは無理か?
なら曹仁を初めから関羽倒すこと先行させるべきだよな〜

そんでまぁ
そこで楽進が攻城できたろ?


まあ楽進出さないにしても。
そこで張遼を早めに攻城準備させるべきだったな〜…
で。
相手の惇が張遼にくるなら
→曹仁はシン皇后を潰せる。
相手の惇が曹仁にくるなら
→張遼が攻城入れられる。


ああ!!
この試合は勝ってた。


最後の最後も離間1部隊がけでよかったわぁ…
執着しすぎたな。
結果中途半端になった。



……今回の場合オレは関羽対策ってより無勢対策ができてなかったな。
ふむふむ。



そんな感じか。



━━━で。━━━
今回動画撮影してみて……
うん、いいね!
自分のプレイが後々見返せる。
で、反省会ができる。


ちょっと当分撮影考慮しますわ。
追記:動画まだあるんで見たい人言ってくれれば見せます。
※若干雑音がうるさいです

[三国志]今日の戦果@2戦目 

2008年02月18日(月) 2時10分
くらま軍【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード:魏SR司馬イ Lv13
選択奥義:天/根元一気

魏LE張遼:騎/2.5/9/7/天
魏UC夏候惇:騎/2.0/7/7/地
魏UC曹仁:騎/1.5/6/5/天
魏UC楽進:騎/1.0/4/3/天
魏R賈ク:騎/1.0/1/9/天


相手軍【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード: ? Lv12
選択奥義:?/ ?

魏SR司馬イ:騎/2.0/6/10/天
魏R典韋:槍/2.5/9/2/地
魏UC夏候淵:騎/1.5/9/5/地
魏SRシン皇后:騎/1.0/2/7/天

====敵城====
□□□司 典 淵□□□
□□□櫓==櫓□□□
□□□□ シ □□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□櫓張惇櫓□□□
□□□□楽仁賈□□□
====自城====
場所は草原で平地。
典:典韋
司:司馬イ
淵:夏候淵
シ:シン皇后
典韋とシン皇后で柵が2枚です。
こっちの奥義は根元一気でさっきと同じ自城前です。



━━━開戦━━━
張遼と楽進は左側へ
惇と曹仁は右側へ移動。
典韋の槍にだけ注意する。

相手は夏候淵とシン皇后が一緒に行動し、張遼と楽進側へやってくる。
典韋は真ん中で槍牽制。
====敵城====
□□□□□□□□□□
□淵シ櫓==櫓□□□
□↓↓□□□典□□□
□←張→□□□惇仁□
□←楽→□□□↓↓□
□□□□□□□□□□
□□□櫓□□櫓□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
張遼と楽進で騎馬をひきつけている。
そして、
・夏候淵とシン皇后が出過ぎたこと。
・典韋が真ん中でとどまっていること。
これがあったんで、
あ、曹仁と惇ちゃん攻城行けんじゃね?
と判断。

====敵城====
□□□□□□□□惇仁<攻城準備中>
□□□櫓==櫓□□□
□淵シ→→□□□□□
□□張□□□□□□□
□□楽□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□櫓□□櫓□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
慌てて戻る夏候淵とシン皇后。




【攻城】
曹仁「城門をこじ開けろォ!!」
しかし間に合わずに壁一発。
夏候淵とシン皇后に突撃されて惇ちゃんが瀕死なので、
====敵城====
□□□□□□□淵←仁
□□□櫓==櫓シ惇□
□□□□張□典↓↓□
□□□□楽□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□櫓□□櫓□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
曹仁で相手の騎馬を抑えつけながら、惇ちゃんを逃がす。
……と、
【伏兵】
じゃーん、じゃーん、じゃーん
司馬イ「引導を渡してやろう」
踏んだのは張遼。


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□櫓==櫓□淵□
□□□□□典□□仁□
□□□□司□□□シ□
□□□□↓楽□□惇□
□□□□□張□□↓□
□□□櫓□↓櫓□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
今度は楽進で司馬イを抑えつけながら張遼を逃がす。
一方右側は追いかけっこ状態。
……すると


【一騎打ち】
曹仁vsシン皇后


曹仁「ぶったまげろやぁ!!」







無双











無双




自分:無激激激無
相手:弱弱失激無
結果:○○○△△


【勝利】
曹仁「なんだ、もう終わりか!」


【撃破】
シン皇后「だ…だめぇ…」
シン皇后を一騎打ちで撤退させる。



とりあえず一時こちら側も相手側も全員帰還する。
……で。
とりあえず柵が邪魔なので楽進と曹仁でラインを上げる。


すると司馬イと淵が出てくる。
ので、若干下げつつ……
張遼と惇ちゃんの兵力回復を狙う。
時間稼ぎである。

すると相手がガッツリ出てくる。
ので、
あ、夏候淵これ伏兵踏ませられるかも。
と判断。
賈クの伏兵を若干上げるも…


ガタン!!
夏候淵は櫓に突撃、
【伏兵】
じゃーん、じゃーん、じゃーん
賈ク「まずは奇襲成功…」
そして後からついてきた司馬イにあっさり伏兵を踏まれる。



とりあえずお互い下がる。
……が、
====敵城====
□□□□□典□□□□
□□□櫓==櫓□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□淵司□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□櫓□□櫓□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
【計略】『神速』
……え?
夏候淵が神速戦法を使って櫓を壊しにくる。とりあえずこちら側も城から出る。


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□櫓==櫓シ□□
□□□□□□□↓□□
□□□□□典□司□□
□□□淵□□□□□□
□□□↓□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□ 仁楽張賈惇 □□
====自城====
淵が突撃オーラを纏った楽進と突撃。
もう一回楽進と曹仁が淵に突撃。
とりあえず帰っていく夏候淵。
いったんこちらも自城に帰る。


するとそのまま真っ直ぐ降りてきたシン皇后が張り付いてくる。
司馬イは後ろでこちらの出るのを伺いつつ…
典韋が槍を出してる感じだ。


……でもまぁ
とりあえずシン皇后は計略を使わず撃退。
【撃退】
シン皇后「だ…だめぇ…」



そしてラインを上げていく…
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□櫓==櫓□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□司□
□□□□典□□□□□
□□ ↑↑↑↑↑ □□
□□ 仁楽張賈惇 □□
□□□□□□□□□□
====自城====

一度上がって典韋の前でビタ止まり成功、そして乱戦。
【計略】『神速号令』
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」
曹仁は左へ。
張遼と楽進はそのまま典韋と乱戦。
惇ちゃんと賈クは右側へ移動。
……させようとしたらすぐに
【計略】『英傑号令』
司馬イ「我が知の前には、赤子に等しい!」
計略の効果を消されて武力を下げられたのは2人。
惇ちゃんと賈クである。
この2人は一度自城へ……


……さてと。
典韋にはまず死んでもらうよ。
突撃…突撃…
【撃退】
典韋「ここは通すわけにはいかんのだ…!」


そのまま3人で司馬イに向かう。
一度柵に隠れつつ、突撃してくる司馬イ。
おやおや?あんま調子に乗んなよ?ww
3人の突撃をモロに喰らって瀕死になる司馬イ。そのまま城の中へ帰って行った。


攻城は入れているのでこのまま柵を壊しに行く。
ガガガン…ガガガン…
3人の神速で一気に柵がなくなっていくのだが。
そこに夏候淵が左サイドから登場。
突撃を狙ってくる。


お前もあんま調子に乗んなよ?ww
突撃突撃突撃!突撃!
【撤退】
夏候淵「この俺が……」
夏候淵が撤退。
そのまま曹仁が張り付いて一発狙うかな〜
とか思ったが。


無理せず引くことにした。
……この時司馬イが瀕死だったから殺したかったのだが。
ギリギリのところで逃げられてしまう。




―――数カウント経過。
とりあえず兵力が満タンなので上がる。
====敵城====
□□□□□□□□□シ
□淵□□□司□□□典
□↓□□□↓□□□↓
□□□□□□□□□□
□□□ ↑↑↑↑↑ □
□□□ 仁楽張賈惇 □
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====


まずここで仕掛けてくるのは相手側。
【計略】『舞踊』
シン皇后「力を分けてあげるわ」
【計略】『神速』
無勢の舞いを踊り、神速戦法で攻めてくる夏候淵。


とりあえずいったん城へ帰る。
楽進と曹仁の突撃オーラで夏候淵に牽制しながら……。
そのまま左端に張り付く夏候淵。


今回は楽進だけ出さずに
====敵城====
□□□□□□□□□シ
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□典□
□□□□□□□□□□
淵惇賈張仁□□□□□
====自城====
【計略】『神速号令』
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」
惇ちゃんは淵と乱戦
賈クは帰る
曹仁は真っ直ぐシン皇后殺しに行く
張遼は……
典韋に近づいては離れて、近づいては離れてを繰り返し牽制さつつ……
とりあえず夏候淵に突撃。
そのまま張遼は夏候淵と乱戦し、惇ちゃんが離れて突撃。
【撃破】
夏候淵「この俺が……」
そして惇ちゃんはいったん帰ります。
張遼は典韋の元へ…


そして右端に張り付く典韋。
そこに出てくる賈ク。
【計略】『超絶強化』
典韋が刹那の怪力で粘ってきます。



……一方で。
【撃破】
シン皇后「だ…だめぇ…」
シン皇后を曹仁が撃破。
司馬イが頑張って抑えてたもののもちませんでした。


さてさて。
賈クは乱戦しててもしょうがないので上がります。
そして典韋の元へ突撃する張遼、
自城から出てくる惇ちゃん。
【計略】『妨害』
夏候惇「今だっ!」
刹那の怪力を雲散。
そしてそのまま典韋に突撃で……


【撃破】
典韋「ここは通すわけにはいかんのだ」
そのまま張遼と惇ちゃんも上がります。
楽進も出てきて上がります。



残りカウントが6……
【相手軍】
郭嘉「これが軍師の奥義というものだ」
奥義『再起興軍』


とりあえず……
司馬イが瀕死なので、張遼で突撃して殺します。
【撃破】
司馬イ「一度退くか……」


そのまま曹仁が一発攻城を入れる。
【計略】『神速』
そして曹仁が、出てきた夏候淵に突撃する。
【撃破】
夏候淵「この俺が……」
【撤退】
賈ク「まさかこれ程とは……」


乱戦してた賈クは撤退。
そして曹仁が今度はシン皇后に突撃……




―――時間切れ



━━━反省会━━━
とりあえず開幕の立ち回りはよかったね
いい感じで一発取れたし……
後は全員守りきったしね。
一騎打ちがなければ曹仁は死んでた…かも?まあそれでも張遼と惇ちゃんいればなんとか。

中間はねえ…
神速号令打つ前に士気があふれちゃってて…ちょっともったいない。
司馬イの雲散は読んでたからOKかな。
ただまあ
柵壊し終わった後一発狙いたかったね〜
夏候淵と典韋がいなくて
さらに司馬イも瀕死なんだから狙えるっしょー(笑)
ビビりすぎたか(;´∀`)

まあ最後も
無勢の舞いを潰しに行ったし
雲散するとこちゃんと雲散したからOKでしょう。



……根元一気が全く役に立ってませんでした(笑)


ちなみに相手が再起使うなら…
こっちが柵壊して典韋と夏候淵潰した時くらいには使わないとなぁ…
……でもそしたらまぁ根元一気で終わりですね(笑)


そんな感じか。

[三国志]今日の戦果@1戦目 

2008年02月18日(月) 2時10分
くらま軍【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード:魏SR司馬イ Lv13
選択奥義:天/根元一気

魏LE張遼:騎/2.5/9/7/天
魏UC夏候惇:騎/2.0/7/7/地
魏UC曹仁:騎/1.5/6/5/天
魏UC楽進:騎/1.0/4/3/天
魏R賈ク:騎/1.0/1/9/天


相手【四品】
===デッキ情報===
使用軍師カード: ?  Lv6
選択奥義:?/ ?

魏SR曹操:騎/2.5/8/10/--
魏R張コウ:槍/2.0/7/7/地
魏C曹洪:弓/15/6/4/地
魏UC楽進:騎/10/4/3/天
魏C李典:弓/10/1/9/地


====敵城====
□□櫓□□□□櫓□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□■■□□□□
□□櫓■■■■櫓□□
====自城====
地形は平地で櫓がある感じ。
■の範囲が根元一気。


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□ 楽張 ■□□□
□□□□洪李□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□惇張□□□□
□□□□仁楽賈□□□
====自城====
【相手側】
■:曹操(伏兵)
張:張コウ
洪:曹洪
楽:楽進
李:李典
【自分側】
張:張遼
惇:夏候惇
仁:曹仁
楽:楽進
賈:賈ク(伏兵)


━━━開戦━━━
張遼、楽進は右上側へ
惇、曹仁は左上側へ上がる。
【伏兵】
じゃーん、じゃーん、じゃーん
曹操「天は我に味方せり!」
張遼が伏兵を踏み、真っ直ぐ帰る。
楽進を若干上げて張遼をかばいながら…
とかやってると。
カードを間違えて惇が張コウに刺さるw
…そのまま囲まれてしまい、
【撤退】
夏候惇「やるじゃねえか!」
やべえ……マジか。
そのまま上がってくる相手。
一度曹操に対し、楽進と曹仁2人でとのする。
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□洪李□□□□
□□□楽□張曹□□□
□□□□□賈□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
こんな感じで上がられる。
とりあえず曹仁と楽進を合わせて移動。
【伏兵】
じゃーん、じゃーん、じゃーん
賈ク「まずは奇襲成功…」
踏んだのは張コウ。
→そのまま賈クに曹操が突撃。
→その曹操に楽進と曹仁が突撃。
【撃破】
曹操「なんだと…!」
【撤退】
賈ク「まさかこれ程とは…」
曹操の突撃と張コウとの乱戦のため賈クも撤退する。


いったんここで帰る。


□□□□□□□□□□
□□□□洪李□□□□
□□楽→↓張□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
ここで曹洪が前に出てくる。
楽進はマウント。
張コウは槍で牽制。


□□□□□□□□□□
□□□□□李□□□↑
□□□□□張□□□↑
□□仁□ 洪 楽□□楽
====自城====
曹洪の位置に張遼を出す。
相手の楽進は張り付く。
こちらの楽進は端攻城に向かう。
横から曹仁を出して…
【計略】『神速』
曹仁が神速戦法を使う。


【計略】『特攻』
ここで曹洪が特攻戦法、……マジかw
そこでそれはないと思う……
曹仁が曹洪に対して突撃…突撃…
【撃破】
曹洪「私は…ここまでです…」
張遼は一度帰る。

====敵城====
□□櫓□□□□櫓□↑
□□□□□□□□□楽
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■□
□□□□□李張↑↑□
□□□□□□□楽↑□
□□□□□仁→→↑□
====自城====
逃げる楽進。
しかし逃がさんよ!!
神速のまま楽進に突撃…突撃…
張コウを見事にすり抜ける(笑)
【撃破】
楽進「この程度で…」
■の位置で撃破。


曹仁はそのまま櫓を壊しに向かう。
【復活】
夏候惇「まだ終われねぇ!」
開幕何もできずに死んだ惇ちゃん的にはまだ終われねぇらしい。


【攻城】
楽進「叩き潰せ!!」
一方で楽進は攻城。
その間に李典は城門に張り付いてくる。


====敵城====
□□櫓□□□□□□楽<攻城準備中>
□□□←仁□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□張□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□ 李 □□□□
====自城====
しかしまあ張コウは何がしたいのだろうか。
何もかもの行動が中途半端である……。
李典の位置に張遼を出す。


【復活】
賈ク「今度こそ……」
賈クが復活。
……ってことは曹操がもう復活したか。
楽進帰ってこーい。


【撃破】
李典「止め切れませんでした」
李典を撤退させる。
====敵城====
□□□□□□□□□曹
□□□□□□□□□↓
□□□□□□□□□楽
□□□仁□□□□□↓
□□□↓□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□張□□□□
□□□□□遼□□□□
====自城====
張遼が張コウにそのまま乱戦。
そこに帰ってきた曹仁が突撃する。
【撃破】
張コウ「いくさ場で死ねるか…」



一度足並みを揃えるため自城に戻り…
すぐに出る!
行こうぜ、今なら攻められる。
====敵城====
□□□ 楽洪曹 □□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□ 惇賈張楽仁 □□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
うわ、槍いねえからガッツリ突撃できる。
ガリガリガリガリッ



【一騎打ち】
楽進vs曹操


楽進「でぇやぁ!」





無双








無双







自分:無弱弱無激
相手:激無無激無
結果:○××○×

【敗北】
曹操「この勝利も、我が天命のうちよ!」


【撤退】
楽進「この程度で…」
いや、楽進が撤退したからって引きませんよ。
曹仁と惇が張り付く
張遼と楽進はマウント
====敵城====
□□□□ 仁惇 □□□
□□□←張楽→□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□


しかしながら…
相手がかなりうまい自城乱戦をすること、オレのマウントがぬるいこと…
1発も入れられずに帰る。
それどころか…
シュシュ、シュシュシュ、ザシュッ!!
【撤退】
曹仁「化け物か!?」
曹仁が槍撃と弓なども当たり見事に撤退…


……若干ヤバいんじゃね?
いったんこのまま帰る。



……すると相手も帰っていく
マジか!?
ここで攻めないのか。
これは新しい発想……





………士気が溢れそうになる。
相手側が出てくる。


………うーん、士気溢れたなぁ。
【計略】『強化』
魏武の強兵使われたわぁ……
そのまま上がってくる相手。

====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□洪李□□□□
□□□楽曹張□□□□
□□□□□□□□□□
□□ 賈惇張曹楽 □□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====

ラインを上げながら……
【計略】『神速号令』
張遼「最強を求め続けているのは、俺一人ではない!」
【計略】『英傑号令』
曹操「皆の者、力を見せよ!」


====敵城====
↑□□□□□□□□↑
↑□□□洪李□□□↑
↑□□楽曹張□□□↑
↑□□□□□□□□↑
↑←賈 惇張仁 楽→↑
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
楽進と賈クを端攻城に行かせる。
惇は賈ク側へ。
張遼と曹仁は様子をうかがっている。


……とりあえず曹操一人は消すか?
李典がいるから気をつけながら…


よし、この位置なら!
【計略】『妨害』
→【計略】『反計』
李典「全ては読み通りです」
……お前範囲広すぎるだろ…?

【撤退】
賈ク「まさかこれ程とは…」
賈クが曹操に喰われる。
【撤退】
楽進「この程度で…」
味方楽進が相手楽進に喰われる。



おやおや?
若干ヤバいか?
でもまぁ相手計略使えないし。
こっちは神速戦法と根元があるからなんとかなるだろ?


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□ 洪 李張 □□
□□□□□曹□□□□
□□□□ 楽 □□□□
====自城====


【くらま軍】
司馬イ「引導を渡してくれよう!」
奥義『根元一気』


楽進の位置に張遼を出して………


【相手軍】
司馬イ「引導を渡してくれよう!」
奥義『根元一気』
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□■■□□□□
□□□■■■■□□□
====自城====
根元が重なってるwww
やべえなぁ。
李典と曹洪範囲入ってねうから地味に痛いんだよね。


まぁとりあえず
【撃破】
楽進「この程度で…」
まぁとりあえずね。
楽進は撤退。
もちろん曹操は範囲から出ました。


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□洪□□□□
□□□□■■李曹□□
□□□■■■■張□仁
====自城====

そしたら張コウが張り付いてくる。
張遼は兵力減って出せないので、惇ちゃんを張コウと乱戦させる。
※ちょうど魏武の強兵が切れる。


【計略】『神速』
神速使って潰してやらぁ!
まず惇ちゃんが曹操に突撃される。
曹仁が一回張コウに突撃……
【撤退】
夏候惇「やるじゃねえか!」
惇ちゃんが曹操と張コウに飲まれる。


突撃ができないので曹仁はいったん帰る。


そして根元を突破しながら城門に張り付いてくる奴が一人……
曹洪お前か!
ちょうどそこに曹仁を出す。


張コウも張り付いてくる。
そこには張遼を出す。



根元が切れたとこで
【計略】『特攻』
【計略】『強化』
特攻戦法と魏武の強兵を使ってくる。
……が残り1カウント。



残念ながらそこで試合終了。



━━━反省会━━━
開幕の惇は何をやっているのかね!?
後は…一騎打ちか。
あれはしゃあないな
したら次の神速。
……叩いたはいいが、gdgdです。
まずね攻城で分けたけど。
うん、右側、楽進は攻城してないね?
……攻城ラインが浅すぎるんです。
ちゃんと差しましょう。

そして最大の反省点だが!!
……やらかしたね、惇ちゃん?
サーセンwwww
李典が思った以上に範囲広かったす…


後は……
この試合はそんなもんかな。
惇ちゃんの反計は酷かったなww

[三国志]新しい関羽対抗策を立てたデッキ編成 

2008年02月18日(月) 2時09分
関羽はなんとかしたい
でも神速デッキは諦めたくない!
……そんな感じで考えた結果できたデッキがこれだ。
軍師:
SR司馬イ:地/兵力増援 天/根元一気
魏LE張遼:騎/2.5/9/7/天
魏UC夏候惇:騎/2.0/7/7/地
魏UC曹仁:騎/1.5/6/5/天
魏UC楽進:騎/1.0/4/3/天
魏R賈ク:騎/1.0/1/9/天
デッキの内容を多少なり変更。
軍師C陳グン→軍師SR司馬イ
・ホウ徳→夏候惇
・郭皇后→賈ク
に変えた。
……え?
悪いが雲散ゲーとか言ってる時代じゃねえから。むしろ今は忠義ゲー…
「皆の者、決死の覚悟で進むのだ」
をなんとかするために考えたのだ。
まず軍師
……悪いが陳グンじゃやっていけないことに気づいた(今さら感バツグンww
いや、陳グンは好カード。
再起興軍/知勇兼陣はバランスがいい。
……しかし一方で爆発力に欠ける。

しかもだ。
相手は七星祈祷をしてくるのだ。
それに対してこちらは陣を張って…では対抗できない。武力が+1されたとこでまず無理である。
回復量は違うとしても
増援には増援でないと対抗できない。
またはそれを潰せるくらいの強力な何かだ。

そこで荀攸と迷ったけど、なんだかんだで根元の威力のがいいと思った。



次に2コス枠
正直関羽デッキ相手にした場合に含まれてることが多いパーツとして挙げられるのが、
●魏延
●趙累
つまりは車輪である。
車輪に関しては落ち着いて乱戦で対処すればよい……
……のだが。
いかんせん相手は忠義。
上限を越えて回復していて、回っている相手を止めなければならない。
しかもだ。
忠義はもちろん回復しているだけでなく武力上昇もある。さらにその上車輪でも武力上昇しているとなると、
14とか15の相手を乱戦で止めなければならない。
そして乱戦でなんとか止めてしのいだとして、そこで七星祈祷がきたらもう……
無理ですよ、と。
ゆえに単発強化を消すようなキャラはいた方がいいわけだ。
呂布対策にもなるし。
そこで惇ちゃんを採用した。

……その上で必要と考えたのは。
ぶっちゃけ郭皇后では関羽は止められない。悪いけど結果的に上限越えた武力13の関羽のマウントが、上限を越えた武力9の関羽のマウントになるだけだ。
……低士気で打てるからとか。
それで止められないなら意味ないじゃんか。

……そうである。
なんだかんだでマウントとられるのはしんどい。
そこでだ!
騎兵の突撃オーラをまとわせないことを考えた。そこでやはり離間かなと。
「0.8倍で時代は終わったよ」とか。
いや、ぶっちゃけ騎兵が動いてもオーラまとえなきゃ十分だよと。
賈クなら伏兵もあるし。
何かと便利だろ?


……使えないかもしれない。
でも一度入れてみる価値はあるんじゃね?
という感じで賈クを採用。



さて
そんで今日やってきたわけだ!
今日は動画撮影もしたから完璧な実況ができるww(笑)

[三国志]三国志大戦をやめるのは 

2008年02月14日(木) 14時45分
関羽がアレだからとか。
それはいかがなものか、とは思う。


※ここからは自分から自分への一喝
……ラグは仕方ないよ。
それはゲームの仕様なのだから、ラグが起こったら、それは諦めるしかない。
しかし
「関羽が強キャラだから」とか
「神速は今は厳しい時代だから」とか
「デッキ的には、強デッキランキング作ったとして、下から数えた方が早いんだ」とか
そんなことね、どうにでもなることよ。



まず自分で努力したのか?
……してないだろ?
デッキ考察とか、相手対策とかしたか?
……してないだろ?


やめるとかはね、個人の主観だからいいよ、うん。
ただそうじゃなくて、
「三国志はクソゲー」とかさ
その仕様の中で努力してる人が何人いると思ってる?
そんなね、「自分の努力の怠りのみで引き起こした結果で勝てなかったからクソゲー」とか言ってんじゃないよ。
このバカが。


それだからお前伸びないんだよ。
所詮3品止まりなの。
初歩技術とかを覚えただけでやってけるレベルは3品までってことよ。


実力があって上のクラスに行った奴はそうやってなんだかんだで実力でカバーできてるわけよ。


結果的に見れば実力で左右できるのに違いはないわけよ
わかる?
それがなんだ?
お前は努力する気ないのか?
そうやって全て努力せず投げ出すか?
そうかそうか、
ならばやめちまえ。
お前、根本的な才能がないよ。


勝てません
だから流行りのカードに頼ります
だから強キャラ使います
だから強計略に頼ります
だから強い人に頼んで品を上げてもらいます
だからもうやりません


そういう部類だよお前。




まあ
そこでどうするかはキミの勝手だ。
好きにすればいい。







――――――いや
あの。
そうですね。
そうでしたね。


なんかアレですね。
自分の決めたことに対して中途半端でしたね。




なんだかんだ言いましたが
…………もう少し頑張ってみます。

[三国志]三国志大戦やめます 

2008年02月12日(火) 20時57分
三国志大戦やめます、今まで本当にお疲れ様でした。



……え?
冗談じゃないかって?
冗談ではありません。
ガチでやめます。
少なくとも当分やるつもりはありません


……忠義が強すぎる。
ラグもひどすぎるし。
特にラグ。
有り得なすぎる。
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□●●●●●□□
□□□↓↓↓↓↓□□
□□□□□□□□□□
□□□●●●●●□□
□□□↓↓↓↓↓□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
騎馬単で、相手は覇者求なんだけど…
後にこの移動中に乱戦が始まります。
真っ直ぐ帰っててだよ?
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□●●●●●□□
□□□●●●●●□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
====自城====
しかも突撃オーラ的にこっちは下がってるから普通に覇者求打たれる
→劉曄いるから神速撃てない


でまぁ何発か入れられて
落城はしなかった。
うまく守って半分前後でおさえた。


====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□●●■●●□□
□□□□□□□□□□
□□□賈ホ張曹楽□□
□□□□□□□□□□
====自城====
賈:賈ク
ホ:ホウ徳
張:張遼
曹:曹仁
楽:楽進
■:敵曹操
この後神速の大号令を打つ
「最強を求め続けているのは、オレ一人ではない」
【その後の流れ】
「皆の者、力を見せよ!」
惇:夏候惇
鍾:鍾会
曹:曹操
劉:劉曄
楽:楽進

====敵城====
□□□□□□□□□☆
□★□□□□□□□↑
□↑□□□□□□□↑
□↑□□□□☆□□↑
□↑□惇鍾曹劉楽□↑
□↑□□□□□□□↑
□↑←賈ホ張曹楽→↑
□□□□↓↓↓□□
====自城====

賈クと楽進は端攻城に向かいます。
張遼、ホウ徳、曹仁は下に戻るっぽい感じになってますが、固めてるだけです。
惇だけ見て雲散されないような位置をキープしながら……

悪いがそんなことはどうでもいい



まず賈ク
横を見事にすり抜け、★の位置まで移動したところで
「まさかこれ程とは」
……え?誰もいないよね?一体何が…
そしたら
★の位置から【鍾】の位置まで、アンカーで引き戻されたかのごとく移動し、撤退する。


次に楽進
楽進は攻城開始マークが入った瞬間
「この程度で」
一体何が起こったかと思えば、右上☆の位置から相手敵内ど真ん中の☆に移動

最後に
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□■■□□●□
□□□■■■■□□□
====自城====
どうせここに司馬イはわかっていたので、●らへんでうろうろ
「引導を渡してくれよう」
根元一気が起こった瞬間の話
====敵城====
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□■■□□□□
□□□■●●■□□□
====自城====
ここに吸い込まれる。
素晴らしい手塚ゾーン


……あのね
これは泣きそうになった。
そのままなすすべもなく落城。





後は一騎打ち
もうね、全ての一騎打ちを見てみて明らかにオレが不利な一騎打ちしかおきない
開幕とかさ
明らかに武力差ある一騎打ち起こって
撤退して
一発取られて
ガン守り


マジ有り得ねえ。
ふざけんなと、


昨日も
相手が車輪中だったとはいえ
乱戦中ど真ん中にいたホウ徳が
刺さる、撤退。
何が起こったかと思えばムーブウォーク
その試合もそこで一発取られてガン守りされる。

後で見てみたら
迎撃回数がその1回だけ
たった1回の迎撃なのに
負ける。
そういうゲームよ?もちろん。
ただその1回の迎撃はラグってないだろ


本気で有り得ない。




後は忠義号令ね
あの作業は本気でつまらない。
あのね、
突撃しても突撃しても
「決死の覚悟で進むのだ」
突撃しても突撃しても
「決死の覚悟で進むのだ」
さすがに士気ないだろ〜ってなって
突撃して突撃したら
「今こそ、我が奥義を見せる時」


さすがにこっちの兵力がないので
落ちるじゃん
それでも守って1発で抑えてみるが
ガン守りされて負ける。


あのね、
クソゲーすぎる
死んでくれ


もうつまらない
使用カードランキング見てみろよ。
蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀蜀
ああなるほど
忠義か
諸葛か
そのパーツか


つまんねーんだよ バーカ
マジね
三国志大戦ってのは
3すくみの状態だが
実力次第で覆せるとかね
カードゲーではないと
実力ゲーだと

だからそれに惹かれて始めたんだよね
だけでまぁ
……もうそんな時代は終わった。


ver.3まで…
じゃないよ。
あのね、ver.2.11が一番バランスよかった。
あの頃は桃園だけじゃん。
決着張飛、質実趙雲、銀子、諸葛セン
あれだけはきつかったけど
まぁしかし
それだけじゃん。


もうバランス取れてた時代は終わった
忠義の時代
どうせ昔の桃園使いが今の忠義だったりするんだろうな
長槍
マジ死ねよ
クソゲーが




もうやめる。
明日全カード売りさばきに行くわ