国、北朝鮮のミサイル発射を非難する談話

August 05 [Tue], 2014, 12:04
ル問題で暗に中国批判、中朝関係の冷え込み顕著に―シンポガール報道
XINHUA.JP 7月27日(日)21時49分配信
北朝鮮がミサイル問題で暗に中国批判、中朝関係の冷え込み顕著に―シンポガール報道
中国が6月と7月の北朝鮮によるミサイル発射をほかの国連安全保障理事会のメンバーと共に事実上、批判したことを受けて、北朝強硬取材は、本人のコメントも肉声も取れなかったため、直撃取材に出たとのことであった
三木からその夜と、翌朝に厳重抗議をしたうえで、24日11時から、記者レクで、公表したこれを受けて、NHK大阪放送局報道部長、報道部取材統括、取材記者の3人が、三木の事務所を訪れて頭を下げ、報道部長が「取材方法に行きすぎがあったことを深くおわびする」と謝罪した当該記者に聞くと、「カメラマン含めて5名で囲みました」と答えたまた、その際に撮影した映像は使用しないことを告げたその後に聞くと、ホテルにも謝罪に出向いたとのことであった
小保方氏は、24日朝に、三木が電話で聞いたところ、 「本当に怖かった、今でも思い出すと怖いです」と述べていたまた、 全身が痛いこと、特に右腕が痛いと言っていたが、 予定通り神戸理研に出勤したしかし、心配をした理研職員に付き添われて、24日午後4時から、 神戸市内の病院で診察を受けたその結果、「頸椎捻挫」と「右肘筋挫傷」で全治2週間のケガと診断されたその事実は、直ちに、NHK側にメールで伝え、 午後5時半からの記者レクで公表した
その後にも、彼女は「本当に怖かった今でも怖い」と述べていた
なお、理研本部広報から、24日16時に、理研として、文書(FAX)、電話にてNHKに厳重に抗議を申し入れ、抗議文の正本を郵送したとの報告を受けたその宛先は、番組制作をしている大型企画開発センターExecutive Producerとのことであった

(*) 三木弁護士がまとめた事件の全容に、取り囲んだ人数についての情報を追記した(2014/7/28 13:40)
(**) 28日午後、NHKからの回答が届いたので、追記した(2014/7/28 17:35)鮮はこのほど、朝鮮労働党機関紙の記事で暗に中国を批判した中国と北朝鮮の関係が日に日に冷え込んでいることを示すものとの指摘がある南北メディアの報道として、シンガポール・聯合早報網が25日伝えた

【その他の写真】
は17日
米国とその他の安保理メンバー国、北朝鮮のミサイル発射を非難する談話を発表し、中国はこれに対して沈黙事実上、安保理の動きを支持する態度をとった

これに対して朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は24日、「誰もわが国のやむを得ない選択を阻止できない」と題した記事の中でミサイル発射について説明し、「国際的な正義に責任を負うはずの一部の国が、自身の利益のために米国の強権政治に対し沈黙を保った」と、暗に中国を批判した

ただこの部分は北朝鮮当局による中国語翻訳記事では、「世界で公正な秩序をつくり上げるべき国も、不適切だと知りながら自己の利害関係を優先するがゆえに、米国が日々、横暴になっていくことを黙認していることは悲劇だ」と、婉曲した表現になっていた当該記者に聞くと、「カメラマン含めて5名で囲みました」と答えたiPhone 5 ケースコピー当該記者に聞くと、「カメラマン含めて5名で囲みました」と答えたスマートフォン カバー当該記者に聞くと、「カメラマン含めて5名で囲みました」と答えたヴィトン 財布 新作
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cewe/index1_0.rdf