村尾がクイナ

November 21 [Tue], 2017, 16:33
今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。



当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。



劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。



ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。



インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。



治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる