大畑のチェン

May 19 [Thu], 2016, 4:55
妊娠が分かった後に葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題ないでしょう。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。仮にサプリメントを摂っていないとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普段の食事でも多少は葉酸を摂れていたと思います。
皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてください。
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。また、栄養バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、産後までは我慢したほうが良いですね。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りていないかもしれません。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的見地からも認められています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦が利用しているケースも少なくありません。
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を作る作用があります。それは不妊治療にも効果を表し、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすくなることが期待できます。葉酸で血液が増産されると、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍希
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ceulanuflibird/index1_0.rdf