はやみんがテイラー

July 31 [Sun], 2016, 21:21
もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。これから手術を受ける患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長い間落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。法律において、看護師というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ですが、患者さんの状態によって、切迫した状態では、キャリアのある看護師には医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、どこの病院でも日勤、夜勤と交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。以前は一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、近年では徐々に男性看護師も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、およそ750万円程度だと想定されます。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を付けた方が良いでしょう。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。職場の環境によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを理解しておきましょう。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、育児との両立を目指す看護師にとって大きな不安要素となり得ます。未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。なので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。職業上、看護師という立場では喫煙者が多くない印象がありますが、その印象は間違っておらず、平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須です。それが試験の受験資格でもあります。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、専門学校に入学するための予備校があるほど、難関なのです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、着実に医療機関を利用する人口が増加しています。ということはつまり、医療機関で働く看護師に関してももっと多くの人手が必要とされているのですが、今のところ、どこでも人手は足りていません。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も行い、看護師の大半はとても大変な思いをしているという現実があります。徐々に男性看護師も増加していますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。少し長く看護師をしてきておりますが、気になったことがあります。どうやら看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。その際ですが、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こういった事例は増加しています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻り就職をする人も少なくありません。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、充分に考えられた配属であることが殆どです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため復職を希望する人の例が徐々に増えつつあるようです。昔から、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など厳しい仕事も多いですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。高給が約束された安定した業種としては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。特に90年代の終わり頃でしょうか、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は世間的に認知されていた節があります。しかし、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。何しろ看護師の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。要するに看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれ程のものなのでしょう。調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。内容も専門学校や大学の講義をちゃんと学習していた人であればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に高難度な資格ではありません。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護師という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。働きづめの病院もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だといったケースもよくあるみたいです。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。看護師というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側が、考慮することが重要だということは言うまでもありません。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もういい大人なのだから、何か起こった時は決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、大病を患ってしまって一度看護師を辞めています。ですが、病気が完治すると復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少、仕事をしていない期間があっても、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが相場のようです。パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、人の命に関わる責任の重さや日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると出世していきます。婦長といえば誰でも知っている役職ですが、他にも役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も少なくありませんので、国家資格を持った正看護師の立場では上の役職であることは理解できると思います。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、責任を持って次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言で済むものも少なくないですが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。厳しい労働環境の中で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死してしまった看護師もいたのです。夜勤のない職場に移ったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます看護師の需要は高まり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周りの人間の信頼を得るように努力することが大切なようです。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけより多くの給料を受け取れるはずです。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど看護師は人気が高いと思うのですが、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が指摘できるのです。晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで婚期が遅れるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオイ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cesuvaprssleoe/index1_0.rdf