彦左衛門のやっすー

June 13 [Mon], 2016, 13:13
先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと全国の出生数に対して、平均4%と言われます。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそビタミンMとも言われる葉酸です。
特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、妊娠している女性には、葉酸が最も強化しなければならないビタミンだと言っても間違いはないのです。これから妊娠したいと考えている女性にも、妊娠中の女性にも葉酸の摂取が必要です。最近知られてきましたが、葉酸は胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。

ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にもたくさん含まれますが、サプリメントで摂取しても問題はないので野菜不足を気にされている方や先に挙げたような野菜が苦手な方にはぜひとも使って欲しいものです。



私も好きなのですが、妊活中でも、好んで飲むのがコーヒーなどで、飲む習慣がある方は注意してください。


コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やしてしまうという効果を持ちます。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の機能も下がってしまいます。コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、摂取は控えめにした方がいいでしょう。



妊活と聞くとたいていは女性が主導権を持ってする事だと思われることが多いですが、赤ちゃんは夫婦がお互い望んで作るものなので、男の人ももちろん、妊活を考え実行する必要があると思います。
女の人の排卵の仕組みを知って、どういったタイミングでセックスをすると、子供ができやすいのかということを把握しておくことも男の人にとっての歴とした妊活のひとつなのではないでしょうか。妊娠活動を始めたその時に私は妊活に効果があるという二つの栄養素である葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。葉酸は妊娠初期の胎児の神経の発育に役立つとても大事な栄養素で、事実、マカは生殖機能を向上させ、活力がアップし、亜鉛は精子を増やし、元気にさせる効果があったので、飲み始めました。サプリを飲み続けて6か月で、私の所にも赤ちゃんがやってきました!葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはならないと焦っている方が多いのではないでしょうか。知っておくと役に立つのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。その名前からしても、葉酸は野菜の中でも葉物に多いとされます。果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも勧められて食べていました。妊娠中の便秘を防ぐためにも、マンゴーは良いそうです。

不妊症の原因は多々あると思います。
しかし、病院での不妊にかんする検査をいろいろと受けてみると、はっきりした原因にいきつく場合とそうではないときがあります。異常が発見されればそれに対する療法を試してみればいいのですが、判然としない場合、日々の食卓に並ぶものにも目を向けてみたほうがよい気がします。
毎日話なので、何をどう食すかにより、身体の状態が変わると考えます。
赤ちゃんがお腹にいる方にとって葉酸の摂取はとても大事です。いわゆる緑の野菜には、葉酸が含まれることが多く、特に含有量が多い食材としてはほうれん草とか枝豆が挙げられます。中でもほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいることで知られておりぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉愛
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cept1elimav0ce/index1_0.rdf