きーたんが寄生虫

July 23 [Sun], 2017, 18:56
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。彼女はベルタの葉酸サプリが気になっているようでした。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。

友達には、いつも笑っていて欲しいから、赤ちゃんを無事に出産して欲しいと願っています。

親友の話なのですが、妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。

その子の話によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方だったら安心できますね。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。中でも特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は大変重要なポイントですよね。妊娠する可能性がある方は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが良いと思います。


例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方にはぜひサプリを活用してみて下さい。妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがありますよね。
このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリです。容易な摂取が可能ですので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。妊娠を要望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。


葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。



受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がオススメですよ。スムーズに妊娠できる体を作る食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。
産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)偽装など様々な問題が起こっているようです)といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。
母体造りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して食べたい食品に入ります。
しかしそればかり食べれば良いという所以ではなく、さまざまな食材をとるのが妊娠にも産後にも有効です。

また、体を冷やすという食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)偽装など様々な問題が起こっているようです)は妊娠を妨げるものが多いので、今しばらくは我慢するべきでしょう。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。


妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があるでしょう。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。

妊娠しづらい状況を改善するためには、食事を見直すことも有効だと考えられます。

卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですので、乱れた食習慣を続けていては卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大切です。偏らない、健全な食生活を続けていくことが大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cep5ie6headnan/index1_0.rdf