インプラントは人工歯なので当然虫

June 04 [Sat], 2016, 22:05
インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ceonaa9cali5pd/index1_0.rdf