石炭産出州の議員が猛反発 ウブロコピー前途多難のCO2排出規制

November 11 [Mon], 2013, 11:02
オバマ大統領が今年6月25日に発表した気候変動対策の新たな行動計画に基づく具体的措置として、9月20日、米環境保護局が発電所に対する二酸化炭素(CO2)排出規制基準の原案を発表した。小選挙区制下で移ろいやすい民意を前に、ウブロコピー安倍は懸命に経済成長の風を吹かせるしかない。規制案は今後新たに建設される火力発電所に対するもので、大型天然ガス発電所だとCO2排出量を1メガワット時当たり1000ポンド(約453キログラム)、石炭火力発電所なら同1100ポンド(約498キログラム)に制限する。盤石に見える政権の脆さを、安倍はよく自覚している。今後60日間のパブリックコメント(意見公募)期間を経て、検討が進められていく予定だ。なお、既設の発電所に対する規制原案は来年6月に発表の予定である。

石炭火力発電所に適用される水準は、一方で、現在の順調な政権運営は、経済情勢に支えられる側面が大きい。日本の高効率石炭火力発電の排出量よりも厳しい基準となっており、専門家の間ではCO2の回収・貯留(CCS)を伴わない限り実現不可能なレベルと見られている。規制案策定にあたり、環境保護局はCCSが十分に実証された技術であると判断したとされ、関係者の間では当初想定されたよりも厳しい内容との見方が多い。ウブロ時計コピー各業界を見ると反応は一様ではない。電力業界の場合は何を主要なエネルギー源としているかによって反応が異なる。一方、石炭業界はこぞって規制案に強く反発。米国鉱業協会の会長は、今後、国民が賃上げなどを通じて景気回復を実感できなければ、世論は安倍に見切りをつけるだろう。「新規制案は実質的に石炭を米国の電力から禁ずるものだ。米国内で最も供給に信頼のおける電源を放棄させる無謀な賭けに出ている」との声明を公表した。

楽天スーパーコピーブランド http://www.roiexjp.com/
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ceoebank/index1_0.rdf