抜き打ちテストにイラスト講座!? 『勇者

July 27 [Wed], 2016, 1:46
SCEは、明日3月11日に発売するPSP『勇者のくせになまいきだ: 3D』のスペシャルイベント"3年D組勇なま先生"を、3月7日に東京のIID 世田谷ものづくり学校で開催した. 前作『勇者のくせになまいきだor2』では、東京ゲームショウ(TGS)の開催翌日に、都内の 戸越銀座商店街(TGS)の銭湯でイベント を行った本シリーズ. 最新作である本作のイベントも、終始ひねりの効いたものとなっていた. ここからは、プレスに向けて行われたイベントの模様を掲載する. 開催場所が三軒茶屋駅にある世田谷区三宿と"3"づくしだったイベント. 建物の中では、さまざまなポスターやシリーズにちなんだテキストを見ることができた. SCEの山本正美プロデューサーによる「魔水にちなんだ雨模様の中、ありがとうございます」という、ゲームの新要素を使ったコメントとともにイベントはスタート. 学校での開催ということで、授業(タイトルプレゼン)は1D間目~3D間目という時間割に沿って行われ、山本さんと開発を担当したアクワイアの大橋晴行ディレクターによって進行した. 今回のタイトルになった"3D"について、山本さんは「今年は、ソニーグループあげて3D化を推進していくということで、我々もまんまと乗っかってみました! ですが、本作のDはディメンションではなく、ダンジョンのDです」と語る. ここからわかるように、今回のキーワードは3つのダンジョンとなっている. 山本正美プロデューサー 大橋晴行ディレクター 1つ目は"メインダンジョン". 全3エリア・33ステージからなり、「徹底的に"3"にこだわった構成となっている」と大橋さんは説明した. "魔水"、"魔物の知能進化"、"EX勇者"、"ツルハシ"という本作からの追加要素は、どれもゲームの幅を広げることに成功しているという. ツルハシは、前作に存在したダンジョンクエイクのバリエーションを増やして、プレイヤーの選択の幅を増やしたかったようで、ゲーム中に登場する全44個のドラゴンオーブを集めることで、新たなツルハシを入手できるとのこと. 「ここまで"3"にこだわりながら、なんでここだけ"44"なの? 」と山本さんが大橋さんに突っ込み、笑いを誘う場面も. 2つ目のダンジョンは"まいにちダンジョン". 本シリーズのシステムを分解したような端的なお手軽ダンジョンで、ノウハウを蓄積できる. UGG コーデUGG ブーツ オーストラリアィネート ミッションは自動生成で、何度も遊ぶことが可能だ. このダンジョンには、"まいにちチャレンジ"と"破壊神けんてい"の2つのモードが用意されており、"まいにちチャレンジ"のプレイ結果は数値化され、自分のプレイスタイルを振り返ることもできる. 3つ目の"ファミリーダンジョン"は、シリーズ初の2人マルチプレイを楽しめるモードで、対戦プレイや協力プレイを楽しむことができる. 大橋さんは「山本さんと2人掘りしたかった」と、このダンジョンを搭載した理由を明らかにした. このダンジョンでは、2人の息をそろえて発動できる"ザ・ダンジョン"というスキルが使え、ダンジョン内の時を一定時間止めることができる. この間、プレイヤーは魔物や勇者を再配置することができ、魔王を連れ去りそうな勇者の近くに多数の魔物を一気に配置して一網打尽にする、というプレイも可能になるようだ. 授業は続いて、SCEのデザイナー・小林陽明さんによる魔王の描き方講座に移る. 「髪型は、2つの三角定規を意識してください」というアドバイスのもと、集まった生徒(報道陣)も全員参加で魔王のイラストを描くなど、イベントは不思議な展開に. そして急きょ行われたのは... 抜き打ちテスト! 10問からなる問題は、どれも本作に関する設問ばかりだが、その正解は1つを除いてどれも"3"! これに気づいた生徒が多数だったようだが、重要なのはテストの成績ではなく、回答用紙の裏にあった. 回答用紙にはドラゴンオーブが描かれたものと、"魔"の文字が描かれたものの2種類があり、どちらの回答用紙を配られたかによって、その後にふるまわる給食の内容が大きく変わるという... . 前者には"ドラゴンオーブ丼"(=イクラ丼)、そして後者には新要素の魔水にちなんだ"水丼"がふるまわれたのだった. 最後に、公式サイトで公開されている動画"ニュース: 3D"にも出演している、フリーアナウンサー・古瀬絵里さんが登場. 公開されている動画について「収録に6時間もかかってるので、何度もクリックして楽しんでください! 」と語り、開発の3人にイベントの感想を求めた. 小林さんは「出すのが大変なのに、すぐ死ぬキャラがいたりもしますが、ぜひ愛してあげてください」、山本さんは「次はタイトルが思いつくまでお休みなので、まずは『3D』を楽しんでください(笑)」とコメント. 大橋さんは「ぜひみんなでプレイしてください」と語っていた.