サプリメント選びのための基礎知識
2010.12.25 [Sat] 21:21


サプリメント選びの基礎知識には
どのようなものがあるのでしょうか。

サプリメントは自然に存在するものから
抽出された天然のサプリメントと、主に石油から
精製された合成物によるサプリメントがあります。

栄養補助を食品によってするという点から考えてみると、
天然成分から抽出されたもののほうが合成物よりも
誰しも体に優しいと感じるでしょう。

実際にほとんどの合成物は体に吸収されにくい傾向が
あるといいます。上手なサプリメント選びの基礎知識ですが、
成分表示を理解できるようになればサプリメントの良し悪しを
しっかりと判断できます。

天然成分が天然由来のものは書いてあり、
栄養素名が合成物には書いてあるので、きちんとチェックしたほうが
良いでしょう。

製造過程についての基礎知識もサプリメント選びには大切です。
熱に栄養素は弱いためサプリメントを選ぶ場合には、低温で
生成されているものを選びましょう。

サプリメントは体の健康のためのものなのですから、
質の良いサプリメントを基礎知識をしっかり習得して
選ぶようにしなければなりません。

通常はサプリメントの賞味期限は2年が一般的ですが、
生のサプリメントであれば推奨賞味期限は30日と設定されており、
サプリメントの鮮度も重要な選択ポイントだといえます。

質の良いサプリメントを選ぶのは大前提ですが、
複数のサプリメントを一緒に利用する場合は、
飲み合わせにも目を向けましょう。

協調しながら効力を発揮するのが栄養素というものなので、
効力をサプリメントの組み合わせによっては相殺してしまうことも
あるといいます。

さらに注意が必要になるのは、医薬品との飲み合わせです。
基礎知識をサプリメントについて蓄えてから、サプリメントは
効率の良い利用の仕方ができるものを選ぶようにしなければなりません。


 

サプリメントの基礎知識と健康被害
2010.12.24 [Fri] 23:19


これからサプリメントについての基礎知識を
習得しておく必要があるのは、サプリメントを
購入しようと考えている方々です。

基礎知識はサプリメントを利用する際には
無駄にはなりません。サプリメントの健康被害は、
サプリメント利用者の増加とともに、年々数が
増加しているといいます。

自分自身のサプリメントに対する基礎知識が、
サプリメントによる健康被害にあわないようにするためには
頼りになるでしょう。

雑誌やテレビなどのメディアが取り上げるサプリメントの
宣伝内容を見て、本当に効果が上がると思って購入し
利用する人が少なくありません。

全部のサプリメント商品が粗悪なものだとはいえません。
健康被害に、宣伝で健康に良いとされているサプリメント商品に
よってあってしまっているケースもあります。

アガリクスの健康被害も話題になったのが、
記憶に新しいのではないでしょうか。

抗癌作用やがん予防効果もあるという事で売り出されていた
アガリスクでしたが、重大な肝機能障害を飲んだ人に
起こしてしまったのです。

サプリメントは薬とは違いますが、
同じように重篤な健康被害をもたらす事もあるのです。
サプリメントの基礎知識を増やして、健康被害にあわないように
自分でも十分に気をつけることが重要で、テレビや雑誌で話題に
なったり、人気商品でよく売れているからといって購入するのは
おすすめできません。

少なくとも購入しようと思っているサプリメントの
摂取目安量や上限値、摂取方法は守って利用するように
しましょう。

正しい基礎知識を持ってサプリメントを、
何よりも自分の体の事ですから使うようにすることが
大切ではないでしょうか。

 

機能性食品の効果について
2010.12.23 [Thu] 18:18


不足しがちな栄養素やミネラルなどの配合を
健康食品の中でもとくに強化した食品を、
栄養補助食品や機能性食品と呼んでいます。

もともとは健康食品ブームに伴う粗悪品と区別するため、
機能性食品という制度ができたそうです。

長寿化と高齢者の増加で健康意識が近年の日本では高まり、
とても健康食品に注目が集まりました。

あまりにも誇大広告が横行したので、
その歯止めをかけるという意味もあったようです。
規制される前は、ダイエットできるとか血圧の病気に
効くなど薬品と間違えられる表現をする健康食品が
多かったようです。

非常に高額な商品を売買する業者も多く問題となっていました。
薬には本来、病気には効くが副作用もあるので飲み方や用量の
規制が不可欠なのです。

どんなものに効果があるのか、根拠や実績データがしっかりとあり、
薬の効き目を効能として宣伝することが可能なのです。

機能性食品はどんなに多く服用しても、体内に吸収されずに
排出されることもあるので、副作用は少ないといわれています。

そのかわりに科学的には確実な健康に対する効き目も
証明されていないので、具体的な効能を機能性食品について
宣伝することは禁止となっています。

機能性食品や栄養補助食品と、
健康食品の中でも表示している商品は原則として
一定の栄養素が含まれていなければなりません。

粗悪品があまりないという意味で安心です。
薬品ではないけれども、一定の健康に対する効果を
認められている特定保健用食品であれば、機能性食品よりも
より効き目が期待できる商品といえます。

 

機能性食品と特定保健用食品
2010.12.22 [Wed] 23:17


健康食品と総称される機能性食品や特定保健用食品、
栄養補助食品といったものの中には、少し他の商品と
差別化を図った呼び名の健康食品があるといいます。

とはいえ意外に詳しい違いをわかって商品を
購入している人は多くないようです。

特定保健用食品は、食物繊維入り飲料などもともとあった
機能性食品の一種です。特定の保健の目的で毎日の食生活の中で
摂取する者に対し、当該保健の目的が摂取により期待できる旨の
表示をする食品と定められています。

機能性食品の中でも、特に厚生労働省が一定の効果を
認めたものが、つまり特定保健用食品だといえるでしょう。

メーカー判断で、一定の栄養素を含んだ場合の栄養補助食品や
機能性食品の表示は付けることができるようです。

特定保健用食品の表示をすることができるのは、
必ず厚生労働省の認可が下りた場合だけです。

人間が生きていくうえで欠かすことのできない栄養素を
補うことを一般的な目的としたものが、栄養補助食品や
機能性食品だといえるでしょう。

中でも、健康に一定の効果を認められたものが
特定保健用食品となります。

栄養効果や健康に対する効果が認められていない商品は、
ちなみにそのような表示がないものです。

ほとんど普通の食品と変わりは無い扱いになるということです。
機能性食品なのか特定保健用食品なのか、栄養補助食品なのか
確認してから、健康食品を利用する場合には購入することを
おすすめします。

 

機能性食品とは
2010.12.21 [Tue] 20:16


特定保健食品や機能性食品、栄養補助食品などという
言葉のついた食品をよく店頭で見かけるようになりました。

一昔前まではこれらをすべて総称して、
健康食品と呼んでいました。

健康食品の事をここ数年は、サプリメントと呼ぶことが
多くなってきました。効能に関しては誤解や勘違いなどの
トラブルが多くなっているのも事実で、誇大な広告で
健康的な効果を宣伝したり、薬品との区別がつきにくいのも
問題です。

少なからずあったのが、悪質な業者が根拠のない食品を
高額商品として、健康食品と称して販売していたという
事実です。

厚生労働省は健康食品の表示について、
さまざまな経緯から規制し始めました。

メーカー側は機能性食品や栄養補助食品などという
名称を付けて、区別を一定の栄養素を認めるものに
ついてするようになったといえるでしょう。

法律上特定の症状に効くと言えるのは薬だけなのです。
宣伝活動を行う場合には、薬ではない機能性食品については
法に触れない程度にとどめておかなければならないという認識が
一般的のようです。

薬以外はすべて食品扱いになりますが、
他の粗悪な健康食品と区別がつきません。

いまいちアピール効果も弱いので、
機能性食品という名称を付けて宣伝するようになりました。
機能性食品は、栄養素としての成分の存在をアピールしています。

機能性食品は他の健康食品よりも体に良く健康的な商品であるという
イメージを打ち出しているのです。