秋近し

September 13 [Sun], 2015, 23:06
お久しぶりです。


消えそうで消させない、渡辺直人ばりのしぶとさを持つ管理人です。


いつも夜が深まるとうまく寝れないときがあるものですが


そんな時は録りだめた深夜食堂をひたすら観る。


そう、病が重くなってきました笑


こないだの事なのですが、前好きだった人が結婚決まりました。


30が近づくとそんなことちょいちょいあるだろと


考えてはいたのですが


実際にその出来事に遭ったとき


あそこでああだったらと考えてしまうものです。


最近はお酒飲む量が増えて、さらに朝起きるのも辛いです。


それでも時間がある時に体幹やってるために体型は変わっておりません。


今、仕事では一つ形になりそうなことが。


会社にアイデアぶちこんで、それが会社の顔となる…かも。


秋も美味しいものだらけですね。


ビールとサンマとか、合いすぎですよね。


肝臓や胃腸と相談しながら楽しみます。


隔年でなっている胃の疾患も今年はまだ…


天高く、アラサー頑張る秋。


ボナノッテ。

21グラム

November 04 [Tue], 2014, 16:15
29歳の人が安楽死を選んだというニュースが持ちきりですね。


この話題についてどうこう議論するつもりはありませんが、さぞかし本人は苦しんだことでしょう。


8月の下旬にいっつも飲んでる次長が脳幹出血で倒れてしまい、まだ植物人間状態なのですが


どんな状態でもいいから戻ってきてほしいと思うのは自分勝手なんですかね。


痛みに苦しんでいつ来るかわからぬ時を待つか、自分からその時を決めてそれまでにやりたいことを全部やる。


「肉体は魂のただの入れ物だ」というのを聞いたことがありますが、生きてても関わらなければ人は刻一刻と忘れられてしまう。


偉人でもなって教科書にでも載らない限り、大抵の人は忘れられますからね。


自分と同世代の方が下した大きな決断について考えさせられた週末でした。


深夜食堂のシーズン3が始まりましたね。


毎週のようにバーに入り浸っている自分からすると、常連客に自分を重ね合わせてしまいます。


あそこの住人も、結局は自分の現実に向き合いきれなくていつかは抜け出さなきゃと思ってあそこにいるんでしょうね。


ま、こんなため息の出るような内容を10年も書いてて今さらなんだと思いますが笑


そんなカフェノマド中のつぶやきでございました。

28歳の半分

August 16 [Sat], 2014, 17:18
サマーソニックに来ております。

次のバンドまで20分あるので、書きます。

相当遊んでます。パイレーツに会社にバンブーに。

薬高が全く無いってのも悲しいですけどね。

女性関係は…実は11月から付き合ってた女性と4月に別れました!



めったにないことをいきなり書いてみたりします。

その後はと言うと、自分的には気持ちはかなり前に踏ん切りが着いていましたが、相手のことも考えて今までフリー。


たぶん、考えてなくてもフリー。だろうな。


LINE とかしてね、意外に続くタイプの人とかいるんですよ。

でももはや何事にも踏み出しにくくなってるんですよね。

友達は英語学習の為にダブリン行くとか大きいこと言ってるのに。

お墓参りの時、祖父母に思わず『ねえ、どうしたらいい?』と聞いてしまいました。


家族は散り散りで自分のことに必死でしょうから。

だからたまには1人サマソニとか大胆なことをしてみる笑

カップル仲間内多いけどね〜笑

さ、始まりそうです。

Life is such a...

May 06 [Tue], 2014, 22:24
デンマーク人の友達ができました。



これで北欧へ行くまでの玄関口まで来ましたね。



会社にイタリア人の同僚が出来て、そこからスペイン・フランス・UK〜とあとはエジプト・タンザニアへと南下。



東側にはウズベクと徐々に国際化していく我が周辺。



アジアには中国・韓国・台湾・ベトナム・マレーシア・ネパールとかいます。



今回の人は21歳の女の子です。みんな若くして海渡ってますよね。



19歳でアメリカ1ヶ月行って、そこからは一歩も日本を出ていない自分。



本州出たのですら沖縄への卒業旅行のみです。



今、自分がいる会社にいてもこの状況は変わりません。



どんなに働いても国際的な人にはなれなかったのに、イタリア人の同僚と一度飲みに行くだけで世界が変わった。



ホントに考えなければ。



みんな結婚とかしているからねー



28歳を目一杯生きるのだ。



GWに久々会った人が、自分の好きなように変わっていてちょっとピリッとした管理人でした。



ボナノッテ。

パンクロックを聴いた〜

March 04 [Tue], 2014, 21:59
2014年初投稿にござりまする。



ウクライナ情勢の不安でロシアとアメリカが戦争になってしまったら、完全なる第三次世界大戦ですね。



銀杏BOYZのアルバムのタイトルでしか聞かなかった言葉が現実となってしまう。



個人的にはこのロシアと東側の国の関係、さらに西側との関係にいは興味があります。



その歴史の中では様々な犠牲が出たわけですが、それぞれが世界の平和を願っていたはず。



ついこないだまでソチで平和の祭典をやっていたのになんて愚かな人類でしょうか。



とまあ政治的な問題を珍しくやってみましたが、似合いませんね。



28歳になりました。相変わらず精神は不安定です。



金曜日に健康診断受けます。何か見つからないかな。



誕生日に50人くらいに何らかの人に祝われたんですけど、こういうのって繋がり出ますね・・・



そんなこんなで6年目カウントダウン。



ぼなのって。


首長族に会いました。

October 14 [Mon], 2013, 21:19
久々に母親に会いました。



見た途端に首長族みたいになってビックリ。



こないだタクシーに乗ってる時薬品会社の車に突っ込まれたらしい。



今後のそこのメーカーの商品は二度を買いません。なんてね。



いろいろと話して、なおのこと自分のことを頑張らなきゃと感じた。




先輩後輩の結婚式、友達との再会、親友の彼女の紹介。




何かどこかポケッとしながらも印象的な場面を過ごした気がする。




先輩方はもう子供の話なんかしていて、友達の彼女は「じゃあ今後は禁酒だね☆」的なおのろけをカマしていた。




でもおのろけをカマされても友達があえて僕を含んだ数人に彼女を紹介してくれたことが嬉しい。




僕の場合は辛くてもなんとか周りで支えてくれる友達がいるんです。




姉は性格的なところでそうではない、だから母と暮らしていてもシャットアウトして抱え込んでいるらしい。




でもこうなると、




「なんでこんな目に会わなきゃいけないんだろう」と考えるより、




「これからどうしなきゃいけない」を考えるべきだと思う。




人生は巻き戻しできないし。




ていうか最近そんなこんなで暴飲暴食すぎ。




起きたらリンパ腺がめっちゃ腫れてましたよw




あ〜お金も無いしどうしましょ?




忙しい分にはそうそう死にません。頑張ります。


今宵もいつもの皆様に感謝を

September 01 [Sun], 2013, 23:19
この週末は充実です。



金曜日は日比谷オクトーバーフェストに行ってきました。



普通のオクトーバーフェストと違ってアサヒの主催だったため、年齢認証もきっちり。



エクストラコールドとか生が全部500円で飲めちゃってコスパは抜群。



薬高時代の親友、級友、そしてひょんなつながりの人たち。



バカバカ飲んで…



錦糸町から新大橋通りまで歩いてタクシー拾うつもりが、



猿江恩賜公園のベンチで2時間ほど寝てたみたい。



だいたいそういう時の睡眠は幸せですw



土曜日はこちら









イマジネーション系の海です。



会社に入ってから初めてインパーク。



もう大人で疲れやすいからスターライトで3時からという贅沢感。



それでもインディーやらストームライダーにも乗って



強風でショー全般は中止でも忘れかけてた感覚を思い出せた。



9年前働いていたミラコスタ内にも入って、



昔ほど場違い感が無いのは大人になったってことなのかも。



勢いで乗った「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」で聞いた言葉が印象的。



「いつでも心のコンパスに従うのだ」



夜までびっちり楽しんだら一人バンブーへ。



またカップルが出来たっぽい。



いいね〜。



最近は夜更けまで飲むと元気が無くなる傾向があります。金曜日は良かったけど。



でも、仲間がいることは本当にありがたい。



言える人間が少ないけど、誰にでも言えることじゃないので。



もうほとぼりは冷めますけどね。



さて、今週は忙しいので。



アルコールも控えめに。



Ciao,Bella notte.

完結に言いますと

August 27 [Tue], 2013, 22:52
両親離婚いたしました。



痛みはありません。




なんだか変なテンションで書いておりましたが、もうすぐ1ヶ月経つこともあり、踏ん切りもつきました。



黙っていることもないのです。



黙っていてもいつかはバレるのです。



変える実家なんざ無くてもいいのです。



これから自分のことに集中さえすれば。



もちろん、親と過ごした時間に思い出もありますが、



うちは幼少から過ごした家がとうの昔に借金のカタに取られて、



マンションに引っ越して、



それでもだめで今は祖父母の土地に兄貴が家を建てて住んでる。



いい思い出なんてほんのちょっとです。



嫌な思い出は腐る程あるんですね〜。



今、飲みながら書いているので明日見て後悔するかもしれませんが



こんなのもあれば自分を強く、大人にしてくれるんですよ。

ゲリラ的な

August 12 [Mon], 2013, 22:59
15万払うことになりました。



救えるのか、魔の手になってしまうのか。



兄弟で出し合って50万。ここに未来が待っている。結果が待っている。



27歳、とんでもない年になったよ。



半年も経っていないのに。



事実。



そこにあるのは事実。



向き合わねば。



もしかしたらここが人生を決める交差点かもしれない。



よし、飲もう。

ほわんほわん

August 07 [Wed], 2013, 23:47
今日も暑かった。


金曜日に弁護士と会い、その説明があるようだ。


ま、どうだっていいことではあると思った。


独立して暮らしているし、決まっちまったことをどうこう言うつもりは全くない。


まだ信用している上司1名しか報告は無し。


「大変だな〜」と言われるがまだ大変さは感じられるところではなく、


外野扱いである。


ただ言えるのは


一人で居る時よりも誰かしらと居る時の方が心はざわつかない。



先日の朝礼で55歳の使えない部長が辞めて行きました。



「今後の人生を考えて今が辞め時」だとか。



使えなくて海外異動、そこでも何も出来ず日本へ、んでもって海外担当なのに英語全くできず外国人にパワハラ。


実質そういう風に追い込まれたんじゃないかな。


黒いですね・・・




高校のOB会では現役っ子の礼儀の無さ、気の使えなさに驚愕でした。


肌はもちろん、


黒かったですね・・・






何が言いたいかといいますと



人間は結論そんなにうまくは出来ていないのです。







ここ1週間で痛感させていただきました。
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
言いたい奴、出てこいヤァ
アイコン画像管理人
» 忘れたくない、鮮やかで短い幻。 (2011年10月30日)
アイコン画像M
» 忘れたくない、鮮やかで短い幻。 (2011年09月26日)
アイコン画像管理人(ビールっ腹にはならない)
» こりゃめでてーな (2010年04月10日)
アイコン画像O軍団員
» こりゃめでてーな (2010年03月30日)
アイコン画像管理人
» やっと風邪もほぼ完治致しまして (2009年11月29日)
アイコン画像y
» やっと風邪もほぼ完治致しまして (2009年11月18日)
アイコン画像管理人
» 気づけば秋半ば (2009年11月15日)
アイコン画像てっ沈
» 気づけば秋半ば (2009年10月21日)
アイコン画像そこに「それサービスエリアでやることだから!早いよ!」と突っ込んだ管理人
» 筋肉痛⇒胃痛⇒扁桃腺痛 (2009年10月04日)
アイコン画像たこ焼き食べてた人
» 筋肉痛⇒胃痛⇒扁桃腺痛 (2009年09月28日)
■末っ子の肖像■
泣きたいときもあるさ、人間だもの
Name:O
今、首都圏で一番注目されている千葉県浦安市に生まれ育つも、そんなに注目されない少年時代を過ごす。
2001年、千葉県立薬園台高校に入学。2年生以降は後輩をいびり続けながらも濃密な青春時代を送る。あの頃を思うとかのガガーリンが「お前は青かった」と言わざるを得ない3年間。
2004年、持ちえるモノを出し切り某R大学へ。パイレーツという野球サークルっぽい所に入り単位も取り捲る。2年生で100単位は努力の賜物、しかしその裏で失くしてきたものははかりしれない。
2005年、何を思い立ったかアメリカへ1ヶ月ほど飛ぶ。見た感じわからない変化をして帰ってくる。
そして2006年。W杯にWBC、はぐれ刑事純情派再放送など波乱の1年にOはワンステップ成長。2007年、「就活」「卒論」というモンスターに戦いを挑み、「マジ泣き」「開き直り」「世捨て人化」という大逆転技をもって見事勝利した。
2008年、甥っ子が生まれ新たな称号「叔父」を手に入れたOは社会人1年目というなんとも胃薬や疲労回復剤が必要そうな環境においてなんとか奮闘。東京都台東区という何とも下町情緒溢れる職場で当分は働くこととなった。
2009年と言えば、なぜか故郷浦安市と通り1本隔てた南行徳という立地で生活開始。その粗暴なつくりの社宅は通称「ダンボールハウス」と揶揄される。ただし2Kという広さが功を奏し、意外と快適になってる残念な事実が発覚した。しかし、この年は上司が変わってなお且つそりが合わず胃痙攣で救急車搬送。
2010年、この年の漢字を「緩」と表すほど余裕は出てきた。あんまり仕事を追い込んで考えなくなったこともあり、よく言えば気楽になったのだ。しかしお酒の量は増えるばかり。野球ではピッチャーにも少し慣れて偶然が重なり台東区3部夏季大会MVP獲得。胃の中の蛙とはこのことじゃ。
2011年、よもやの大震災。世の中も、人も変わった。自分自身をどうするかって毎日考えている。これからを。人生を。でも比較的飲んでる。
このブログは基本は日常ネタを中心に高校、大学の内輪ネタも時たまあります。わからない人は勇気と優しさと哀れみを持って僕に聞くか、わかったふりをしつつ学んで行ってください。とりあえず「松村勇樹」というのを知っているあなたはパワプロにおけるパワーBくらいの実力です。
あと基本は孤独な人間なのでちょこっと冷蔵庫を開けて何かねーかなーっていう気分でいいのでコメントしてあげてください。
P R
「末っ子」の歴史
http://yaplog.jp/cena-us-champ/index1_0.rdf