藤本泰司でコルリ

February 15 [Mon], 2016, 14:34
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
最近話題になることも多い治療法であるインプラント。ですが、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。注意してください。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオリ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cemui1og75snts/index1_0.rdf