葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えら

March 03 [Fri], 2017, 22:03
葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが一番良いですね。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸のはたらきを十分に活かすことが出来るでしょう。



では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。



なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。

なぜならサプリは普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしてください。


葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)があらわれることがあります。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。
レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。


ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く一つの食品群に偏らないことが健康維持にも繋がるのも事実です。
逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。不妊の根本的な原因は、排卵が上手くいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性由来の場合と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが考えられるでしょう。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。


男女双方が検査を受けると解決への糸口となるはずです。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」がさまざまなはたらきをしていることが分かっています。
水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取を続けることで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。


1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。胎児の健康を考えて、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に摂取した方が良いでしょう。


適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。


そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。



実際に葉酸のサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)や補助食品も多く売られていますし、その内特定保健用食品の認定を受けているものもあり、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も少なくありません。私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。



長男を出産した後でしたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を願望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
妊娠時にはさまざまな栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリの利用を考える時には、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。


このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊活中の女性も今から飲んでおくと安心です。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言えば不機嫌になり沿うだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。
服用後2か月には二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。



嬉しかったです。



妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。


体温の低い状態が続いてしまったら血液の流れが阻害され、摂取した栄養が上手く活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を創りましょう。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、大変重要なはたらきをする栄養素が、葉酸です。


胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)で補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。


理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。ですから葉酸サプリを利用することをオススメします。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はどちらも不足しがちなものです。

一般的な食事では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしてください。
最近はこうしたサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)の利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売られていますので、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。私がしる限り、妊活の際に一番、影響があるものと言えば、食事ですよね。
日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からおなかの中の受精卵が成長を初めています。



出来るだけ早く胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。不妊体質を改善するために、食生活を見なおしてみるのは大切でしょう。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、不健全な食習慣の下では妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を創る時間を愉しむ「ゆとり」も大切だと思います。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。



行政からの助成金があるものの、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすケースが多いです。



40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッカ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる