どうぞごゆっくり☆

2007年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
チェロとギターとジンギスカン / 2007年08月21日(火)
昨日はアキラとアカデミアに一緒に行ったあと
親友Kayとチョウチンと大萩康司サンのコンサートに行きました。
文京シビックの小ホールは初めてでした。

ピアソラやヴィラ=ロボスがライヴでもよかったです。
ニャタリはチェロとギターの為のソナタなので
さすがに秀一というか、やっぱりステキな曲です。
後半に連れてノってきてるのが伝わってきて
ツアーの初日って感じです。

ニャタリも日本人からするとちょっと発音がおもしろい感じ
のお名前なのだけど「ボグダノヴィチ」も負けてません。
ドラえもん風に「ボグ、ダノヴィチ」と思わず小さい声で
言ってしまい、実は隣の人に聞こえてたらしく、すごい
笑われていたそうで。。。

文京シビック周辺は東京ドームホテル、アカデミア
尚美学園とか音楽家の酒好きが集う《磯自慢倶楽部》
の御用達の中華料理のお店とか何かと用事があったり
大好きなチョコレイト ショップ、文房具屋などがあって
散歩にもよく、好きな界隈です。

そしてお気に入りのジンギスカン屋があります☆
北海道出身のオケマン達としばらく、クロヒツジとか
いろんなジンギスカンのお店に行った時期がありました。
その中で一番おいしい上に、とっても安くて
北海道出身者も認めたジンギスカンがそこなのです。
雰囲気も独特でちょい分かりにくい路地にあるけど
でもそんなお店こそ惹かれてしまう。。

Kayはジンギスカンは初じめてだったので
気に入ってもらえてよかった☆ 
最初の印象が肝心だと思います。

店は縦長建物で今は無きT音大生御用達、雑司が谷《大観》を
彷彿とする雰囲気で、思わず自分たちで料理やお酒を
取りに行ってしまいそうになります。
たくさんバカっぱなしして、iPod聴いたり伸び伸び
ゆっくりできました☆

すっかり仲良くなってしまった店員サンが
実は急遽、今だけ自ら働いてる若き社長でした。
北海道出身の方なそうです。
このお店は変わったお客さんが多いんですよ〜
(でもいい人ばかりというフォロー)と言われてしまう始末でした。



携帯で取った写真がこんな風になってしまいました。
光原社の思い出が。。泣

 
   
Posted at 22:00 / 旬感 / この記事のURL
コメント(0)
チェロとハープのコンサート ♪ / 2007年08月18日(土)
♪チェロとサウルハープのサロンコンサート ♪

2007.8.18 sat  at 世田谷区代沢某所

柴田和砂 チェロ
高山聖子 サウル ハープ
 

8/18土曜日の午後 池ノ上某所にてサロンコンサートを行いました。
連日記録更新の猛暑日続きでしたが、普段の行いが良いので!?
この日は涼しい一日になってよかったです。

演奏はお昼からTea Timeと夜のWineと軽いお食事での2回。
どちらも大盛況でした。
夜は打上げも兼ねて演奏者もワインを 飲みながらワイワイ
終電ギリギリくらいまでお話しました。
皆さん楽しんでくださったようでうれしい限りです。

今回はお膝に乗せて弾く、かわいらしいサウルハープでした。
ひっぷはーぷちゃんと選曲を練ったので、聞いてくださった
お客様は気付かなかったかもしれませんが、サウルハープは
ペダルがない分、手で半音上げ下げしなくてはならないので
♯シャープや♭フラットの臨時記号が多いとたいへんなのだそうです。
ぜひ今度はグランドハープとふたりで演奏してみたいです☆

これからご結婚するお二人やご夫妻でのご来場も多くいらして
仲むつまじく土曜の午後のひとときを一緒に過ごすご夫婦って
ステキだなと思いました。 赤ちゃんもお母さんのお膝で
とても静かに聴いてくれて、大人の雰囲気漂うコンサートに
なりました。

家でのサロンコンサートは何年ぶりかで行いました。
無事終えて行ってよかったなと思いました。
また近々企画したいと思います。

最後になりましたがお越しくださいました皆さま、
関係者の皆さま、どうもありがとうございました。
 
 続きを読む…  
Posted at 22:00 / 旬感 / この記事のURL
コメント(0)
初雪華 / 2007年07月21日(土)
池袋をginkoちゃんとデートして来ました♪
ginkoちゃんは小学校からのトモダチです。



普段は池袋でも、ハンズ以外はこっち方面はなかなか来ないのですが
サンシャインのアルタに用事で寄って、1000均一のお店を見て
300coinsで私はラメラメソックスを2足買い足しました。
ここで売ってるソックスがお気に入り♪

お腹が空いたのでイタリアントマトで同じパスタを頼みました。
盛岡のアンナマリーのゼリィを食べてからというもの
ゼリー狂になってしまいました。
なのでイタトマ期間限定のシェフのゼリィを頼んでみるも、まあまあでした。
温かいはちみつレモンがあるのは、良いね。

今年もナンジャタウンのアイスクリームシティに行ってきました♪
アイスに行くまでににginkoちゃんと私なので《りらくの森》に
吸い込まれるように入ってしまいました

中国とかカイロ系は却下、アロマとかリラックス系がいいね、ということで
ハワイ式ロミロミで《ホットストーン》をやってみたかったのでお手軽に
15分を受けました。ginkoちゃんは肩腰、私は足重点的に。

めずらしく私よりginkoちゃんの方が荷物が多かったので
お兄さんに荷物こんな重いの持っていたら、肩凝りますよ〜と言われていた。
やっぱりそうだよね。。。

ホットストーンは何の石?とかお兄さんにたくさん聞く事ができました。
ginkoちゃんといると、なんでも聞けちゃうな。
石ってパワーを感じますね。

やっとアイスシティに着いて、いろいろお店があるんだけど
全く迷わずに《初雪華》の華雪にしました。
私は台湾風カキ氷に出会ってから、普通のかき氷より断然こっちです。
初雪のようにふわふわなのですっ☆
どこかでみつけたら食べてみてくださいね。



帰りにginkoちゃんが応募して当選した《おいしい牛乳》
のマフィンをお土産と言って渡してくれました
ミントチョコとプレーン。



それで荷物をずっと大事そうに持っていたのだね。
やさしいなぁありがとう

でも本当は2等の携帯ストラップがほしかったんだって
こっちの方が全然すごいと思うけどな〜〜

朝いただいて、とってもおいしかったです☆
原材料名にちゃんと「おいしい牛乳」って書いてある

 
   
Posted at 23:13 /  / この記事のURL
コメント(0)
宮古への道のり / 2007年07月19日(木)
また岩手の今度は宮古に行くことになりました。
まめちゃんありがとうね♪

ヤッタ!盛岡のさんさ踊りの時期だし観に行ける!
と思っていたら甘かった。岩手って広い。
盛岡-宮古間は電車でも2時間かかるのね。

一日早く盛岡に入って宮古までの道のりは
イベント列車《さんりくトレイン北山崎号》に乗って・・・☆
と企てようとしていたんだけど。
一日一本の運行、宮古に着くのは12:30。。。
始発の鈍行だとしても電車ではリハに間に合わないので却下

でも!電車は運行本数少ない所に限ってバスが充実してるという
ことを思い出した!
これはフランス一人旅でトーマスクックとにらめっこして得た知識
やっぱり☆調べたら岩手県北バスが運行の《106急行バス》があった♪

さっそく岩手県北バスに電話して空席の有無をチェック。
盛岡紺屋町のケーキ屋サン、アンナ・マリーの亀井サンに
遊びに行きます〜と電話をして。
旅の準備しているときって楽しい♪わくわく。


《さんりくトレイン北山崎号》
山田線から三陸鉄道北リアス線へ直接乗り入れしているイベント列車です。
 
   
Posted at 02:43 / たびび / この記事のURL
コメント(0)
Coppelia / 2004年07月13日(火)
東京オペラシティの1階に《コッペリア》というバレエ用品ショップがあります。
お隣は新国立劇場でバレエ公演もしているのでそちらにもショップがあるのですが
そちらとはまた違った品揃えでラブリー路線だと思います。

今日はそこでで夫の母へのプレゼントを探しました。
お母さんはむかしバレエっ子だったのです。

密かに家でバレエ スリミングでストレッチしてみています。
丹田を意識して身体がスッキリします。
幼稚園の時に体験レッスンに行きましたが
私は踊る方より観劇する方が合っているみたいです。。

それでもシュシュかわいいな〜と憧れたりバレエは
私にも乙女心があるのねってくらいウキウキします♪

プレゼントはバレリーナが踊るブルーのハンカチに決めました☆
自分にもちゃっかりオソロイでピンクをゲットしました。
この柄はショップオリジナルなのだそうでよかった。

バレエのこと気になります。
観るのも演奏するのも。振る人のおかげかな。
 
   
Posted at 23:36 / 他愛もない / この記事のURL
コメント(0)
十二支って / 2004年07月12日(月)
オペラシティを歩けば、どなたかに出会うのは当たり前なのだけど
別件でTOCにいたらステマネInaサンにお会いしました。
今度の《ドン・ジョバンニ》の公演を友人と観に行く話をすると
Inaサンがステマネをしているそうで、GPを観に来ればいいじゃない?
と言ってくださって。だけどチケットをもう取っていたのです。
楽団に言えば割引になったそう;

通しGPも時間があれば観においでと言ってくれたので
ここはお言葉に甘えて 見学させていただくことにしました。
GPを観る事も勉強になるからね。

お昼がこれからだということでオペシのCASAでお昼をご一緒に。
なぜか干支の話になって、十二支を全部覚えてないアタシのために
イラスト(これがかわいい!)まで描いて十二支を教えてくれました。。
コレで覚えるかなぁ? 自分の干支の前後は覚えてるんです。
あとは覚える気があるかないかだけなんだよね。。
 
   
Posted at 13:17 / 他愛もない / この記事のURL
コメント(0)
日々。 / 2004年07月12日(月)
オペラの中でバイオリンsoloが何ヶ所かあります。
昨日まではコンサートマスターのmiuraサンがスタッカートで
弾いていらしたパッセージがあるのだけど
今日はテヌートで弾いていて、また雰囲気が変わっていました。

幕間の休憩にお茶スペースで、いろいろやってみてるの。
とお話してくださいました。

オペラって毎日聴きに来てる方もいるし何よりオーケストラのメンバーが
一番うっとり聴き惚れているのかもしれないですね。
どちらの弾き方もステキだなぁと思うのでした☆

観客としても感じる事だけど、オペラの聴衆はちょっと特別なところがあるようで
拍手やブラボーで辛口な時も伝わってくるし独特の世界を感じます。
今日はマエストロも振り方が全然かわって、確かに合わせ易くなりました。
だけど正直、見やすいけど抑圧されてしまった感じがして
前みたいに、楽しんでらっしゃるのがこちらにも伝わってくる
自由な振り方の方が個人的には好きなんだけど。。
「オペラとは。」みたいなのがあるのかな。まだまだわかりません>_<

そんな感じで幕間の休憩ごとにマエストロのところへ奏者が集まってる
光景がよくみられます。首席奏者の方々が集まって談義していることも。
経験豊富でトップに立つ方でも、日々これもどうかなと楽しんでもらえることを
良いオペラにして行こう考えていらっしゃるのですね。

チェロの首席はKanakiサンで教わりたいと駆け寄ると本当に熱心に教えてくださいます。
フォアシュピーラーもすばらしい皆さんで毎日気が引き締ります。
私も日々勉強、日々精進することを忘れずがんばります。
さて、明日も約4時間がんばるぞー! 
 
   
Posted at 13:00/ この記事のURL
コメント(0)
ベルギーより携帯 / 2004年07月11日(日)
朝から携帯が鳴って、知らない番号。
でも出たら、なんだか眠そうな声。その声は知ってる。。
 tadoです。
ん?今はヨーロッパ演奏旅行中だったよね?
あれ?帰ってきたの?

 今ベルギーだよ。
ベルギーから携帯vodafoneでかけてきてくれた。
海外から携帯にかけてくれると「番号通知不可能。 携帯から携帯へEU圏からは初めてかも。
日本でより断然クリアーに話せてなんだか本当にベルギーなの!? という感じ。
結構長時間しゃべってしまったけど大丈夫なのかなぁ!?
 
   
Posted at 23:54/ この記事のURL
コメント(0)
タイタン@サントリーホール / 2004年05月07日(金)
チョンミュンフン指揮マーラー交響曲1番 巨人

休憩はひとりでゆっくりAUX BACCHANALEの
Chocolat chaudをカラヤン広場を見ながら一息。

チョンさんの本番は確かに脳みそフル回転させてる感じだ。
あまーいショコラショがちょうどいい。

福井の帰り富山へ寄るので、おみやげに田舎パンなどと
明日の朝食用に ジャンボンフロマージュのカスクルートをお買い上げ。

チョンさんのマーラーはもちろんスタンディングオベーション。
すばらしい。

amadaサンとASKAのmiuraサンが聴きに来てくださった。
演奏会の後は、全日空ホテルでお食事。
お二人ともクラシックは大好きだけど実は
今までマーラーはあまり好きではなかったらしい。

だけど、マーラーっていいね!
これからはマーラー聴いてみようと思った。
と言ってくださって。さっそくCDをお買い上げしたそう。

演奏により興味を持っていただけた、こんなときが
本当にやっていてよかったなぁとしみじみ感じる。
でかした!って☆
 
   
Posted at 23:07/ この記事のURL
コメント(0)
タイタン@オペラシティ / 2004年05月06日(木)
今日の本番はオペラ・シティでチョン・ミュンフン指揮
マーラーNr.1巨人など。

休憩はチェロの友人たちとオペラシティ裏のデニーズでゆっくりした。
今日はマンゴータルトじゃ。


演奏会はステンディングオベイションどころの騒ぎじゃなくて
マエストロのみカーテンコールになっても、拍手は鳴り止まない。

なんと!たくさんのお客様が舞台の前まで集まってきてくださったので
舞台からハケていたけど、チョンさんに呼ばれて
オケの奏者たちも、文字通り、カーテンコールをした。

こんなこともあるのだなぁ。

きいた話、チョンさんファンはいつもそうなのだそう。
演奏後すぐに帰ってしまう人も全くいなくてすごいなぁと。
観客としてみても、拍手に答えてマエストロがカーテンコールしてる
途中なのに、背中を向けて帰る姿をみるとサミシイ気持ちになるものね。

各奏者の皆さん素晴らしくてブラビーも飛んでた。
個人的にはオーボエ、ステキだったなぁ。
 
   
Posted at 23:22/ この記事のURL
コメント(0)
yaplog!PR
- new -
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!