二号は愛と美が命!

2005年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:celebrity
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
やっと / 2005年05月25日(水)
前回投稿した後にパパから電話がかかってきた。
結局、葬儀中も葬儀後も相変わらず遺産相続の話でもめているらしい。
パパもしらけてあまりかかわらない様にしているみたい。
今日はパパが来てくれるかもしれないので、何だかドキドキして眠れなくなっちゃって困ってる。
パパのことでこんなに緊張したのは久しぶりかも。
とにかく寝なくちゃっ!
 
   
Posted at 03:47 / ライフ / この記事のURL
コメント(0)
寂しい〜っ! / 2005年05月20日(金)
うう・・・あれからパパの電話がにゃい。
やっぱりお葬式中だし・・・遺産のことでもめてるのかもしれないし・・・。
機械に疎いパパはメールはしないし。
さっき7コールほど電話掛けてみたけど、出ないし。
毎日あるものがないとつまんない。
あともう少しの我慢だけど。
パパの好きなウルトラマリンつけて我慢我慢。
 
   
Posted at 18:47/ この記事のURL
コメント(0)
訃報 / 2005年05月19日(木)
夜中の三時。
何となく眠れなくてPCで色々やっていると、突然電話がかかってきた。
パパからだ。
こんな夜中にかかってきたのは初めてだったので驚いてしまった。
お義母さんがとうとうお亡くなりになったとのこと。
最期を看取ったのはパパともう一人親戚の人だけ。
お義母さんが入院してから約7ヶ月間、ただただ「後悔しないように出来る限りのことをやってあげたい」と一番親身になってお世話したパパ。
競馬で当てた50万円も贈ったし、東京に観光旅行に連れて行って上げたり、毎日見舞っては洗濯物までしてあげていた。
パパの奥さん以外の実子は皆遠方にいるらしく、音沙汰なし。
それもお義父さんと奥さんまで一度に入院してしまったから大変。
だから最近本当に会う機会も減ったし、会うと目の下にクマつくってた。
ちょっと前、危篤状態になってからお義母さん名義の多額の財産があることが判ってからは、もっと大変。
それまで見向きもしなかった実子が急に騒ぎ始めて、パパは今までやってきたことを「遺産目当てだ」と言われる始末。
そんな財産があると判っていたら50万円なんて出さないよ・・・。
最初は怒っていたパパも昨日はさすがにしょげてたので、家に呼んで慰めてたんだけど。
これから4日間は葬儀で色々あるんだろうなー。
とりあえず、実子にも旦那様にも看取られず逝ってしまった故人の冥福と、相続問題が平穏に解決することを祈るけど・・・何だか私もグロッキー。
 
   
Posted at 10:39 / ライフ / この記事のURL
コメント(0)
WHY? / 2005年05月19日(木)
この春、4年間付き合っていた独身の彼とお別れした。
やっぱり私の鬱病のこととか、彼なりに考えて結婚は無理!って思ってたんだろうなー。
ということで、もう6年間、誰よりも私を愛してくれているパパと運命をともにする覚悟を決めた私。
夢って、忘れた頃に叶うものなのかしらねー。
私の場合、そういうことって結構多い。
私の欝病歴って結構長いから、ずっと結婚は無理だなー、でもお妾さんとしてならやっていけるかも・・・って、ずっと考えていた時期があった。
でもやっぱり普通に結婚したいよなーって思ってたときに知り合ったのがパパ。
でも知り合ったときは、バブルがはじけてパパも文無し状態で。
ここ2、3年かな?
パパも大分持ち直してきて、私を「俺の女にしてやる!」って断言し出したのは。
まあ、その前から、二人で幸福になりたいね、みたいなことはよく話してたんだけど。
そんなこんなで私は自称「お妾さん」。
不倫とか愛人なんて曖昧な言葉は好きじゃないんだ。
それにあんまりそんな感じじゃないんだよね、私とパパの関係は。
パパ自身の夫婦生活もいたって特殊なものだし、何かそんなにドロドロしたものじゃないんだ・・・。
パパも「道義的責任があるから離婚しない」ってハッキリ言ってるし、私も略奪願望ってないし。
奥さんの身分や立場を決して脅かさない「妾」という立場、私はそれでいいと思ってる。
やっぱり二人で一緒に暮らせたらな〜って思うことは多いけど。
って、私はよくても客観的に見たら「けしからん!」って思われちゃうのかな。
この先、どうなるかはよくわからない。
でも、こんな人生もあるのかな・・・?
そんな感じで、手探りで生きている私です。
 
   
Posted at 02:15 / ライフ / この記事のURL
コメント(0)
『GLAMOROUS』 / 2005年03月10日(木)
数年間購読していた『JJ』から『GLAMOROUS』に乗り換えようかなーと思っている。
神戸とか名古屋とか東京とか、そんなのどうでもいいんだ。
もっと広い世界でマイペースで生きてみたい。
前号(No.4)をコンビニで見つけてたまたま読み始めたんだけど、
『GLAMOROUS』は久し振りに私をワクワクさせてくれたファッション雑誌だった。
私の享楽的な部分がパァッと解放されて何とも言えず気持がよくって。
『JJ』は京都の山奥から、大阪近郊に引越してから、周囲と浮かない格好をしたいと思って選んだ赤文字雑誌だった。
真似するのが比較的簡単で、基本のアイテムにその都度トレンドをちょっとだけプラスするだけでよかったのが気に入っていたんだけど、「人並みに抑えよう」という気持が最近薄れてきたんだよね。
もっと自分自身の気持を真正面から見つめ直して、後悔しない人生を送りたい、と真剣に考えるようになったから。
最初はやぶれかぶれでもいいし、失敗を繰り返しつつ、試行錯誤を重ねつつ、もっともっと、今までの人生の中で蓄えてきた「私そのもの」を表してみたい。
ファッションだけでなく、いろんな面で。
加えて、今までの自分には出来なかったことや、食わず嫌いで敬遠していたものにもどんどんチャレンジしてみたい。
その中でまた「新しい自分」を発見できたら最高だ。
また、必ずしも「好きなもの=似合うもの」「興味のあるもの=自分に合うもの」ではないかもしれないけれども、とりあえず今は自分の好きなもの、自分を表現できそうなもの、「これが自分だ」と言えるものに囲まれて暮らしてみたいし、それに見合うような自分を引き出していきたい。
悔いの残る10代、20代、そして所謂「青春時代」だったから、猛スピードになるかもしれないが、いまからその「悔い」を消化してゆきたい。
そしてもっともっと新しい体験を重ねてみたい。
いつも「今が一番若い自分」なのだから。
 
   
Posted at 01:33 / 書籍 / この記事のURL
コメント(0)
精神分析でモチベーションUP / 2005年02月21日(月)
今日から私の住居・生活・人生・心の中etc.すべてを「お片付け」すべく、一日一善ならぬ一日一浄(少なくとも何か一つは片付ける・整理する)を心掛け、生活していきたいと思います。
現在の私の家も人生も、サブタイトルに書いたまんまの状態。
これを打破すべく、実行あるのみ。
とはいえ、今は真冬。
とにかく寒いのよ〜(つД`)。
だから去年の夏からスタートしたお片付けも一時停滞中。
でもこのまま春を待って、人生の貴重な時間を無駄にしたくない。
ということでいろんなことに挑戦してみます。
とかいいつつ、今日はまず家が片付けられない心理的な原因を見極めるため読書(って動いてないやん!)。
テキストはこの2冊。

ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門
ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門
(著者: カレン・キングストン/田村明子)

30日間で理想のパートナーを見つける法
30日間で理想のパートナーを見つける法
(著者:チャック・スペザーノ/高橋裕子)
 
 続きを読む…  
Posted at 01:32 / 書籍 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
Powered by yaplog!