浜島の川尻

October 04 [Tue], 2016, 11:05
ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の区別というか、見分けられません。たいてい言われるのは、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが見分け方のようです。



しかし、汗のかき方は季節によっても変わりますよね。



もっとわかりやすい判断基準があるとダイエットする気になると思います。

痩せよう!と頑張って実行していると自分に厳しい食べ物の制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食などの減量は、禁物です。



食事制限をやっていても胃がカラになってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。


できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。

ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。どんな筋トレが求められるのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。



軽度の有酸素運動の後に筋力トレーニングに取り組み、最後に再び軽くウォーキングなどの有酸素運動を実施するのが効き目が表れやすいようです。有酸素運動は20分以上持続しないと効果がないといわれてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していれば結果が出るといわれています。



と同時に、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果をアップすることが成功します。

ダイエット時のおやつは何があってもNGです。

仮に食べ物が、仮にスナック菓子などではなかったとしても、摂取すれば太るという事実を心に刻んでください。

我慢のしすぎも悪いですが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食事への欲求をおさえられるように体質改善ができるといいですね。
この間、私はダイエットを決意した時、自宅で可能なダイエット法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉を増やすことでからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。これをなるべく毎日継続することで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、継続することは努力がいることでした。
ダイエットして健康を損なわずに痩せたい場合には、ウォーキングで体を動かすのがべストな方法です。これはスイミング、ウォーキング、ジョギングといった運動を意味します。さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。脂肪燃焼のためにはやはりタンパク質が必須なのです。

出産を終えて、増えた体重と元にもどすために、ダイエットと合わせて人生初の筋トレをしました。100%おっぱいで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。その結果、半年ぐらいでほぼ元のスタイルになることができました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Futo
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cehvstoeabcnre/index1_0.rdf