韓国W杯代表の決勝T進出、国民の約9割が期待 / 2010年06月02日(水)
【ソウル1日聯合ニュース】韓国国民の約9割が、サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、韓国代表が決勝トーナメント(ベスト16)に進出できると予想していることがわかった。
 KBS放送文化研究所によると、先月26〜29日に全国の満15歳以上男女8815人を対象にオンラインでW杯の成績を予想してもらったところ、回答者の87.3%がベスト16以上の成績を上げると予想した。また、回答者の51.0%はベスト16止まり、23.2%は準々決勝(ベスト8)進出、10.1%は準決勝(ベスト4)まで進出すると答えた。3.0%は優勝を予想し、予選敗退との答えは全体の12.7%にすぎなかった。
 初戦のギリシャ戦に対しては92.5%が勝利を予測。最も活躍が期待される選手としては、主将のパク・チソンが51.6%、イ・チョンヨンが15.1%、パク・チュヨンが7.6%、チャ・ドゥリが4.8%だった。パク・チソンは、初ゴールを記録する選手を尋ねる質問でも51.3%と最も高い支持を得た。
 予想優勝チームは、ブラジル(41.0%)、アルゼンチン(15.4%)、スペイン(12.2%)の順だった。


【6月1日18時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000030-yonh-spo
 
   
Posted at 13:01/ この記事のURL
ライブ中継中! 野口聡一さん地球帰還は12時24分予定 / 2010年06月02日(水)
 国際宇宙ステーション(ISS)に5ヵ月半滞在した野口聡一さん搭乗のロシア宇宙船「ソユーズTMA17」が2日12時24分に帰還予定。宇宙教育テレビやニコニコ動画でライブ中継中だ。

他の写真を見る

 野口聡一さん帰還の模様をライブ中継しているのは、宇宙教育テレビやニコニコ動画、ご当地風景ドットコムなど。宇宙教育テレビはややつながり難い状況になっている。帰還まであとわずか。野口飛行士の無事帰還を待ちたい。

【6月2日12時12分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000015-rbb-ent
 
   
Posted at 12:59/ この記事のURL
『アイリス』イベントで“席がない! ”警察出動 / 2010年06月02日(水)
韓流スター、イ・ビョンホンが主演するドラマ『アイリス』の日本イベントにて「購入したはずの座席が存在しない」とのクレームが起こり、警察が出動する事態に。観客へ向けてイ・ビョンホンが謝罪するなど、会場は一時騒然した。

アイリスの紹介と写真

2日、スポーツニッポンとサンケイスポーツなど主要新聞社は1日、埼玉スーパーアリーナで開かれた『アイリス』OSTコンサート<Dramaticlive stage IRIS>で座席に関するトラブルが発生し、予定されていた2回の公演がいずれも約1時間遅れでスタートしたことを伝えた。

同トラブルは、一般販売されていたスタンド席前方の座席位置へ、ステージが設置されたため、約2,800人が急遽用意された代替席へ移動するという、前代未聞の事態に。報道によると、イベントスタートの1時間前になり、事態を把握した主催側が4階と5階に代替席を準備したが、観客らの怒りはおさまらず、通報により警察が現場へ駆けつけたという。

また、足が不自由な70代の女性ファンは「イ・ビョンホンを見たくて会場へ足を運んだが、(足が不自由なため)4階まで移動することができず、帰宅せざるを得なかった」と無念さを露わにした。

主催側は「チケットの販売会社と、イベントの運営会社の連携がうまくいかず、問題が発生してしまった」と説明。またステージへ登場したイ・ビョンホンは「トラブルにより、開演が遅れてしまって申し訳ない」と謝罪し「準備してきたものを200%お見せするので、どうか理解してほしい」とファンへ語った。


【6月2日11時0分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000005-wow-ent
 
   
Posted at 12:58/ この記事のURL
富士重工、10年夏発売のスバル インプレッサ「XV」「WRX STI 4ドア」を先行公開 / 2010年06月02日(水)
 富士重工業は2010年夏に日本市場で発売予定のスバル「インプレッサXV(エックスブイ)」「インプレッサWRX STI 4ドア」の事前告知を、10年5月28日15時からスバルオフィシャルウェブサイトで開始する。

【詳細画像または表】

 インプレッサXVは5ドアモデルがベースで、「スバルが提案する新しいクロスオーバー “Active Sports Gear”」をコンセプト。専用デザインのフロントグリルやホイールアーチ、専用装備のルーフレールやルーフスポイラーなどを採用、内外装でクロスオーバーテイストを強調したモデル。10年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開した。

 欧州仕様のエンジンは、2L水平対向ガソリンと2L水平対向ターボディーゼルの2タイプ。ボディーサイズは全長4430×全幅1770×全高1520mm(ディーゼルモデルは全高1515mm)、ホイールベースは2620mmだ。

 またインプレッサWRX STIには、ロードスポーツとしての性能をさらに追求するため、4ドアモデルを追加設定する。シャシー性能の進化を中心に運動性能をさらに高め、「意のままに操る愉しさ」というドライバーズカーとしての本質に磨きをかけた。

 スバルオフィシャルウェブサイトに5月28日15時から専用サイトを開設し、インプレッサXVとWRX STIに関する、開発者によるコンセプトトークを配信する。さらにインプレッサ WRX STIについては、スポーツカーのテストコースとして著名なドイツのニュルブルクリンク旧コースで行った先行開発車のテストドライブの模様を伝えるコンテンツを、6月9日から配信する予定だ。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【5月28日2時37分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 12:56/ この記事のURL
韓国、哨戒艦事件受けて国防政策見直しへ / 2010年06月02日(水)
 韓国の李明博政権は、同国が北朝鮮の潜水艦による攻撃と断定した哨戒艦沈没事件を受けて、長期的な国防政策について見直しを進めている。米韓の政府当局者が31日明らかにした。

 両国の軍指導部は哨戒艦事件をきっかけに新たに対潜水艦作戦計画の概要を取りまとめたが、李政権は長期的観点から、米軍から韓国軍への戦時作戦統制権の移譲のほか、米政府の北東アジア戦略へも影響を及ぼすような韓国軍の軍備見直しを米政府に要望していくものとみられている。

 2012年に予定されている戦時作戦統制権の移譲については、韓国の軍事専門家らはすでに李大統領に対し、時期尚早として時期を遅らせるよう要請している。また韓国政府当局者の間では、核保有国の北朝鮮による侵攻を抑止するため攻撃的戦略兵器の配備を求める動きも出ている。

 現在、韓国は米韓軍事協定に基づき、射程距離300キロ以上の精密誘導ミサイルの配備は認められておらず、同国の軍事専門家からは「韓国は独自で北朝鮮に脅威を与えられる兵器を必要としており、同盟国と話し合う必要がある」との声が挙がっている。

 李大統領は、過去10年間の革新政権の下で韓国の軍備は弱体化してきたと主張、軍備見直しを掲げて2008年に就任したが、当初は前政権の軍備縮小計画を踏襲していた。しかし、米韓の当局者によれば、哨戒艦沈没で韓国の考え方は揺らいでおり、北朝鮮が在来型兵器による攻撃を仕掛けてきた場合、北朝鮮が核保有国であることから、韓国側はを恐れて報復できないのではないかとの懸念が生まれている。

 こうした不安があるため、李政権は北朝鮮に対する新たな制裁措置を講じることに二の足を踏んでいるようにも見える。

 多くの韓国の軍事専門家は、北朝鮮の核技術の向上によって、韓国が戦闘爆撃機や対弾道迎撃ミサイルなどを大幅に軍備を増強する必要性が高まっているとみている。

【6月1日10時15分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000003-wsj-int
 
   
Posted at 12:55/ この記事のURL
医療・介護などで市場13兆円、雇用113万人を創出―産業構造ビジョン / 2010年06月02日(水)
 経済産業相の諮問機関である産業構造審議会の産業競争力部会(部会長=伊藤元重・東大大学院経済学研究科教授)は6月1日、国内産業の強化を目指した「産業構造ビジョン2010」を取りまとめた。この中では、「医療・介護・健康・子育てサービス」で20年までに12.9兆円の市場と113.4万人の雇用を新たに生み出す目標を掲げた。経産省は6月中の決定を目指す政府の「新成長戦略」に盛り込む方針だ。

 ビジョンでは、日本の産業構造の転換を明記。自動車などに依存した従来の「単極構造」から、多極的な産業構造へと変革する方針を示した。今後成長をけん引する戦略分野として「医療・介護・健康・子育てサービス」や「先端分野」など5つを掲げ、これらの分野の強化を図るとしている。

 戦略5分野で20年までに、149兆円の市場と257.9万人の雇用を新たに創出する目標を掲げた。このうち「医療・介護・健康・子育てサービス」(医療・介護は公的保険外サービスのみ)では、20年時点の市場規模を約30.5兆円、就業者数を約325.2万人としており、07年と比べて市場12.9兆円、雇用113.4万人を新たにつくり出したい考えだ。

 医療・介護分野の目指す方向性としては、保険外の「医療・介護・高齢者支援サービスの創出」を中心に据えた。人材の面では、訪問介護員や看護師などの潜在有資格者の活用を盛り込んだほか、医療・介護分野でのIT(情報技術)活用を促進する方針を掲げた。このほか、医療ツーリズムなど「医療サービスの国際化」や、医薬品や医療機器、介護ロボット分野で世界市場獲得を目指す方針なども盛り込んでいる。


【6月1日22時54分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000015-cbn-soci
 
   
Posted at 12:53/ この記事のURL
iPad発売に憂う日本市場の「シェア」と「今後」―中メディア / 2010年06月02日(水)
 米アップル社が販売するタブレット型コンピュータ「iPad(アイパッド)」がこのほど、日本に初上陸した。中国では、発売前日から列を成して待つユーザーらの様子をレポートしたほか、日本での今後の普及の可能性について探っている。IT商業新聞網などが伝えた。

 中国の報道では、28日(金)の販売開始を待ちきれず、26日(水)から東京・銀座の直営店「アップルストア」前で並ぶ消費者らの様子をはじめ、「日本にもたくさん電子製品はあるけど、これほど魅力的な製品は少ない」といった消費者のコメントが伝えられ、iPadに対する日本人の“食いつきのよさ”を報道した。また、日本のビジネス誌などが組む「iPad特集」の増加現象などにも触れ、「アップル製品はすでに、日本でブランド化した」と表現、iPadに沸く日本市場の“ブランド信仰”の強さを強調し、「日本人は米国製品がお好き」などと伝えた。
 
 一方、日本でのiPadへの関心の高まりに比して、日本の電化製品業界における「ヒット作の不在」の現況にも触れている。報道では、製品開発で重視されることが日本と世界とでは違うと指摘し、「日本では『薄・軽・小』などのハード面や、分厚い使用説明書がついて来る多機能ぶりが重視される。しかし、iPadは、マルチ・タッチなどの「直感」操作や、アプリケーションのダウンロードなどによる利便性の向上に重きを置いている」と違いを説明。iPadが今後、日本で普及するかどうかは未知数だとして、販売台数の展望が見渡せない状況を示した。

 米Apple社は31日、iPadの販売台数が、米国での4月3日の発売開始以来、60日を経ずに200万台を超えたと発表したが、日本での予約状況や、販売台数など、明らかにしていない情報は多い。iPadは今後、世界市場と異なる嗜好(しこう)を持つとされる日本で、好調な売れ行きをキープし、普及に至るのか。中国市場も大いに注目している。(編集担当:金田知子)

【6月1日18時52分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000079-scn-sci
 
   
Posted at 12:51/ この記事のURL
プローブの活用は「社会の大義」 / 2010年06月02日(水)
ITSジャパンの渡邉浩之会長は記者団との懇談でプローブ官民装活用への期待について語った。「以前おこなわれたプローブの実証実験のデータを見たが、その効果には驚いた。青山あたりの30分のトリップで到着予想時間と実際の到着時間との差が1分も変わらない。私も技術屋なので、この効果がいかにすごいかは理解できる」(渡邉氏)

[写真10点]

「民間側にとってはマイカープローブをひとつにするというのは大きな決断。またさらに国のデータをも一緒にすると言うのも大きな決断。具体化するまでに2年かかったが、官民の協力ですごいことが出来あがった」。

プローブデータは収集した企業独自のデータであるだけに、一元化に難色を示されたことも合っただろう。渡邉会長によると、“学”(大学・研究機関)の存在が、関係業者の理解を合意を後押ししたという。渡邉氏は「学が技術的な全体の構想し、公平に責任と分担を割りふって協調と競争の領域を定めた」と説明。

これまでのVICSにしろETCにしろ、日本のITS行政はインフラ整備先行型だった。しかし今回のプローブ構想は官民協業型へのシフトという大きな転機となりうる。インフラ整備業者からの反発も予想されるが、渡邉会長は「(プローブ活用は)国土交通省が推している事業。それぞれの分野のそれぞれの考え方があるだろうが、プローブの利活用は社会の大義だ。日本の交通システムがこれ(プローブ)によって大きく変わる」と理解を得られるとの考えを示した。

《レスポンス 北島友和》

【6月2日12時35分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000007-rps-sci
 
   
Posted at 12:49/ この記事のURL
iPadを買ったら何をしますか? / 2010年06月02日(水)
 ついに国内でも販売がスタートした「iPad」。「バッテリーが長持ちするから外出先で使える」「他人とコミュニケーションするのにいい」「iPhoneを大きくしただけじゃないか」といった具合に賛否両論が入り乱れています。

【拡大画像や他の画像】

 購入前のもので何をするかについて考えても、実際に買ってからは想像外の使い方をすることが多くありませんか。わたしも購入前の段階では、用途を厳密には考えないことにしています。ただiPadについては、取材を受けたときに「(iPadで)何をするか?」と質問を受けたので、つい考えてしまいました。

 現段階で思い浮かぶ、iPadを買ってやりたいことは次の通り。

・Toodledoの時間管理表を使い回す(iPhone)
・プレゼンテーション(ノートPC)
・電子書籍を読んでみる(紙の書籍)
・日誌をつける(ロディア、iPhone)
・企画段階でのログをとる(ロディア、ノートPC)
・取材時の資料(iPhone)
・Google MAPを使う(iPhone)

※カッコの中は、現在これらのツールで作業をしているという意味

 きりがなくなりそうなので、この辺でやめておきます。なお、リストアップしたこれらの大半は、実はこれまでもiPad以外の何かでやっていたこと。例えば、Toodledoの時間管理表を使うのはiPhoneでやっていましたし、プレゼンテーションはMacBookで、メモはロディアでやっていたわけです。このうちの一部作業は、確実にiPadへ移行できる、もしくは移行したいと考えています。

 というのも、ノートPCより軽く、iPhoneよりも高速で大きなデバイスを使いたいからです。道に迷いやすいわたしとしては地図などは、iPhoneよりもiPadを使いたいと強く思います。もちろんメモなどのアナログなデータも、できれば紙よりもデジタルデバイスに保存したいのであります。

 このほかのiPad利用法として、出先で原稿の執筆をするかどうかという質問もありました。文筆業をしているわたしですから、真っ先にあがる質問と言えるでしょう。今のところ、そのつもりはありません。理由は、iPadが使いにくそうだからではなく、わたしは家でものを書きたいからです。

 しかし、分かりません。例えば出先でiPadでものを書くことはなくても、家の中でiPadで原稿を書くことはあり得ます。そういうことを繰り返すうちに、出先でもiPadで原稿を書くようになるかもしれませんから。このように、「iPadだから新しくこれを始める」ということは、たぶん購入後に分かるのであります。【佐々木正悟】

【5月28日16時36分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000049-zdn_b-sci
 
   
Posted at 12:48/ この記事のURL
プローブの活用は「社会の大義」 / 2010年06月02日(水)
ITSジャパンの渡邉浩之会長は記者団との懇談でプローブ官民装活用への期待について語った。「以前おこなわれたプローブの実証実験のデータを見たが、その効果には驚いた。青山あたりの30分のトリップで到着予想時間と実際の到着時間との差が1分も変わらない。私も技術屋なので、この効果がいかにすごいかは理解できる」(渡邉氏)

[写真10点]

「民間側にとってはマイカープローブをひとつにするというのは大きな決断。またさらに国のデータをも一緒にすると言うのも大きな決断。具体化するまでに2年かかったが、官民の協力ですごいことが出来あがった」。

プローブデータは収集した企業独自のデータであるだけに、一元化に難色を示されたことも合っただろう。渡邉会長によると、“学”(大学・研究機関)の存在が、関係業者の理解を合意を後押ししたという。渡邉氏は「学が技術的な全体の構想し、公平に責任と分担を割りふって協調と競争の領域を定めた」と説明。

これまでのVICSにしろETCにしろ、日本のITS行政はインフラ整備先行型だった。しかし今回のプローブ構想は官民協業型へのシフトという大きな転機となりうる。インフラ整備業者からの反発も予想されるが、渡邉会長は「(プローブ活用は)国土交通省が推している事業。それぞれの分野のそれぞれの考え方があるだろうが、プローブの利活用は社会の大義だ。日本の交通システムがこれ(プローブ)によって大きく変わる」と理解を得られるとの考えを示した。

《レスポンス 北島友和》

【6月2日12時35分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000007-rps-sci
 
   
Posted at 12:46/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!